やさしい仮想通貨の始め方を解説

ビットコイン相場は底を打ち、4月以降は上昇?オンチェーン指標がBTCの強気相場を示す

ビットコインは底を打ったか?

最近、世界中のすべての金融市場の感情が変化したと言っても過言ではありません。

もちろん、ビットコインはこの傾向の例外ではありません。

オンチェーン指標は、市場が次にどこに向かっているかを示す可能性があります。

ブロックチェーンのデータおよびインテリジェンスプロバイダーであるGlassnodeは、ビットコインのチャートといくつかのオンチェーン指標を掘り下げ、先月初めの大きな価格下落以降のセンチメントに何が起こっているかを確認しています。

4週間前の50%のクラッシュ以来、BTCはその半分を回復し、昨日のレイトトレーディング中に$ 7,000に戻りました。

それが次にどの方向に向かっているかは、現時点での暗号通貨圏での大きな問題です。特に、40日後には半減期がきます。

調査会社は、ほとんどのオンチェーン指標が歴史的に市場の底を知らせてきたゾーンから跳ね返ったことを示唆しました。

これは、2019年11月から2020年1月上旬までの最も最近の市場の底を示す最初のグラフに描かれています。

ビットコインは現在この領域に戻っており、これは累積フェーズを示す可能性があります。

2番目のグラフは、利益におけるUTXO(未使用のトランザクション出力)のパーセントを示しています。

これも3月の初めに70%の底に達したようで、今は上向きに戻っています。

利益の供給のパーセントは、ビットコインの価格が過去2週間で回復したため、UTXOチャートと反発しています。

強気に転じるその他の指標

チャートNo.4は、ビットコインの1日あたりの発行額をUSDで表した365日間の移動平均で割って算出されるプエルマルチプルを示しています。

それは価格レベルを大幅に下回り、ビットコインが過大評価され、過小評価されたレベルに戻ったことを示しています。

これは、感情の変化とブル派の復活を意味する可能性があります。

MVRV比は、他に1を分割することによって実現値と市場価値を比較する方法としてMurad MahmudovとDavid Puellによって作成されました。

このグラフは、比率がゼロを下回って「グリーンゾーン」に落ち込んだことを示しています。

これは、前の落ち込みが底値であり、価格が回復していることを示しています。

最終的なチャートのリザーブリスクメトリックは、特定の時点における資産の価格と比較した、長期ビットコイン保有者間の信頼の視覚化を提供します。

BTCの価格が暴落し、現在は上昇局面にあるときに、それも購入ゾーンに跳ね返りました。

ビットコインの市場センチメントを決定するために使用できる多くのオンチェーン指標があり、これら6つは少なくともすべてが底を打ったことを示しており、価格は再びゆっくりと上昇しています。

原文URL: https://beincrypto.com/how-on-chain-metrics-indicate-bitcoin-has-already-bottomed/

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら