やさしい仮想通貨の始め方を解説

DecentralandがEthereumで稼働開始!仮想世界で土地などを自由に取引できるサービスが人気に

Decentralandとメタバース

Decentralandは2017年のICOで2,400万ドルを調達した後、初めてブロックチェーンベースの仮想世界を公開し、Ethereumで稼働を開始しました。

ユーザーは2003年にローンチしたオンライン仮想世界Second Lifeを連想させる、ブロックチェーンベースの仮想世界「メタバース」にアクセスできるようになりました。

土地を所有したり、アバター名を主張するには暗号通貨がかかりますが、ゲストは無料で世界を探索できます。

ローンチを促進するために、Decentralandは4日間の宝探しイベントを行っています。

訪問者は、Matic、CryptoKitties、Aragon、Gods Unchained、Chainbreakersなどのプロジェクトが提供する特別なトークンと暗号通貨コレクションを集めることができます。賞金総額は$ 100,000以上です。

プロジェクトの開始は、Decentraland DAOの始まりでもあり、プロジェクトの中央管理を軽減します。

これは、Decentralandのルールを変更したり、LANDのコンテンツをキュレートしたり、パブリックアクセスを制限したりすることができる単一の機関がないことを意味します。代わりに、コミュニティが集合的に決定を下します。

NFTは不可欠

Decentralandは、これまでのところ、非代替トークン(NFT)の最も予想されるアプリケーションの1つです。

DecentralandのLANDトークンはそれぞれ仮想土地の区画を表し、ユーザーはDecentralandのマーケットプレイスで自由に取引できます。

Decentralandは、2018年12月に行われた2回目のオークションでLANDを一般に販売し始めて以来、これらのトークンは一般に流通しています。

それ以来、LANDトークンは現存する最も取引量の多いイーサリアムNFTになりました。

OpenSeaランキングによると、ユーザーは現在、1週間あたり約2000ETH($550,000)のLANDトークンを取引しています。

Decentralandは、NFTがプラットフォームで果たす役割も拡大しました。

ユーザーは、以前のバージョンのマーケットプレイスのように、土地の区画だけでなく、ウェアラブルアイテムとアバター名を取引できるようになりました。

Decentralandの長い歴史

Decentralandは、長年のプロジェクトです。

2016年に初めて考案され、仮想世界の初期のプロトタイプは、今日の洗練された製品とは非常に異なって見えました。

それにもかかわらず、チームの初期の努力は多くの広告効果を生み出し、プロジェクトはわずか数秒で完売し、2017のICOで2400万ドルを調達しました。

しかし、Decentralandには今日まで公開製品がなく、その間に多くの競合他社が登場しました。

CryptoVoxelsは、Minecraftのような機能を削ぎ落とした世界であり、Decentralandの誇大広告の恩恵を最も受けたようです。

現在、取引量では3番目に大きいイーサリアムNFTです。

Decentraland NFTsが今日の発売後も引き続き高い需要を維持するかどうかはまだ不明です。

一部の批評家は市場をバブルと呼んでおり、Second Lifeの色あせた栄光は警告の物語として役立つかもしれません。

それでも、今日の打ち上げは、プロジェクトに対する持続的な需要があるかどうかの指標を与えるはずです。

「原文URL:https://cryptobriefing.com/decentraland-has-finally-gone-live-on-ethereum/

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら