やさしい仮想通貨の始め方を解説

BRDウォレットとBlocksetが統合!これによりXRPが強化されることに

BRDウォレットとBlocksetが統合

XRPの採用は、BRDのサポートとBlocksetの統合によってよりよい選択となりました。

リップルの金融業界での取り組みは、XRPの需要増加に再び貢献しました。

最近の発表で、170か国以上に存在する世界で最も急成長している消費者の暗号通貨ウォレットと言われるBRDウォレットは、XRPのサポートを追加しました。

暗号通貨市場の成長に対処するため、BRDの共同設立者であるアーロン・ヴォイジネは、BRDウォレットとデジタル資産市場自体の進歩に注意を払っていました。

彼はこのように発言しています。

「興味深いと思った開発者や早期導入者向けの実験として始まったものが、投機的で不安定な段階を経て、より多くの消費者アプリケーションにつながる安定した価値の保存手段になりました。」

Xpringも需要増加に貢献

企業やプロジェクトへの助成金のインキュベーション、取得、提供を行うリップルの他のイニシアチブであるXpringは、以前2019年10月にBRDに投資していました。

Xpringのプロジェクトの発表によると、開発者がシンプルなAPIを使用して複数のチェーンにまたがるアプリケーションを構築できるようにするためのツールスイートを提供します。

XRPライブラリであるXpringを使用して、統合の複雑さを軽減することができます。

「発売の一環として、BlocksetにはXRPのサポートが含まれています。これにより、より多くの開発者がアプリケーションを構築するときにXRP Ledgerにアクセスできるようになります。」

このプロジェクトは、ブロックチェーンデータの「サービスとしてのバックエンド」として機能することを目指し、データの階層とネイティブブロックチェーンから独自のデータ形式への変換を定義します。

BRDは170か国で300万人を超えるユーザーがおり、そのすべてのユーザーがXRPを使用することができます。

したがって、XRPへのサポートの追加とBlocksetでのXRPの使用は、市場で3番目に大きい暗号通貨であるリップルのための2つの主要な採用加速要因として見ることができます。

「原文URL:https://eng.ambcrypto.com/xrp-adoption-receives-boost-with-integration-of-brd-wallet-blockset/

今なら50XRPもらえる。SBI VCトレード(VC TRADE)が優秀と話題に。(ゼロはじPR)

SBI_VCトレード(VC_TRADE)のココがスゴい!
  • 今なら50XRP(1,024円相当※1)が無料口座開設でもらえる!
  • 超大手企業「SBIグループ」の傘下にある取引所なので安心。
  • SBIの「北尾社長」はRipple社の取締役。仮想通貨にとっても精通!
  • 「取引手数料」「入金手数料」が無料。コストがかからない!
  • 洗練されたスマホアプリが使いやすく、初心者の取引デビューに最適!
株やFXなどを扱うあの「SBI証券」を手がけるSBIグループが、遂に仮想通貨事業を開始!

SBIグループが運営する仮想通貨取引所「SBI VCトレード(VC TRADE)」では、3つの超厳選された通貨を取り扱い中。

もともとSBIグループは金融業を展開しており、セキュリティノウハウは抜群。その安心度が人気を呼び、今ますます注目が集まっています!

さらにキャンペーン中の今新規登録を行うと、無料口座開設で「50XRPプレゼント」を受けることができます!

無料口座開設をするだけで、通貨(お金)である「リップル(XRP)」をもらえる、とってもお得なキャンペーンです!

>>>SBI VCトレードの公式サイトはこちら<<<


SBI VCトレードの公式サイトはこちら


※1 2020/07/10 14:13 現在のGMOコインにおけるXRPの価格に基づく。

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら