やさしい仮想通貨の始め方を解説

ベネズエラでDashユーザーが急増、年末までに100万人を超える可能性も!

ベネズエラでDashユーザーが激増

暗号通貨ダッシュのレポートによると、ベネズエラのアクティブユーザーは2019年5月以降562%増加しています。

12月だけで、この数値は29%の驚くべき増加を見せました。

DashのPR担当者であるMark Masonは、爆発的な数はユーザーのインストール数だけではなく、アクティブユーザーの数に基づいていることも明らかにしました。

アクティブユーザーとは、過去30日間に1回以上オンラインになっているユーザーで、現在の成長率だと、アクティブユーザーは年末までに100万人を超えます。

増加の理由はベネズエラ政府への不信感

ベネズエラのユーザー数の増加の主な原動力は、安心して使える取引通貨の必要性にあります。

この国は、現地通貨がほぼ無価値になるほどのハイパーインフレを経験しています。1ガロンの牛乳を買うには、通貨でいっぱいの手押し車が必要なのです。

このような状況で、消費者はより安定した取引のために非政府通貨を求めているため、Dashやビットコインの採用さえ十分にありえるのです。

ベネズエラのニコラス・マデューロ大統領は、危機への対応として、彼自身のデジタル通貨であるペトロ(PTR)をリリースしました。

年金受給者と政府職員にはそれぞれペトロの半分が与えられ、現地の飛行機の燃料販売はペトロで行われなければなりません。

それにもかかわらず、地元住民はペトロが政府の管理下にあるため、それを信頼していません。

代わりに、彼らはデジタル通貨への避難を求めており、それがビットコインの使用が国内で急増した理由なのです。

従来の法定通貨からデジタル通貨への移行の理由は、より根本的な経済的現実を明らかにしています。

政府は通貨の価値を操作することができますが、デジタル通貨はネットワークのコンセンサスによってのみ支配され、多くの人々を引き付けます。

消費者にとって、価値の操作は貯蓄の自身の大幅な損失につながる可能性がありますし、特定の取引の間でさえその不安はつきまといます。

ただし、コンセンサスベースの通貨では、価値は変動する可能性がありますが、外力によって操作することはできません。

「原文URL:https://beincrypto.com/dash-may-have-1-million-users-venezuela-years-end/

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら