やさしい仮想通貨の始め方を解説

回復を見せたBTCだが$ 7,000のラインで反発、今後のBTCはどうなる?

$7,000を一度は超えたBTC

ほんの2時間前、ビットコインは土曜日の午前と午後のほとんどで$6,700で取引された後、資産を4%上昇させる垂直方向の動きで$7,020もの高値で回復し始めました。

しかし、暗号通貨が回復したのと同じくらい速く、それは拒否され、数分後に始まったところまで戻ってしまいました。

BTCが日足チャートでより高い高値を確立できることを望むブルズの損失です。

Microsoftの有名な暗号通貨トレーダーで、AI/CloudスペシャリスのトJoe McCannは、最近の爆発的な動きは、BitMEXの負の資金調達率によって引き起こされるショートスクイーズに関連している可能性が最も高いと述べています。

「資金調達率は引き続きマイナス面を維持していますが、価格は下がりません。これを続けるならば、壮大なスクイーズが来るでしょう。」

それ以来、急増した利益は元に戻りましたが、ビットコインとその他の暗号化市場について、アナリストは次に何を考えているのでしょうか?

アナリストは強気な予想

驚いたことに、主要な7,000ドルのテクニカルレジスタンスラインに対する強い拒絶にもかかわらず、アナリストは主要な暗号通貨の短期から中期の見通しについて強気です。

4月3日に公開されたブルームバーグのレポートによると、ビットコインは最近、主要なラインを上回り、DVANの買いと売りの圧力ゲージが「正の相違と買いのシグナル」を出力できるようになりました。

このインディケータが最後に買いシグナルを出力したのは年の初めであり、そのときはビットコインのラリーに先立って、50日以内に$7,000から$10,500になりました。

さらに、著名な暗号トレーダーTraderSmokeyは最近、ビットコインが12時間の雲雲を上回ったことを指摘しました。

誰もが納得しているわけではない

しかし残念ながら、誰もがBTCの回復を確信しているわけではありません。

有名なトレーダーは、エリオット波動分析の観点から見ると、それでもやや弱気に思われると述べました。

「ここでBTCを数える方法は他にもたくさんあります。wxy、大きな三角形、大きなフラットのいずれかですが、はっきりとはわかりません。1つのことは、3つの波の動きと5つの波の動機がないことです。 このため、ボトムと呼ぶにはまだ時期尚早だと思います。」

彼の考えは他のエリオットウェーブに焦点を当てたアナリストによって裏付けられました。

彼はビットコインの最近のラリーのボリュームの低下は「修正的」に見え、時間の経過とともに元の低下がどんどん高まっていることを示唆しています。

原文URL: https://www.newsbtc.com/2020/04/04/whats-next-for-bitcoin-after-brutal-rejection-key-7000-price-point/

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら