やさしい仮想通貨の始め方を解説

BinanceのCEOが既存の金融システムは壊れていると発言、暗号通貨が本格的に採用されると推測

現在の状況を解決するのはBTC?

Binanceの最高経営責任者Changpeng“CZ” Zhaoは、現在の金融システムが壊れており、最終的にはBitcoinが解決策になると述べています。

CZはブログの投稿で、CEOが短期的な結果を追求するよう訓練されている企業文化を分析しています。

危機を乗り切るための強力なバランスシートを構築するための現金を節約する代わりに、経営陣は利益の大部分を株式の買い戻しに充てることで報酬を得ます。

しかしZhaoは、CEOが直接責任を負うものではないと考えており、数百万ドル相当のボーナスで株主価値を最大化するシステムにスポットライトを当てています。

そのため、コロナウイルスのような危機が発生すると、多くの企業はそれを乗り切るための資金がなく、生き残るのに苦労します。

CZによると、経済危機を乗り切るためのはるかに簡単な計画は、政府がお金を印刷して救済することを待つことだと言います。

「お金を印刷することで、納税者は間接的に略奪(貧乏化)されますが、文句はあまり言いません。少なくとも、リーマンのように銀行が破綻した場合ほどではなく、誰が責任を負うべきか、どのCEO /規制/政治家が破綻したかなどを正確に知っています。この方法でお金を印刷するとき、貧しい小売業者を除いて誰もが幸せです。しかし彼らは何も知りませんので大丈夫です。」

政府の政策こそが暗号通貨の好機

長い目で見れば、CZが暗号通貨に対して強気である理由は、大規模な金銭の印刷と政府による救済です。

「暗号通貨では違います。少なくともお金を印刷することによる政府救済はありません。これはサイクルを壊します。」

しかしCZは、現在のシステムが壊れていることに気付いたとしても、投資家はすぐにビットコインに群がることはないと主張しています。

「市場は非効率的です。変更の伝播速度は遅いため、実際には多くの機会があります。連邦機関は彼らがより多くのお金を印刷していると発表したが、あなたはもうそれを手に入れましたか?銀行はもう手に入れましたか?新しいローンを申請しましたか?あなたはローンで新しい車を買いましたか?おそらくそうではないはずです。そして人々はビットコインをさらに購入しましたか?それも違いますよね。」

CZは、人々がパニックに陥り、トイレットペーパーに目を向けていると言います。

一方、大規模な変更は、氷河のペースで進行する可能性が高くなります。

CZは最終的に、投資家が現金を貯めるのをやめることを期待しています。

ビットコインが安全な資産であるかどうかについての議論については、彼は微妙だと考えており、ダウ・ジョーンズ指数がクラッシュしたときにビットコインが上がるとは誰も期待できない、またはダウが急増するとビットコインが急落するとは言っていません。

より確実なのは、金融システムの状態です。

CZはこうも発言しています。

「基本的に、現在の(または通常レガシーと呼ばれる)システムが壊れていると思います。そして、ビットコインはこれを修正します。プレイヤーを憎むべきではなく、ゲームを憎むべきです。」
原文URL: https://dailyhodl.com/2020/03/22/binance-ceo-legacy-financial-system-is-broken-but-bitcoin-btc-and-crypto-facing-long-road-to-adoption/

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら