やさしい仮想通貨の始め方を解説

億万長者の慈善家ビル・ゲイツがコロナウイルス終息までの考えを共有

ビル・ゲイツがポッドキャストでコロナウィルスについて発言

本日リリースされたSquawk Boxポッドキャストでは、ホストのBecky Quickが、Microsoftの共同創設者であるビル・ゲイツと、指数関数的なコロナウイルスの曲線が平坦化し始めると話しています。

致命的なパンデミックを何年も研究してきたゲイツ氏は、エボラ出血熱の発生中の2015年に警告しました。

「今後数十年で何かが1000万人以上を殺すとすれば、それは戦争というよりは感染力の高いウイルスである可能性が最も高いです。ミサイルではなく微生物です。飛行機に乗ったり、市場に行ったりする感染性の人々が十分に元気なウイルスを持っている可能性があります。」

現在、Covid-19コロナウイルスを「私たちすべてが話し合っている悪夢」と呼んでおり、財団で病気との闘いに1億ドルを割り当てているビル・ゲイツは、人生が正常に戻ることができる瞬間、または新しい正常な瞬間を獲得しようとしています。

また、彼は以下の用にコメントしています。

「私たちがこのことを非常によく追跡しているということを人々に言うことができるまで、実際にあなたの仕事、自動車工場、建設現場に行きます。それらが十分に安全でと言えるようになるまで。

私たちがそこに到達するまでは、絶対にそうではありませんが、政府が杖を振ることができると誰もが思うべきではありません。

そして突然の経済のすべてはこれが起こる前のようなものです…

かなりの流行病を抱えているすべての国は、「絶対的な警戒レベルを超えたとき、ワクチンを接種する前に、どのような活動に取り組むべきか」を考えなければなりません。

私たちその対策として製造、建設を行うことができます。うまくいけば、関与する若者のために私たちは教育をすることができます。

しかし、私たちはこの中間期の開放期間を迎える予定であり、全世界への素晴らしいワクチンを手に入れるまで、それは正常ではありません。」

ゲイツ氏の今後の見通し

トランプ大統領は国を遅らせるより早く復活させることを望んでいると述べていますが、ゲイツの生産性への立ち直りのタイムラインは、広範囲にわたるテストとロックダウンへの準拠という点で国が行動をまとめることに焦点をあてており、経済的な再起動は5月/ 6月初旬ごろだとしています。

ゲイツ氏は、景気後退は病気そのものよりもはるかに大きな被害をもたらすと広く信じられているが、行動は変化したと述べています。

レストラン、ホテル、航空会社が明日本格的に復活したとしても、人々がそれに関わりたいと思っているわけではありません。

人々が聞きたいのは活動が安全だということです。

そして、ゲイツが生産するのに18か月かかる可能性があるとしている全世界の人口のためのワクチンがなければ、正常に戻ることは難しいでしょう。

「治療薬は、病気になったばかりの人々の治療を助けるために、回復した患者の血液を使用して、製造された抗体のようなものをはるかに早く実現する可能性があります。

十分にそれらがあり、私が言うには、4か月から6か月の時間でこれらの介入が行われる可能性は非常に高いです。しかし、それがどれだけ死亡率とこれらの過負荷を削減するかはまだ少し不確かです。それは、大規模なワクチンの入手可能性よりも速くなります。」

ゲイツ氏は、伝染性の高いコロナウイルスと1〜1.2%の死亡率に対処するワクチンの18か月の予測を打ち破る道はあると信じているが、非現実的な期待を生み出さないよう警告しています。

無症候性の人々とウイルスの拡散における彼らの役割に関して、ゲイツ氏は優れたデータを持つことの重要性を強調しています。

「症候性にならない無症候性の人がたくさんいることはほとんどありませんが、それでも人々に感染しています…数は、開くときの跳ね返りに深く影響するため、その数を知る必要があります。

そして、それが巨大な数ではないことを示唆するいくつかのデータがあります。しかし、それを固定することは非常に重要です。」

ゲイツ氏は余震は深刻になると語った。

「供給が戻った後でも需要が減少する業界全体があります。設備投資である車、家、それらすべて、一般的な動物の精神が、これが始まる前の状態に近いとは思えません。しかし、それを市場にとっての意味にマッピングしていません。」

秋に学校に戻る生徒と、スタジアム、飛行機、ホテルに戻る人々のタイムラインに関しては、ゲイツ氏は、それは継続的な分析であると言います。

重要なのは、どの活動が重要であるか、そうでないものかを決定することです。

「開放がどのように見えるか、これは米国にとって最も早い時期に、私が言うには5月の終わりです。

しかし、どの活動が社会的価値をもたらし、どの程度のリバウンドのリスクをもたらすかについての議論は、誰もが参加する必要があることです。私はそれについての考えを来週から書き始めています。

公共のスポーツイベントなど、大きなリスクになることはないと思います。リスクと比較した場合の経済的利益は、通常の状態に戻るまではうまくいきません。」

「私は、製造、建設、学校、そこで役立つプロトコルを採用していると思います。本当に、その期間に、私たちが望むよりも長くなるであろう、その線をどのように描きますか?

最終的には、政府はすべての専門家の意見を取り入れて、進行中の問題に対応するための新しい体制を作成する必要があります。この体制は、迅速なターンアラウンドと優先順位付けされたテストの効果に非常に敏感です。」

本日抜粋した発言はこのポッドキャストで全体を聴くことができます。

原文URL: https://dailyhodl.com/2020/04/09/billionaire-philanthropist-bill-gates-shares-his-expectations-for-getting-back-to-normal-in-the-age-of-coronavirus/?utm_source=rss&utm_medium=rss&utm_campaign=billionaire-philanthropist-bill-gates-shares-his-expectations-for-getting-back-to-normal-in-the-age-of-coronavirus

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら