やさしい仮想通貨の始め方を解説

ラテンアメリカで暗号通貨の採用が急増!各国の動きとその理由とは

ラテンアメリカで暗号通貨が重宝される

ラテンアメリカでは、ブロックチェーン技術と暗号通貨の採用が増加しており、Statisticaはこの地域が世界で最も多くの暗号通貨ユーザーを抱えていると報告しています。

実際、ラテンアメリカは公共政策を形成し、詐欺と戦い、盗難を減らし、腐敗を抑える革新的な方法を生み出しています。

ラテンアメリカの大部分は過去数年間、アルゼンチンやブラジルの各国通貨のインフレなどの経済危機を経験してきたため、暗号通貨のリスクとボラティリティはユーザーがデジタル資産に移行することを妨げません。

また、この技術は送金に最適であるため、ラテンアメリカおよびカリブ海諸国は近年、記録的な金額を他の国に送っています。

さらに、ラテンアメリカのいくつかの国での暗号通貨への参入の障壁は、従来の形態の財務管理よりも低くなっています。

ラテンアメリカの現状

この地域の人口の半分は銀行サービスにアクセスできず、成人の55%はインターネットにアクセスできるスマートフォンを所有しています。

ベネズエラが通貨のインフレ状況を人道的緊急事態として宣言することを拒否したため、いくつかの国際機関は、ベネズエラへの援助をすることができませんでした。

これにより、仮想通貨がセンターステージに立つためのスペースが空いているため、ベネズエラ人が寄付、食料、医薬品、その他のリソースのために暗号通貨を受け入れることは容易です。

ただし、適切に規制されていない環境は、悪意のある者のサンドボックスとして機能する可能性があり、ブロックチェーンと暗号化により、この地域での活動が横行しています。

たとえば、ベネズエラは麻薬密売、腐敗、および違法なマイニングによって消費され、それらをグローバルな金融システムからますます隔離しています。

そのため政府と規制当局からの積極的な参加は、ラテンアメリカの暗号通貨業界を拡大し、正常化する可能性があります。

そして、彼らはアクティブです。数ヶ月前、ブラジルの連邦歳出サービスはユーザーに暗号通貨取引の報告を求め始め、約250万件の取引を通じて暗号通貨を使用して送信された30億ドル以上を追跡しました。

コロンビアの司法長官は、透明性を高め、汚職を最小限に抑えるために、ブロックチェーンネットワークを使用すると言われています。

リップルは最近、MoneyGramを通じてラテンアメリカへの送金ネットワークを拡大しており、民間企業も参加しています。

PayPalもMercadoLibreとの商業契約を通じてXoomアプリを宣伝しているようです。

ラテンアメリカは犯罪、麻薬、暴力に悩まされており、暗号通貨はこの地域の市民の半数以上にとって希望の象徴です。

暗号通貨の主流の採用には長い道のりがありますが、当局からの積極的な参加と、新しいユーザーを獲得するためのより良いシステムなしでは完了できません。

この地域でのブロックチェーン技術の急激な成長を考慮すると、ラテンアメリカは現実世界の暗号通貨アプリケーションのグローバルリーダーとして浮上してくる可能性があります。

「原文URL:https://eng.ambcrypto.com/why-cryptocurrency-adoption-is-soaring-in-latin-america/

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら