やさしい仮想通貨の始め方を解説

Rippleがエスクローウォレットからさらに10億XRPのロックを解除!批判が集まっている模様

Rippleのロック解除に集まる批判

Rippleは、エスクローウォレットからさらに10億XRP($230M)のロックを解除しました。

そのため、トレーダーは売却の可能性に備えています。

一般的には月の初めにロックが解除されますが、その慣行はそれが起こるたびに持続的な批判の対象となっています。

問題はまだ残っています。なぜリップルは毎月2億ドル以上の資金を必要とするのでしょうか?

BeInCryptoが10月、12月、1月に報告したように、Rippleは標準手順の一部として毎月10億のXRPを常にロック解除します。

リップルによるこれらの容赦ないロック解除と売却により、市場で資金をオフロードする方法において、リップルとPlusToken詐欺を挑発的に比較する人がいます。

Whale Alert(@whale_alert)が本日早くに、それぞれ500M XRPの2つの個別のロック解除で報告しました。

このニュースに対する反応は圧倒的に否定的でした。

多くの人は、ロック解除が大きな売り上げに拍車をかけることを期待しています。

解除した資金の使い道は不明瞭

それでも、Rippleは、毎月合計2億ドルを超えることが多いこれらの資金が毎月必要な理由を説明できませんでした。

それに応じて、チームは、それがプロトコルであり、しばらくの間は適切なものであると断言しました。

これらの資金がどのように使われるかは完全に明確というわけではありません。

この記事の執筆時点では、XRPは毎日ビットコイン(BTC)に対して0〜72%低下しており、2月27日に見られた0.225ドルの安値から反発し、現在0.235ドルで取引されています。

2週間前、XRPはBitMEXで0.15ドルのフラッシュクラッシュを受け、取引所の多くのトレーダーを怒らせました。

人々を驚かせた赤い芯は取引所で大量の清算を引き起こしましたが、BitMEXは影響を受けた人々に資金を返すことを約束していません。

取引所のCEOは、XRPを「野郎」とさえ呼んでいますが、取引量が多いためリストに載せている状況です。

「原文URL: https://beincrypto.com/ripple-unlocks-another-1-billion-xrp-from-escrow-wallet/

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら