やさしい仮想通貨の始め方を解説

BTC長期保有者が先週の木曜日のクラッシュでパニック売りしたことが判明

一部の長期ビットコインホルダーがパニックに

ビットコインチェーン上の指標によると、先週の木曜日の市場崩壊中に、長期保有者の一部がビットコインの一部をパニック売りしたようです。

暗号通貨メディアは、先週の木曜日の大規模な下落の間、長期保有者が安定していると報告しており、売ったのは短期的なホルダーだけだったという印象があるようです。

しかし、データを見るとこれが明らかに嘘であることを示しています。

先週の木曜日は、暗号通貨セクター全体の歴史的な下落でした。

ほとんどのコインは1日で約50%下落し、ビットコインの下落は40%を超えました。

恐怖は市場を記録的なレベルで支配し、市場が永久に汚されるという懸念を引き起こしました。

これまで、長期のビットコイン保有者が大規模な下落を通じて握力が強いものであったことは心強いストーリーでした。

残念ながらこのストーリーは間違っているようです。

Rekt Capital(@rektcapital)が収集した情報によると、長期保有者はパニック中に保有の一部を売却しました。

投げ売りは下のチャートに示されています。

さらに、マイナーも記録的なレベルで撤退し始めています。

より高価なものはビットコイン経済から完全に脱落しており、これが過去数日間でハッシュレートも大幅に低下した理由です。

ただし、これはBitcoinのネットワークのセキュリティが低下していることを意味するものではありません。

他のマイナーは、高いマイニングコストのために市場を離れざるを得ない人々から単にパイを奪います。

入ってくる新鮮なお金

それらのパニック売り手の多くが間違っており、感情に屈したことは明らかです。

現在、ビットコインは、過去数日間の激しい取引の後、執筆時点で6,000ドルを超えています。

多くは、これが回復の始まりであり、さらに良いことに、米国の株式市場から切り離される可能性があるとも言えます。

しかし、それを伝えるにはまだ早すぎます。

ステーブルコインは最近も新しい通貨の造成を強化しており、テザーは過去2日間で約1億8,000万ドルのUSDTを発行しています。

ここBeInCryptoでは、最後の2つのバッチ$ 60M USDTについて報告しましたが、執筆時点では、Tether Treasuryがさらに$ 60M USDTを鋳造しました。

そのため、一部の長期保有者はビットコインを売却したかもしれませんが、それは彼らの損失です。

彼らはそれを後悔し、すぐに再び買い戻すことを余儀なくされるかもしれません。

原文URL: https://beincrypto.com/long-term-holders-panic-sold-some-bitcoin-during-last-thursdays-crash/

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら