やさしい仮想通貨の始め方を解説

MetaMaskがイーサリアムの取引手数料の解決の為にコンテストを開催

MetaMaskがメタトランザクションコンテストを開催

MetaMaskは、イーサリアムの取引手数料の解決策を模索しており、DAppsがユーザーに代わって手数料をカバーできるようにして、ユーザーの満足度を向上させる方法を模索しています。

MetaMaskは人気なウォレットで、一般化メタトランザクションコンテストを開催しました。

このコンテストは、イーサリアムの取引手数料に対する解決策を見つけることを目的としたものです。

現在、イーサリアムユーザーは、DAppsおよびその他のサービスを介してETHトークンを送信するために料金を支払う必要があります。

これらの料金は、イーサリアムがスパムトランザクションであふれないようにするために必要ですが、実は、エンドユーザーは必ずしも自分で料金を支払う必要はありません。

代わりに、現在模索しているサービスは、メタトランザクションを通じてユーザーに代わってコストを賄うことができ、DApps開発者がトランザクション料金を吸収できるようにするEOSとTRONと同様に、より手頃で魅力的なサービスを提供します。

MetaMaskが望むもの

イーサリアムとその関連プロジェクトは、すでにメタトランザクションのサポートを提供しています。

そのため、MetaMaskのコンテストは、これらの機能を普遍的なアプローチで統合することを目的としています。

コントラクトの任意のメソッドを呼び出すことができる汎用的な方法が必要です。このアプローチを使用してメッセージに署名するユーザー向けの優れた確認画面を表示できます。少なくとも、これらのメッセージを処理するための標準インターフェースが必要です。

エントリーは、メタトランザクションの過去の作業を行ったプロジェクトの開発者によって判断されます。

バーナーウォレットの作成者であるオースティングリフィスが審査の主役を務めています。Bounties NetworkのMark BeylinとMaker DAOの Mariano Conti も審査員を務めています。

MetaMaskはGitcoinを通じてコン​​テストに資金を提供し、賞金として20 ETH($3,500)を設定し、他のユーザーからさらに1,000ドル相当のDAIを追加して、賞金総額を4,500ドルに増やしました。

コンテスト参加者は1月中に12以上のエントリーをコンテストに提出し、MetaMaskは2月2日日曜日までに優勝者を発表します。

手数料問題の解決は実際に効果があるのか

現在、イーサリアムの取引手数料はかなり手頃な価格で、平均して0.08ドルです。

ただし、ETHトークンを所有していないユーザーにとっては、少額の料金でさえも参入障害となります。

メタトランザクションは、新しいユーザーが実行する必要がある手順を減らすことにより、この問題を解決します。つまり、料金を支払うのに十分なETHがあるかどうかを心配する必要はありません。

もちろん、このアプローチの成功は、サービスがユーザーの費用をカバーすることに関心があるかどうかにかかっています。

対照的に、IOTAやEOSなどの他の無料のブロックチェーンは、自主的なルールではなく必須のルールでコストとトラフィックを相殺する傾向があります。

幸いなことに、イーサリアムは、自発的に参加することを選択できる多くのサービスを備えた活発なエコシステムを持っています。

そうすることで、簡単にユーザーを参入させることができるようになります。

「原文URL:https://cryptobriefing.com/metamask-working-solve-ethereum-transaction-fees/

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら