やさしい仮想通貨の始め方を解説

リップルが2020年からペイメントネットワークを大規模展開すると発表!

リップルのOn-Demand Liquidity(ODL)が注目の的に

Rippleは、2020年に世界中でXRPベースのクロスボーダー決済サービスを開始すると発言しています。

最新のXRP Markets Reportでは、即時グロス決済会社は、XRPベースの送金ソリューションであるOn-Demand Liquidity(ODL)のために、1年間を通じて次の地域でより多くの送金方法を追加すると述べています。

  • アジア太平洋地域
  • ヨーロッパ
  • 中東
  • アフリカ
  • ラテンアメリカ

現在までにXRPベースの送金ソリューションであるODLは、米国の送金を支えています。

さらにメキシコとフィリピン、goLance、Viamericas、MoneyGram、Interbank Peru、FlashFXを含む20以上の企業にサービスを提供しています。

ODLは、2018年後半に開始されました。

2019年を通じて、ODLのボリュームは550%増加し、前四半期のトランザクション数は300%近くに達しました。

Rippleは、ODLが銀行や企業に資本を解放する新しい方法を提供する可能性であると言います。

銀行や金融機関は、さまざまな国で事前資金銀行口座を維持して現地での迅速な支払いを促進する代わりに、XRPの速度を活用して、3秒で取引を決済し、顧客に最大60%の節約を提供できます。

「原文URL:https://dailyhodl.com/2020/01/25/ripple-says-massive-global-expansion-of-xrp-payments-network-launching-in-2020/

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら