やさしい仮想通貨の始め方を解説

テザーが大規模なバーンを実行!約1億200万USDTが焼却される

大規模なUSDTバーン

テザー社は、これまでで最も大きなUSDTのバーンを完了しました。

102,155,590 USDTが償還された後、焼却されたと伝えられています。

テザー社のUSDT発行は、暗号通貨市場でよく見られます。

BeInCryptoが以前に報告したように、それらは値動きを予測するための約70%の精度でBitcoinの価格にリンクされています。

しかし、テザー社がUSDTをバーンすることを決定した場合、市場にどのような影響を及ぼすでしょうか?

現時点では不明ですが、これがまさに最大のステーブルコインが最近したことです。

今日、ホエールアラート(@whale_alert)がUSDTの大規模なバーンを報告しており、102,155,590 USDTが焼却されたことは、その直後にBitfinexのCTO Paolo Ardoinoによって確認されました。

また、テザーの公式メディアチャンネルでも発表が行われました。

テザー社におけるこのサイズのバーンは比較的まれです。しかし、それは2020年では一般的になりました。

BeInCryptoは、1月20日、テザー社が驚くべき動きをし、USDTで約6460万ドルをバーンしたと報告しました。

現在、これが事業体のリクエストによるものなのか、個々の償還のプールによるものなのかは不明です。

また、テザーの大幅なバーンについて様々な憶測が飛び交い、それによりかなりの米ドルのキャッシュアウトが必要になりました。これまで説明は行われていません。

回復を続ける暗号通貨市場

永久に廃棄されるUSDTの1億200万ドルは、市場を混乱させるほどの大きさです。

ただし、これまでのところでは暗号通貨市場は混乱していません。

現在、ビットコインは4.69%上昇しており、他のほとんどのアルトコインも日々上昇しています。

全体として、トークンのバーンは2020年の予想に反します。

アナリストは、今年、安定したコイン(ステーブルコイン)約60億ドルが市場に投入されると主張しています。

これには、テザー(USDT)だけでなく、USDコイン(USDC)、Paxos Standard(PAX)、ジェミニドル(GUSD)、DAIなども含まれます。

ただし、Tether Treasuryの直近のアクションは、市場に流入する新しい資金に関する楽観的な見方を刺激するものではありません。

投資家は、テザー社の今後の活動に目を光らせ、ステーブルコイン全体の将来について改めて検討すべきでしょう。

これは、将来の大規模なUSDTバーンの始まりにすぎない可能性があります。

「原文URL:https://beincrypto.com/tether-treasury-redeems-and-burns-102m-usdt-market-shrugs-it-off/

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら