やさしい仮想通貨の始め方を解説

2020年は2017年の再来?ビットコインが今年最もパフォーマンスの高い資産になるかもしれない

2020年は再びビットコインの年に?!

2017年、ビットコインは多くのアーリーアダプターを驚異的なスピードで億万長者にしました。

ビットコインの価格は、コロナウイルスの暴落に続いて数週間揺れ動き、現時点では年始から約5%上昇した価格になっています。昨年の2019年は、その年につけた最高値から約50%下落して乱高下しました。

史上最大の量的緩和プログラムを目前にしている今、ビットコインの価格は、2020年にはマーケットの中で他のほとんどの資産を上回る可能性があります

UBSのチーフエコノミスト、ポール・ドノバンは「エコノミストは3つのレベルの不確実性に対処している」と述べています。

ウィルスに関する不確実性。政策対応に関する不確実性。ウィルスと政策に対する経済反応に関する不確実性。それら3つの要素のどれかが変わると、経済環境も変わります。

ドノバンは、最新の消費者心理調査は 「未読のまま捨てられるべきである 」と付け加えました。

このような不確実性の中で、ビットコインには非常に期待されている半減期イベントが迫っていることに変わりはありません。

来月には、ビットコインネットワークを維持している採掘者たちに与えられるビットコインの枚数が3回目の半減となり、1ブロックあたり12.5ビットコインから6.25ビットコインに減少します。

ビットコインの半減は、2100万ビットコインの最大供給量がネットワークによって生成されるまで、およそ4年に一度のペースで継続される予定です。

「ビットコインは、去年から10年の間で最もパフォーマンスの高い資産でした。この時点でシステムに注入されているすべてのお金と、半減期のことを考えると、ビットコインが驚異的な成長を続けない理由は見当たらない」と、ファイナンシャル・アドバイザリー企業Quantum Economicsの創設者であるマティ・グリーンスパンは述べています。

主要なビットコイン投資家を対象にした調査によると、今年の初めにほとんどの投資家が明るい反応を示しており、2020年にはビットコイン価格が1BTCあたり2万ドル以上に高騰すると予想しています。

マン島を拠点とするビットコインおよび暗号通貨取引所CoinCornerの最高経営責任者であるダニー・スコットは、「現在の予期せぬ世界的な危機と、今後9ヶ月間のビットコインのパイプラインにおける数々の注目すべき出来事により、業界全体では、もう一つの強気の動きがあるのではないかとの憶測が広がっています」と述べています。

アメリカの刺激策によるバラマキがすでに暗号資産に流れている

中央銀行や政府はマネープリンターを復活させています。

ドナルド・トランプ米大統領は、中小企業と医療制度に4840億ドルの援助を提供する第4次コロナウイルス救済パッケージに署名しました。

ウォール街の株式は、トランプ氏が最新の景気刺激策パッケージに署名した後に上昇しました。

ロンドンを拠点とするビットコインおよび暗号通貨取引所Lunoの最高経営責任者であるマーカス・スワネポエルは、次のように述べています。

株式は10年間の強気相場の終わりを迎え、債券は圧力を受けており、多くの主要な商品の価格が崩壊しているのを目の当たりにしています。

過去5年間、ビットコインは他の主要な資産クラスのほとんどを上回るパフォーマンスを見せてきたので、この傾向は今後も続く可能性が高いです。

米国最大のビットコイン取引所の一つであるCoinbaseの最高経営責任者ブライアン・アームストロングによると、数百万人のアメリカ人が約1200ドルの小切手を受け取っており、そのうちの一部はビットコインになっているとのことです。

https://twitter.com/brian_armstrong/status/1250907110730170370

数百万人のアメリカ人が1200ドルの小切手を受け取った後にCoinbaseへの1200ドルの入金と買いが一気に増加しています。

世界最大の暗号通貨取引所であるBinanceUSは、先月、1日のユーザー数が82%増加したと報告しています

ユーザーの新たな流入は、アメリカ人がビットコインや暗号通貨を手に入れるために、よりコスト効率の高い方法を探していることを意味しているのかもしれません。

過去12ヶ月間で、ビットコインの価格はビットコイン1個あたり5,500ドルから8,500ドルまで上昇しており、テック企業の暗号化とデジタル金融サービスの計画が中央銀行をデジタル通貨に向かわせていることから、約40%上昇しています。

コロナウイルスが大流行した結果、ビットコインはいわゆる安全資産としての地位を確固たるものにする可能性があるとの見方もあり、投資家は不確実性が高い時にはゴールドと並んでビットコインを買うことになるかもしれません。

「量的緩和によりインフレ率が上昇した場合、ビットコインが世界的な不安定性に対するヘッジとして使用されることが増え、ビットコインのパフォーマンスに大きなプラスの影響を与える可能性があります」と、暗号資産企業のコンソーシアム最高経営責任者ギャビン・スミス氏は述べています。

原文URL: https://www.forbes.com/sites/billybambrough/2020/04/24/is-2020-the-new-2017-bitcoin-could-be-this-years-best-performing-asset/#43b588ca610c

今なら50XRPもらえる。SBI VCトレード(VC TRADE)が優秀と話題に。(ゼロはじPR)

SBI_VCトレード(VC_TRADE)のココがスゴい!
  • 今なら50XRP(1,024円相当※1)が無料口座開設でもらえる!
  • 超大手企業「SBIグループ」の傘下にある取引所なので安心。
  • SBIの「北尾社長」はRipple社の取締役。仮想通貨にとっても精通!
  • 「取引手数料」「入金手数料」が無料。コストがかからない!
  • 洗練されたスマホアプリが使いやすく、初心者の取引デビューに最適!
株やFXなどを扱うあの「SBI証券」を手がけるSBIグループが、遂に仮想通貨事業を開始!

SBIグループが運営する仮想通貨取引所「SBI VCトレード(VC TRADE)」では、3つの超厳選された通貨を取り扱い中。

もともとSBIグループは金融業を展開しており、セキュリティノウハウは抜群。その安心度が人気を呼び、今ますます注目が集まっています!

さらにキャンペーン中の今新規登録を行うと、無料口座開設で「50XRPプレゼント」を受けることができます!

無料口座開設をするだけで、通貨(お金)である「リップル(XRP)」をもらえる、とってもお得なキャンペーンです!

>>>SBI VCトレードの公式サイトはこちら<<<


SBI VCトレードの公式サイトはこちら


※1 2020/07/10 14:13 現在のGMOコインにおけるXRPの価格に基づく。

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら