やさしい仮想通貨の始め方を解説

BitGo、スイスとドイツでエンタープライズ・グレードのビットコイン管理を開始

BitGoがスイスとドイツに進出

カリフォルニアに本拠を置くデジタル資産金融サービス会社であるBitGoは、スイスとドイツで2つの新しい暗号通貨管理プラットフォームを立ち上げることにより、グローバルな存在感を拡大しています。

2020年2月10日のプレスリリースによると、新しい管理会社はBitGoの顧客に、より適切な管轄区域を提供することを目的としています。

チーム、BitGo GmbHによると、スイスを拠点とする会社は金融サービス標準協会(VQF)のメンバーであり、後者はスイス金融市場監督局(FINMA)の監督下にあります。

一方、ドイツに拠点を置くBitGo Deutschland GmbHは、ドイツで保管サービスを提供しており、2020年11月に申請が開始されると、規制当局の承認を求めます。

クライアント向けの複数のオプション

チームはまた、これらの管理部が、ビジネスに最適な管轄区域に応じて、BitGoクライアントが選択できる選択肢を増やすために立ち上げられたと概説しました。

ヨーロッパでの立ち上げが必要な理由を説明するため、

2019年にヨーロッパでの監護団体に対する高い需要があり、特定の管轄区域で規制されているヨーロッパに拠点を置く企業をクライアントが求めていることは明らかである

とBitGoは述べています。

また、スイスとドイツは、ヨーロッパのデジタル資産と先進的な規制の枠組みにとって重要な国になりました。

「規制順守はお客様の前提条件であり、スイスとドイツの規制当局の理解とサポートに感銘を受けました」

とベルシェは述べました。

BitGoは2013年に設立されましたが、2018年に子会社のBitGo Trust Companyが米国に設立された後、最初の規制されたデジタル資産保管プラットフォームを立ち上げました。

保管プラットフォームは、ゴールドマン・サックス、ギャラクシー・デジタル・ベンチャーズ、デジタル・カレンシー・グループ、クラフト・ベンチャーズなどによって支援されています。

また、BitGoは機関顧客にも対応しており、デジタル資産に対する包括的なセキュリティ、保管、および流動性サービスを提供すると同時に、これらの資産を損失または盗難を1億ドルで保証しています。

それに合わせて、世界中のビットコイン取引の約20%を処理し、250の暗号通貨をサポートしています。

他にもデジタル通貨グループ会社のジェネシスグローバルトレーディング、LGOマーケットなど、暗号化分野の複数の企業とも提携しています。

2019年10月10日、BTCManagerは、BitGoがBitstamp暗号通貨取引所と協力して取引所に保管サービスを提供したことを通知しました。

BTCManagerは、2020年2月6日に、BitGoにより、クライアントがAPI SettleBitを使用して管理アカウントから直接取引できるようになったと報告しました。

「原文URL:https://btcmanager.com/bitgo-launches-enterprise-bitcoin-custody-switzerland-germany/?q=/bitgo-launches-enterprise-bitcoin-custody-switzerland-germany/&

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら