やさしい仮想通貨の始め方を解説

OnChain Custodianが最新の暗号通貨管理サービスをリリース!暗号通貨の管理業界も盛り上がりを見せるか

Onchain Custodianが最新の暗号通貨管理サービスをリリース

2020年3月3日に発行されたThe Blockのレポートによると、シンガポールに本拠を置くデジタル資産管理会社Onchain Custodianは、SAFEと呼ばれるIBMの暗号通貨管理プラットフォームの最適化バージョンをリリースしました。

暗号通貨の保管、管理市場での競争は、暗号通貨マイニングやデジタル通貨業界の他の側面と比較するとまばらです。

会計および監査の大手KPMGが最近述べたように、規制のKYCおよびAML措置を遵守する保管方法を提供できれば、デジタル資産保管ビジネスが業界で繁栄する絶好の機会があります。

その接線で、3月3日にシンガポールに拠点を置くデジタル資産保管会社であるOnChain Custodianは、IBM Cloud Hyper Protect Crypto Servicesの耐タンパー性に統合されたIBMのSAFEデジタル資産保管プラットフォームの最適化バージョンをリリースしました。

これにより、デジタル資産管理者が保有する暗号資産の十分なセキュリティ、運用効率、およびリスク管理が保証されます。

IBM Cloud Hyper Protect Crypto Servicesは、パブリッククラウドで利用可能な業界初で唯一のFIPS 140-2レベル4認定ハードウェアセキュリティモデル(HSM)です。

これは、認証された顧客の指示に応答するOnChain Custodianのみがデジタル資産キーにアクセスできることを意味します。

取締役会長Da Hongfeiはこのようにコメントしています。

「デビュー以来、私たちは厳選されたパートナーとともに顧客ベースとオープンファイナンスサービスを絶えず成長させてきました。強化された保管方法が現在稼働しており、Onchain Custodianはさらに拡張する準備ができています。スケーリングを加速する戦略的投資家を探しています。」

IBM ZのディレクターであるRohit Badlaneyからも同様の意見が寄せられました。

「IBM Cloud™ Hyper Protect Servicesを活用することで、Onchain Custodianは、デジタル資産の保護に値する、非常に回復力があり安全なクラウドベースのソリューションを構築できます。Onchain Custodianなどのカストディアンをサポートすることは、IBM Cloud™ Hyper Protect Servicesの理想的なユースケースです。」

ますます人気が高まっている暗号通貨管理サービス

他のすべての業界と同様に、暗号通貨管理の人口密度が低いですが、長期的な超正常利益を見越して多くの企業がこの業界に参入するにつれて、間違いなく注目を集めるでしょう。

最近のニュースで、2020年1月、BTCManagerは、米国ハワイ州の5人の議員が、商業銀行が暗号通貨の保護を提供できるようにする法案を導入したことを報告しました。

「原文URL: https://btcmanager.com/onchain-custodian-ibm-safe-crypto-custody-platform/?q=/onchain-custodian-ibm-safe-crypto-custody-platform/&q=/onchain-custodian-ibm-safe-crypto-custody-platform/

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら