やさしい仮想通貨の始め方を解説

XRPに価格回復の兆し?とあるチャートパターンと動きが類似している模様

XRPの動きがアダムとイブと呼ばれるチャートパターンに類似

暗号通貨データ​​プロバイダーのMessariは、最近の投稿で、XRPは2020年の第1四半期で最もパフォーマンスの悪い暗号通貨の1つであり、ビットコインやイーサリアムなどのプレーヤーはロングショットでパフォーマンスが低いと述べています。

しかし、アナリストは、XRPがビットコインに対して差し迫った回復の兆しを見せ始めていることを観察しています(XRP/BTCチャート)

人気な暗号通貨トレーダーであるBig Chedsによると、BTCに対するXRPのパフォーマンスの1週間のチャートは、教科書にもあるパターン「アダムとイブ」の底をなぞっている最中です。

上記のトレーダーは、XRPがまもなく市場リーダーに反発する可能性があることを示唆しているだけではありません。

3月31日に、CNNで特集された著名な暗号通貨トレーダーであるルークマーティンが 最近下のグラフを投稿しました。

これは、XRPが今後数週間でビットコインに対して強く評価される期待ができることを示しています。

チャートに添付された彼のコメントは曖昧でしたが、彼のチャートはBTCに対して長期的な範囲でサポートのより低いレベルからXRPが強く跳ね返ることを示し、強気な物語に良い前兆となりました。

言うまでもありませんが、ビットコインの優位性指標は最近再テストされ、2年間の上昇トレンドを通過することができませんでした。

アルトコインは市場リーダーに対してより高い反発の余地があることを示唆しています。

ファンダメンタルズの観点では他の意見も

テクニカル要素の兆候はアルトコイン市場、特にリップルのXRPで差し迫った強さを示していますが、ファンダメンタルズは別の話をしています。

NewsBTCからの以前のレポートによると、「Crypto In This Crisis:Pantera Blockchain Letter、March 2020」で、ブロックチェーンを中心とするファンドのPantera CapitalのDan MoreheadとJoey Krugは、ビットコインは「おそらくしばらく他のトークンよりも優れている」と説明しました。

それは、定着していて、資金自体に依存しない暗号プロジェクトの1つであるということです。

「これはすでに構築されたプロジェクトであり、機能し、11年の実績があります。多くの新しいブロックチェーンプロジェクトとスマートコントラクトプロジェクトはまだ開発中であり、開発を完了するための資金調達を迫られる可能性があります。」

彼らはさらに、

「人々が業界の「宝物」である最も安全な資産であるメガキャップにお金を投入したいところには、「通常、品質への飛行」または安全への飛行がある」

と説明しました。

暗号資産の場合、ビットコインは、イーサリアムやXRPを含む他のものよりもはるかに流動性が高いため、米財務省長期証券のようなものです。

特に、モアヘッドは、リアルビジョンのラウルパルとのその後のインタビューで、この傾向は一時的であり、ビットコインとアルトコインの間の通常のダイナミクスは、 危機が過ぎ去ったと述べています。

原文URL: https://www.newsbtc.com/2020/04/12/ripples-xrp-is-forming-a-textbook-bottom-pattern-will-it-play-out/

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら