やさしい仮想通貨の始め方を解説

退職に向けた投資に暗号通貨が注目されるように!成功のカギは暗号通貨への理解度か

退職投資としてビットコインが関心を集めている

ビットコインと暗号通貨革命が加速するにつれて、退職に焦点を合わせた投資への関心が高まっています。

金融セキュリティを求める人にとっては長期的な節約は常に良い考えですが、ブロックチェーン資産のユニークな性質は、成功を確実にするためにより大きな注意と理解を必要とします。

このような急速な開発と採用のペースで、暗号通貨を退職投資に適用するには、積極的な管理と研究が必要です。

まずブロックチェーン技術を理解することは必須でしょう。

また、ビットコインは唯一の有望なプラットフォームとは言えないため、暗号通貨全体を調査し、それに応じて投資判断を下すための措置を講じる必要があります。

ビットコインと暗号通貨のスペースが成熟するにつれて、この新しい資産の法的および規制上の状況は、ほぼ確実に変化します。

したがって、暗号通貨の購入、譲渡、保有を取り巻く法律に後れを取らないことは、退職後の貯蓄を成功させるために不可欠です。

適切に設計されたビットコイン投資計画を選ぼう

ほとんどの国では、適切な投資手段を選択することは、税と規制に大きな影響を与える可能性があります。

たとえば、米国では、ほとんどすべての退職貯蓄は、雇用主が後援する401kまたは個人退職口座(IRA)に通常配置されます。

この動きにより、大幅な節税が実現しますが、退職年齢までの引き出しも制限されます。

投資家は、長期的に税制上の優位性を最大化する方法について前向きな判断を下すべきです。

IRAは簡単に設定でき、グレースケールビットコイントラストなどのインデックスファンドを介してビットコインを配置できます。

それにもかかわらず、このタイプの投資には年会費がかかります。また、所有者ではなく資金運用側が秘密鍵を保持します。

多くの企業が特定のビットコインIRAサービスを提供しています。

これらには、BlockmintとBitcoinIRAが含まれます。これらのサービスのいずれかを選択することは、それほどリスクが少ないように見えますが、それでも年会費の点とキーの所有権が無い点が欠点です。

秘密鍵を保持しながらの退職投資は、間違いなく賢明な動きです。

そうすることで、退職プランに与えられる税の見返りを享受するには、より多くの作業が必要ですが、特に複雑ではありません。

1つの動きは、有限責任会社(LLC)を設立することです。

その後、コールドウォレットに保管できるビットコインまたはその他の暗号通貨を購入できます。

通常、これらの手順を実行するには、専門家と協力する必要があります。

一貫性と保守性を保つ

前に説明したように、過去10年間で着実かつ一貫した投資戦略は、ほとんどの暗号投資家にとって最高の結果をもたらしました。

この計画は、暗号通貨の廃止プラクティスの中心に位置する必要があります。

一貫した月次または週次の購入を伴うブロックチェーン資産の多様なポートフォリオは、長期的に著しく利益を上げる可能性があります。

暗号通貨は、間違いなく、グローバルな金融環境の永続的な要素です。

この事実は、リスクがあり適切な計画を必要とするものであるにもかかわらず、それらへの投資を賢明な動きにします。

今すぐ適切な措置を講じることで、印象的で安全なリターンを確保できます。

「原文URL: https://bitcoinist.com/heres-how-you-can-invest-in-bitcoin-retirement-plans/

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら