やさしい仮想通貨の始め方を解説

バンクオブアメリカがリップルとSwiftとのパートナーシップを強化

バンクオブアメリカがリップルとの関係について発言

バンクオブアメリカのグローバルバンキングの責任者は、リップルとの関係に新たな光を当てています。

最新のTreasury Insightsポッドキャストで、バンクオブアメリカのJulie Harrisは、バンクオブアメリカとRippleのパートナーシップを確認しています。

その詳細は、何年にもわたって謎に包まれてきました。

Harris氏は、今後10年間で銀行業界で何が起こるかについて話し合うとき、バンクオブアメリカの最初の目標は、クライアントがいつでもどこでも物事を成し遂げることができるようにすることだと述べています。

2つ目は、新しいソリューションを統合し、フィンテックの世界の急速な変化に対応できるようにすることです。

Harris氏は以下のように発言しています。

「クライアントの経験、そしてハイタッチとハイテクのその組み合わせは、私たちにとって大きな重点領域で本当に重要です。

私たちは24時間体制の社会であるため、能力だけでなく、実際の経験といつでもどこでも物事を成し遂げる能力が重要なのです。

そして2番目の目標は、統合する能力です。そして、デリックはこれに多く触れました。

私たちのプラットフォームや機能についてではありません。

私たちが構築したプラットフォームや機能、RippleやSwiftなどとのパートナーシップに関係なく、クライアントとしてのあなたと、あなたが持っているインフラストラクチャ、および私たちが統合する能力についてです。

これらは私たちが提携しているフィンテックです。彼らは私たちの法とコンプライアンスの厳格さのすべてを通過してきました。

そして私たちはあなたにそれを提供するためのプラットフォームとして私たちの銀行を活用することができます。」

試験的な取り組み

過去、BofAの役員は、同社がリップルと継続的なパートナーシップを結んでいるかどうかを認めるのをためらっていました。

2016年に、2つの会社は一緒にパイロットに取り組みました。

プロジェクトに関連するBofAの求人がLinkedInに投稿され、同社は、GTS (グローバルトランザクションサービス)クライアントに販売される国境を越えた支払いのための分散型台帳技術ベースのソリューションであるリップルプロジェクトの製品管理チームを率いるために、財務製品マネージャーを雇うことを考えていたと述べています。

パイロットの結果、またはリップルを利用したかどうかの詳細は発表されていません。

バンクオブアメリカはまた、昨年Swiftのパイロットに参加し、企業が単一のソースから支払いを追跡する方法を提供するように設計された新しいサービスをテストしました。

パイロットは成功と見なされ、JPモーガン、GE、スタンダードチャータードを含む合計22社が参加しました。

原文URL: https://dailyhodl.com/2020/04/08/bank-of-america-executive-touts-partnerships-with-ripple-and-swift/?utm_source=rss&utm_medium=rss&utm_campaign=bank-of-america-executive-touts-partnerships-with-ripple-and-swift

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら