やさしい仮想通貨の始め方を解説

ブロックチェーンゲームプラットフォーム「Enjin」がEthereumで稼働。簡単に暗号通貨をゲームに導入できるように!

ゲームでブロックチェーンを活用

ブロックチェーンゲームプラットフォーム「Enjin」は、現在、Ethereumメインネットで稼働しています。Enjin Platformを使用すると、開発者はブロックチェーンコードを記述することなく、暗号通貨をあらゆる種類のアプリやゲームに使用できます。

ブロックチェーンプロジェクトの会社であるEnjinは、ゲーム開発プラットフォームの立ち上げを発表しました。

プラットフォームのメインネットがEthereumで公開され、誰でも独自のユーティリティトークンを作成できるようになりました。

これによりゲームおよびアプリ開発者は、複雑なブロックチェーンコードを記述することなく、暗号通貨を自社製品に統合できるようになります。

同社のブログ記事によると、Enjin Platformにより、製品開発時にアプリ開発者とゲームエンジニアが分散在庫を活用できるようになります。

このプラットフォームにより、ブロックチェーンベースのゲーム資産と非ゲーム資産の両方をゲームやアプリに簡単に統合できるようになり、経済的なゲームプレイメカニズムの管理プロセスも簡素化されると付け加えました。

EnjinプラットフォームはERC-1155 Ethereumトークン標準をサポートしているため、開発者は代替可能トークンと代替不可能トークンの両方を単一のスマートコントラクトに統合できます。

同社は、Enjin Platformテストネットで2,500以上のプロジェクトが作成され、ERC-1155標準を採用したと述べました。

資産作成の合理化

「シンプルで優れたユーザーエクスペリエンスは、Enjinの大切な製品設計哲学の1つであり、Webパネルは最小限で、わかりやすく、クリーンであることを確認しました」と同社は述べています。

新しいブロックチェーンプロジェクトを作成するプロセスは、たった4つのステップで完了し、コーディングの知識は必要ありません。

Enjin Platform Web Panelではブロックチェーン資産のコードレス作成と管理が可能ですが、開発者はEnjin Platform APIとSDKを実際にゲームやアプリと統合する際に使用する必要があります。

Platform APIはGraphQLベースであり、十分に文書化されていますが、Platform SDKには現在、Unity、Java、NodeJS、およびGodot SDKが含まれています。

同社によれば、EnjinプラットフォームはEnjin Coin(ENJ)を搭載しており、これは鋳造リソースとして機能し、発行されたブロックチェーン資産の価値を支えるために使用されます。

Enjin Platformは比較的新しいプロジェクトですが、同社自体は10年以上前から存在しています。

Enjinの大規模なエコシステムは、Shopifyが小売業者にとって、WordPressがブロガーにとっての物であるように、ゲーマーにとっての物であると言われています。

サムスン、ユニティ、PCゲーマー、その他のeスポーツブランドなどとのパートナーシップにより、Enjinはゲーム業界で強い存在感を示しています。

将来の計画に関しては、同社はQRコードを介してブロックチェーン資産を配布する方法に取り組んでおり、製品は「近い将来に」リリースされると述べました。

「原文URL:https://cryptobriefing.com/enjin-launches-ethereum-crypto-blockchain-games/

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら