やさしい仮想通貨の始め方を解説

ビットコインのFear And Greed Indexは、価格回復に時間がかかることを示唆している

強気軌道から転落したBTC

世界的な株式市場、主要な経済部門、および世界経済は、迫り来る経済不況の強いうわさの中で打撃を受けていますが、暗号通貨市場、特にビットコインは独自の苦闘を強いられています。

2020年の開幕から数週間は、暗号通貨が5月の報酬の半減に備えて強気の動きを見せたため、ビットコインにとっては良い状況続きでした。

一般的に、半分は常に強気のイベントでした。

しかし、コロナウイルス流行の結果として否定的な感情が続き、ビットコイン高騰への道が妨げられ、楽観的な最高値である$10,500から$5,000の安値に転がり落ちてしまいました。

あるテクニカルアナリストは、価格が回復するまでには時間がかかると述べ、何が起こっているのか説明しました。

市場ショックと投資家の精神状況

まず第一に、ビットコインで起こったような突然の価格クラッシュは、未知のものへの恐怖のせいで比較的不確実な環境を作り出すことになります。

これはある種の心的外傷後ストレス障害(PTSD)として考えることができます。

PTSDは現在、市場を圧迫し続けており、買い圧力を高め、価格を押し上げるバイヤーや新規投資家を怖がらせています。

それは今だけ起こっていることではなく、ビットコインの価格が短期間で上下し続ける理由の説明にもなります。

基本的に、市場はどの方向に進むべきかまだ不確実です。

Fear and Greed Index(恐怖と貪欲の比率を示す指標)を見ると、現在の市場は極度の恐怖地域にあり、人々がビットコインから遠ざかっていることを示しています。

さらに、アナリストは、ビットコインの価格変動は実際に人々自身によって促進されていると主張しました。

肯定的な感情があるときはいつでも、FOMOは買い圧力の増加により多くの資金が流入するため、価格の急上昇を引き継ぎます。

しかし、現在の市場の雰囲気は肯定的な感情が減少してしまっています。

ただし、一部のアナリストはこれはすぐに終わるはずの単なる通過雲であると主張しており、その場合ビットコインの価格は回復して強気の軌道をたどるようです。

原文URL: https://zycrypto.com/bitcoins-fear-and-greed-index-suggests-btc-price-might-take-a-while-to-recover/

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら