やさしい仮想通貨の始め方を解説

韓国が暗号通貨の新しい法律を可決!取引所ハッキングに対抗する適切な規則を設ける

度重なる取引所ハッキングに対抗する法案が韓国で可決

韓国は、韓国で発生した暗号通貨取引所のハッキングの過剰な量を考慮し、韓国の暗号通貨業界に適切な規制を提供する特別金融情報法を可決しました。

新しい法律の最も有益なところは、すべての暗号通貨取引所が動作するために政府から情報セキュリティ管理システム(ISMS)ライセンスを取得する必要があることです。

基本的に、このライセンスは暗号通貨取引所が最高レベルのセキュリティを備えていることを保証し、将来のハッキングを防止するのに役立ちます。

Upbit、Bithumb、Coinone、Korbit、Gopax、Hanbitcoなど、6つの韓国の暗号通貨取引所がすでにライセンスを取得しています。

さらに、すべての暗号通貨取引所は、マネーロンダリングとテロリストの資金調達を防ぐために、Financial Action Task Force(FATF)ガイドラインに従う必要があります。

さらに、運用するために金融サービス委員会(FSC)および韓国のインターネットおよびセキュリティ機関から許可を取得する必要があります。

全体として、この新しい暗号通貨法は非常に厳格ですが、最終的に暗号通貨ユーザーを保護し、将来のハッキングを防ぐのに役立ちます。

暗号業界は禁止されるのではなく、このような法律で合法化され適切に管理されるべきです。

「原文URL: https://cryptoiq.co/steemit-community-hits-back-after-tron-foundations-hostile-takeover-reclaims-seven-out-of-20-witness-slots/

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら