やさしい仮想通貨の始め方を解説

トレード界のレジェンド、ジョン・ボリンジャーがビットコインと安全な避難先資産についての考えを述べる

ボリンジャーバンドの発明者がBTCについてコメント

数え切れないほどの評論家がビットコイン(BTC)を価値のある資産と見なすことができるかどうかを議論し続けていますが、ボリンジャーバンド(BB)インジケーターの発明者であるジョンボリンジャーは最近、それは最終的に人々の認識に依存すると意見を述べました。

ボリンジャーは、特定の資産の「安全な避難場所」を決定する確実な方法はないと考えています。

特定の資産が世界的な経済の不確実性に対するヘッジであるほど十分なユーザーがいる場合、それはおそらく一つとして機能します。

つまり、「ビットコインが安全な避難先である」と信じる集団が大きくなれば、ビットコインは実際にそのような避難先の資産として機能するということです。

ビットコインは支持者の信用を失い始めている

過去数日間に発生したビットコインの16パーセントの値下がりは、ビットコインが人気のある安全な避難先であるという説に疑いの余地を残しました。

値下がりを示すロウソク足から、暗号通貨の基軸として広く信じられているビットコインを信じる人が少なくなっていることを示しているようにも見えます。

昨日、ボリンジャーは、ビットコインが経済的混乱を乗り切ることを期待しているとツイートしました。

驚いたことに、コインベースのCEOであるブライアン・アームストロングは、ビットコイン投資家がこの環境を実際に感謝することになると信じていました。

非常に不確実な見通し

世界的な経済的混乱に直面してビットコインが値上がりしなかったことが、投資家の認識に劇的な変化をもたらすかどうかを判断するのは時期尚早です。

エコノミストのアレックス・クルーガーは、資産の現在の見通しは「非常に不確実」なままだと言います。

今日、BTC否定派であり金(ゴールド)の投資家であるピーター・シフは、BTCが価値のある資産保持手段として機能できていないため、「BTCは終わった」と述べました。

一方、BlockTowerCapitalのアリポールは、ビットコインをマイナス金利の世界の安全な避難所として償却するのは時期尚早だと考えています。

「原文URL: https://u.today/trading-legend-john-bollinger-explains-whether-bitcoin-btc-is-safe-haven-asset

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら