やさしい仮想通貨の始め方を解説

Binanceでの全暗号通貨に占めるビットコインの取引割合40%未満に低下!今後の動向は?

全暗号通貨に占めるビットコインの取引割合が低下

ビットコインはこの1か月で評価額の大幅な成長を記録しましたが、ビットコインの取引割合は、1月にBinanceのプラットフォームで40%を下回りました。

主要な暗号通貨取引所であるBinanceは最近1月のレビューを公開し、それによると、ビットコインは年の最初の月に38.17%の取引割合を記録しました。

2019年12月以降の図では、2.31%の減少が記録されています。

Binanceは、ビットコインの取引割合について次のように定義しています。

「ビットコインの取引割合は、Binanceなどの取引所における一定期間のスポットの総量に対する、BTCを基本通貨とする取引からのそれぞれの量の寄与を表しています。」

BTCの取引割合は2019年8月にピークに達し、45%を超えて急上昇しました。しかし、数値は高値の直後に落ち始め、12月には40.48%になっています。

さらに、ビットコインの市場全体における時価総額ドミナンスも、2019年12月の約68%から、プレス時の65.3%に減少しました。

最近のビットコインの傾向

1月は、価格とチェーンアクティビティの点で、ビットコインにとってプラスでした。

1月3日の最低6,974ドルでの取引から、9,000ドルを上回るまで、全体的な上昇傾向を維持しています。

マイナーな弱気スランプの維持にもかかわらず、ビットコインはなんとかこのレベルを突破し、更なる上昇段階にありました。

公開時点では、ビットコインの価格は0.21%下落して9,347ドルでしたが、暗号市場の時価総額は1,700億ドルでした。

さらに、ビットコインは24時間の取引額で30.19億ドルを記録しました。

「原文URL:https://eng.ambcrypto.com/bitcoin-trading-dominance-drops-below-40-on-binances-platform/

今なら50XRPもらえる。SBI VCトレード(VC TRADE)が優秀と話題に。(ゼロはじPR)

SBI_VCトレード(VC_TRADE)のココがスゴい!
  • 今なら50XRP(1,024円相当※1)が無料口座開設でもらえる!
  • 超大手企業「SBIグループ」の傘下にある取引所なので安心。
  • SBIの「北尾社長」はRipple社の取締役。仮想通貨にとっても精通!
  • 「取引手数料」「入金手数料」が無料。コストがかからない!
  • 洗練されたスマホアプリが使いやすく、初心者の取引デビューに最適!
株やFXなどを扱うあの「SBI証券」を手がけるSBIグループが、遂に仮想通貨事業を開始!

SBIグループが運営する仮想通貨取引所「SBI VCトレード(VC TRADE)」では、3つの超厳選された通貨を取り扱い中。

もともとSBIグループは金融業を展開しており、セキュリティノウハウは抜群。その安心度が人気を呼び、今ますます注目が集まっています!

さらにキャンペーン中の今新規登録を行うと、無料口座開設で「50XRPプレゼント」を受けることができます!

無料口座開設をするだけで、通貨(お金)である「リップル(XRP)」をもらえる、とってもお得なキャンペーンです!

>>>SBI VCトレードの公式サイトはこちら<<<


SBI VCトレードの公式サイトはこちら


※1 2020/07/10 14:13 現在のGMOコインにおけるXRPの価格に基づく。

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら