やさしい仮想通貨の始め方を解説

多数の専門家がBTCと現在の不況について考察を発表、BTCは資金の避難先として機能するのか?

資金の避難先として期待されるBTC

世界的な疫病、原油価格戦争、および失速する株式市場、この状況は本来はビットコインの輝かしい瞬間であるべきです。

ここで、ビットコインが安全な避難先である理由を説明します。

手短にいうと

  • ビットコインは安全な避難先として生まれましたが、今週はレガシー市場に合わせて崩壊しました。
    アナリストはそれが予想されるべきだったと言い、安全な避難先は危機の間にではなく、危機の後に機能することになります。
  • ビットコインは実際に非常にうまく機能すると考えられ、物事が少し落ち着くと強気な動きになる可能性がある。
  • ビットコインは12年前に世界的な最後の金融パニックの真っ只中に生まれ、中央銀行の陰謀からの安全な避難所として位置づけられた。
  • 実際、その発明者であるナカモトサトシは、英国政府が銀行を再び救済する準備ができているという新聞の見出しをジェネシスブロックに掲載しています。

ですので、今はビットコインにとってかなり良い試練の期間のように思えます。

過去数日間のイベントが何らかの指標である場合、まったく良くありません。

ビットコインやイーサリアムなどの暗号通貨は、世界の株式市場に合わせて急落しています。

業界では24時間で260億ドルの損失が発生し、ほぼすべての暗号通貨で2桁の損失が発生しました。

暗号市場のメルトダウンは、レガシーファイナンスの世界のあらゆるものと同じくらいひどいものです(サウジアラビアのロシアとの石油削減同盟の崩壊後、今日27%急落している石油ほど悪くはないですが)。

ナカモトサトシサトシのブロックチェーンのビジョン全体は単なる蜃気楼ではないはずです。

必ずしもではありませんが、今日Decryptと話をした多くのエコノミストや業界オブザーバーが言っています。

表面的には、主要なブロックチェーンは、レガシー金融市場と同じようにあらゆる面で荒らされているように見えます。

しかし、楽観的な理由があるかもしれません。

メルトダウンはさらに悪化している可能性があり、金融​​市場が安定し始めるにつれて、資金は確実により合法的なブロックチェーンに戻り始めます。

市場は調子が悪い

ほとんどのアナリストは、「安全な避難先」は、投資家が暴風雨の後に逃げることができるものであると考えています。

動きの速い災害が落ち着くと、投資家はすぐに彼らのショートポジションをカバーしようとします。

これにより、投資家の大小が再帰的に清算されるため、すべての市場でほぼ自然発生的なホールが発生します。

「極度のストレス市場では混乱が起こり、モデルが壊れ、トレーダーは本能のままに動くようになります」

と投資会社Sino Global CapitalのCEO、Matthew GrahamはDecryptに語りました。

しかし、彼は、1987年の株式市場の暴落の際に広まった「危機では、すべての相関関係が1つになる」という表現は解釈の余地があると強調しました。

さまざまな種類のアセットが必ずしもロックステップで移動するとは限りません。と言っています。

(画像:Reddit)

主要銘柄のブラックマンデーでの損失を示す画像で、BTCは右上隅の緑色の点です。

奇妙なやり方で、暗号資産市場の成熟、機関投資家による段階的な受け入れは、従来の市場と同じ力に対して脆弱になりました。

ブルームバーグのビジネス編集者であるジョー・ヴィーゼンタールは本日、

「「機関投資家」が一旦それを所有するようになると、それが現金を集めるために売れることになるので、相関関係のない振る舞いを期待することはできません。価値が急速に失われている異種資産が共通の苦しめられた所有者を共有するようになったため、しばらくの間相関関係が避けられなくなります」

と述べました。

市場のヒステリーは売りに関与する可能性がある

現状について少し考え過ぎているという人もいます。

デジタルエコノミストのPaolo Tasca氏によると、仮想通貨の売りはパニック売りであり、単純明快です。

Main Streetの個人投資家と比べて、機関投資家がどれだけ多くの投資をしなければならないのか、誰も本当に知りません。

ユニバーシティカレッジロンドンセンターオブブロックチェーンテクノロジーズの創設者兼エグゼクティブディレクターであるTascaは、英国では、他の場所と同様に、戦争に備えているかのようにスーパーマーケットに人が集まっていることを指摘しました。

配給が導入され、抗菌剤が闇市場で価格の10倍で販売されています。

「人々は何をすべきかわからず、パニックに陥り、市場から流動性を引き出します」と彼は言いました。

「ビットコインは反周期的であるため、安全な避難所のように動作するはずです。しかし、この短い期間のヒステリーでは、多くのボラティリティが見られる可能性があります。ボラティリティ指数は非常に高いでしょう。」

とも彼は言っています。

Tascaはまた、多くの場合、暗号通貨会社の財産は従来の金融市場と同じ世界に直接関係していると指摘しました。

たとえば、Rippleの暗号通貨XRPは、国境を越えた取引で使用され、法定通貨に直接リンクされています。

通常、ピアツーピアの貸付市場に焦点を当てるDeFiアプリケーションは、安定したコインに支えられており、通常、米ドルの下落などの不換通貨に固定されています。

当然のことながら、暗号分析サイトQuantum Economicsの創設者であるMati Greenspan氏によると、現在DeFiスマート契約で使用されている資金も急速に減少しています。

専門家たちの様々な意見

物事が良くなる前に悪化することは事実上確実で、コロナウイルスの広がりや今後については不明です。

同様に、スペイン風邪のように、2番目のはるかに致命的な季節に戻るかどうかはわかりません。

それと他の多くの理由で、短期間のTascaと他の人は、暗号通貨に手を出すことは家賃で賭けるのと同じくらい無謀に見えるかもしれないと言います。

「ヘッジファンドは、金融市場よりもボラティリティが高い暗号市場へのエクスポージャーを減らしたいと思うかもしれません。この期間では、仮想通貨市場の製品よりも金融市場を好む可能性があります。」

とタスカは言いました。

英国のビジネスリーダーおよび起業家のための最高の組織である理事会のチーフエコノミストであるTej Parikh氏はこれに同意しました。

「コロナウイルスの流行によって引き起こされる世界的な経済衝撃波が離れて揮発性の株式から揺ら投資家を持っている。非常に現実的、かつ不確実な、家計や企業のパンデミックの影響が最も可能性の高い金融は、従来の安全な避難所の資産のために実行が表示されます。金や国債のように、暗号通貨がどのように機能するかについて多少の不安があります」

と彼は語りました。

イギリスのレスター市にあるド・モントフォート大学の経済学教授であるエドワード・カートライトは、暗号通貨が安全な避難先であるとは考えていませんが、代替品と比較してリスクが少ないように見えるかもしれないとDecryptに語りました。

「暗号通貨がコロナウイルスショックと世界経済のほぼ必然的な減速から隔離できる資産と見なされる場合、その価格は上昇するでしょう。しかし、不確実性のある時期に回避可能なリスクと見られている場合、価格は下がるはずです。証拠は、不況により投資家がリスクを取る意思を失うことを示唆しており、同様に、価格が劇的に低下する理由は見当たりません。」

しかし、物事が少し落ち着くと、暗号通貨はまだ安全な避難所になる可能性があると言う人もいます。

ビットコインがテクノロジー株と金のハイブリッドのように振る舞う資産と定義される移行期に入るかもしれません。

VanEck/MVISのCEO兼デジタル資産ストラテジストであるGabor Gurbacs氏は、このように述べています。

「これは、特にビットコインが金の安全な取引よりもハイテク株で動く大規模な市場の売り込みの日に、私が真実だと思う洞察に満ちた観察です。」

グラハム氏は今週、主要なデジタル通貨が実際に驚くほど順調に推移したことを指摘しました。

「苦難の時代には、大量のボラティリティが生じるのはごく自然なことです」と彼は、メルトダウンでビットコインとエーテルがどのように機能するかを見て喜んでいると述べました。

「不健全な結果」は、BTCが6,000ドルを下回った場合だったでしょう、と彼は言いました。

グラハム氏は次のように述べています。

「BTCとETHが昨年後半の低水準をまだ上回っていますが、現時点では、金融業界の残りの部分とますます統合されている成熟した資産クラスしかありません。」

Tasca氏でさえ強気の発言をしています。

「一般に、ビットコインはまだ安全な避難先だと思います。反対を信じる理由はないと思います。弱気市場への突入や2020年に市場が暴落する兆候はありません。」

Tasca氏は、エネルギー市場の不安定さがマイニングのコストに影響を与え、潜在的にビジネスの収益性を維持するためにマイニングプール容量の集中度を高める可能性があると述べました。

しかし、先にあるかもしれないいくつかの非常に厳しい時期にもかかわらず、ビットコインの進化が続く兆候があるということです。

イーサリアムの共同設立者であり、ブルックリンに拠点を置くインキュベーター(Decryptの資金源)であるConsenSysのCEOであるジョセフ・ルービンは、今週それを無視する傾向があったと言いました。

「きっとこうなります。何かが投資家に大きく響くと、すべての相関は1または-1になります」とルビンは言いました。

「暗号資産が不況時の避難先」だと投資家に強く認識されれば、コロナショックが長引いた時、ビットコインをはじめとした暗号資産に大きな資金が流れ込んでくる可能性はかなりありそうです。

「原文URL: https://decrypt.co/21885/bitcoin-can-still-be-a-safe-haven-experts-say

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら