やさしい仮想通貨の始め方を解説

フランスの法廷でビットコインはお金と同じように無形資産であると判決!暗号通貨市場にとって大きな朗報に

ビットコインは無形資産であると法的に認められる

ビットコインの認定についての討論が続いています。今回は、ナンテールのフランス商事裁判所からです。

裁判所は、訴訟中にその役割を確立する必要があるため、最大の暗号通貨ビットコインは不換紙幣と同様の「代替可能な無形資産」であると判断しました。

2014年、フランスの取引所プラットフォームであるPaymiumは、1,000ビットコイン(現時点では910万ドル相当)を英国の代替投資会社BitSpreadに貸し出しました。

ただし、最終的にビットコインキャッシュを作成した2017年8月のビットコインフォークの後、スプレッドも1,000 BCHを保有しました。

2つのエンティティは、35万ドル相当のビットコインキャッシュコインに対する法的権利を誰が持っているかを判断できなかったため、紛争を裁判所に持ち込みました。

仲裁廷が評決を除外する前に、ビットコインの法的性質を確立する必要がありました。

現地のレポートが最近示したように、裁判所は最終的に、主要な暗号通貨は代替可能な無形資産であると判断しました。

それは交換可能であるが個別化できない商品として、FIAT通貨と同じカテゴリーにそれを置きました。

この問題について話すのは、Kramer&Levin法律事務所のHuberd de Vauplaneでした。

彼は、この決定が暗号通貨市場全体に非常に良い影響を与える可能性があると話しています。

「ビットコインを金銭または他の金融商品のように扱うことができるため、この範囲の決定は重要です。したがって、貸し出しやレポ取引などの成長中のビットコイン取引を促進し、暗号通貨市場の流動性を促進します。」

興味深いことに、裁判所はビットコインを代替資産とみなしたため、所有者の財産を借り手に譲渡する「消費者ローン」として分類しました。

したがって、ビットコインキャッシュコインは借り手、この場合はBitSpreadに帰属します。

世界中のポジティブなニュース

暗号通貨は今週だけで大きな評価を受けました。

すべては数日前にドイツ連邦金融監督庁(BaFin)がデジタル資産に関するガイドラインを発行したときに始まりました。

国の当局は、それらすべてを金融商品として分類しており、これは法律の観点から重要なステップと見なされています。

他にも、水曜日に、世界で2番目に人口の多い国から他の良いニュースが来ました。

インド最高裁判所は、仮想資産の使用に関する準備銀行からの2018年から続く禁止を解除しました。

その後すぐに、韓国の国民議会は既存の法律を改正し、暗号通貨取引を行い、その国境でも合法的にしました。

「原文URL: https://cryptopotato.com/french-court-rulling-bitcoin-is-fungible-intangible-asset-just-as-money/

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら