やさしい仮想通貨の始め方を解説

米国は暗号通貨に関するFATF勧告にほぼ準拠している模様

FATFの推奨事項

金融行動特別調査委員会(FATF)は、米国での推奨事項へのコンプライアンスのレベルに関するレポートを発行しました。

結局のところ、国は暗号関連の推奨事項に正確に従っていません。

この記事では、一般的なFATFの推奨事項と暗号に対処する推奨事項を説明するとともに、米国がそれらをどの程度順守しているか、およびそれをどのように作成するかについて説明します。

FATF勧告は、マネーロンダリング、テロ資金、および大量破壊兵器の拡散の資金調達などに対抗するための適用措置のリストです。

勧告は180か国で採用されており、AML/CFTの国際標準を設定しています。

しかし、勧告は法的拘束力もありません。

国はそれらを採用することを奨励されますが、無視の最大の直接的な結果はFATFメンバーリストからの除名であり、これは38のメンバー管轄区にのみ適用されます。

もう一つ重要なのが除名と共に「非協力的な国または地域」のリストを取得することができることです。

これにより特定の管轄区域が不審であると認識できることになります。

所与の管轄区域の勧告へのコンプライアンスのレベルを評価するための定義された方法論もあります。

FATFは、技術的コンプライアンスと一般的な有効性の観点から国のパフォーマンスを評価します。

有効性評価は、国の法律と手続きが期待される結果を達成するためにどれだけうまく機能しているかを表します。

これらの期待される結果は、「効果的なAML / CFTシステム」の主な目標を表す合計11の「即時の結果」に要約されます。

直接的な結果としては、テロリストが資金を得ていない、金融犯罪者が捕らえられ起訴されている、当局が世界中の犯罪と闘うのに役立つ情報を交換している、などがあります。

11の結果のそれぞれについて、国はその有効性のレベルについて、低(LE)、中(ME)、実質(SE)、または高(HE)の4つのマークのいずれかを取得します。

技術的コンプライアンスは、実施された法律と手順、およびそれらが勧告を反映する程度に関係しています。

技術コンプライアンス評価は、各推奨事項ごとに個別に与えられ、4つのレベルがあります。準拠(C)、ほぼ準拠(LC)、部分的に準拠(PC)、および非準拠(NC)です。

評価のおかげで、各国の当局は改善が必要な領域を確認でき、FATFは完全なコンプライアンスを達成する方法に関する追加の推奨事項を提示できます。

国別のレーティングの完全なリストは、ウォッチドッグのWebサイトにあります。

新しいテクノロジーに関する補足事項

暗号通貨に関して最も興味深いのは、仮想資産の潜在的な誤用に対処するために2019年6月に修正された勧告15です。

「仮想資産の犯罪的およびテロによる誤用の脅威は深刻かつ緊急であり、FATFはすべての国が仮想資産活動およびサービスプロバイダーのコンテキストでFATF勧告を実施するために迅速な行動を取ることを期待しています」

と金融ウォッチドッグは報道で述べました。

簡単に言えば、勧告15では、仮想資産サービスプロバイダー(VASP)に必須のライセンスまたは登録を導入し、その活動を監視し、AML / CFT違反に対する処罰を行うことを国に義務付けています。

また、それぞれの地方自治体が外国の相手と情報を共有する必要があります。

取引所などのサービスプロバイダー自体は、トランザクションレコードを収集し、当局がオンデマンドで利用できるようにする必要があります。

欠陥はあれど米国はおおよそ準拠している

FATFによる最新の報告によると、米国は勧告15に完全に準拠するために取り組むべき軽微な欠陥を持っています。

特に、FATFは、マネーサービスビジネス(MSB)は$ 3,000を超える取引に対して顧客の適正評価を行う必要があるが、$ 1,000であるべきであると指摘しました。

「MSBの不定期取引のCDDしきい値は3,000米ドル(FATF標準では1,000米ドルが必要)であり、この高いしきい値は低いML/TFリスクでは明確にサポートされていません」

とレポートに記されています。

このレポートで指摘されているもう1つの欠陥は、米国の法律には、米国に組み込まれているVASPが明示的に含まれていないが、「米国の個人または米国のネクサスに関連する活動」は行われていないことです。

これは、抜け穴や問題になる前に議員が検討すべきことです。

FATFはまた、米国は「高リスクVASP」を明確に特定せずに暗号通貨プロバイダーを調査しているが、それらを1つずつ処理しようとしているため、AML/CFTの観点からは効果がないと指摘しました。

「現在のアプローチが十分にリスク重視であるかどうかは完全には明らかではありません。特に、2014年以降、登録されたCVCプロバイダーの30%しか調査されていないためです。」

コンプライアンスの他の側面が明らかに適切であることを考えると、FATFは米国は「大部分が準拠している」と結論付けました。

これらの小さなねじれを除いて、ほとんどそこにあります。FATFによって指摘された欠陥の性質を考慮すると、米国当局はかなり協力的であるように見えます。

国境を越えようとする新しいタイプの資産のフレームワークを構築する場合、国際レベルでの協力は間違いなく素晴らしいことです。

ただし、国際的に採用されている監視を多用する規制へのアプローチが暗号通貨の大量採用に役立つかどうかは、議論の余地があります。

原文URL: https://forklog.media/u-s-is-almost-compliant-with-fatf-recommendations-on-crypto/

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら