やさしい仮想通貨の始め方を解説

ティム・ドレイパーがミレニアル世代はビットコインに投資すべきと発言

ミレニアル世代にはビットコインが必要

先週のやや激しい値動きの後から、ビットコインが再び注目されています。

アメリカのベンチャーキャピタル投資家であるティム・ドレイパーは、最近ビットコインについて話しており、ミレニアル世代の人達が財政的将来を確保したい場合、ビットコインに投資する必要があると発言しています。

※ミレニアル世代とは、1980年前後から2005年頃にかけて生まれた世代のこと。10代からデジタル環境に慣れしたんでいる世代。

2020年1月22日水曜日、ドレーパーはインタビュー中にリズクラマンと話をしました。

議論は、Elon MuskやSpaceXなどの他のトピックにも触れましたが、世界で最も人気のある投資家の1人からの健全なアドバイスで終わりました。

ミレニアル世代にビットコインが必要な理由

ドレーパーによると、ミレニアル世代は、世界の金融システムの未来を先取りしている歴史のある時点に立っています。

しかし、最大の問題は、ミレニアル世代が前世代のシステムも継承しており、それら全てが現在の世代で機能するわけではないということです。

彼は、今日の経済状況を時代遅れの車両と比較することまで行っており、インタビューの中で、「私たちの銀行システムは枯れた交通システムであり、時代遅れの車である」と述べています。

ドレイパーによると、退職のために貯金で一度に1ペニーずつ法定通貨でお金を貯めることは、ミレニアル世代にとって有効な働きません。

さらに、彼らはすでに前時代からの借金がある世界に生まれつつあるとも言っており、現在の給与では、若者がその借金を返済することはできないということです。

言い換えれば、ドレーパーは、ミレニアル世代が「買い手ではなく借り手になる」のは、彼らがそれを望んでいるからではないと信じているということです。

とはいえビットコインへの投資は安全なのか?

ドレーパーなどの一部の金融専門家は、若者がビットコインに投資すべきだと考えていますが、全員が同意するわけではありません。

実際、2009年にビットコインが最初に発売されて以来、暗号通貨業界全体が絶え間ない懐疑論に悩まされてきました。

そして2018年に、アメリカの経済学者であるNouriel Roubini氏は、「すべての詐欺の母」であると暗号通貨について語りました。

数え切れないほどのオブザーバーが、ビットコインの背後に正当性があるのか​​どうか疑問に思っています。

また、暗号通貨は非常に不安定な動作を示すことが知られていることに注意することも重要です。

実際、暗号通貨は過去6か月だけで平均ボラティリティの読み取り値が63%を示しています。

ドレイパーはミレニアル世代に深い質問をすることでフォックスとのインタビューを終了しました。

「もはや部族のような小さいものではなく、グローバルになります。地理的な境界に縛られることはありません。オープンになるでしょう。」

そうは言っても、ビットコインは現在、世界最大の暗号通貨であり、時価総額は1575億ドルです。

過去24時間では-3.3%下落し、現在$8,344.47で取引されています。

「原文URL:https://cryptopotato.com/tim-draper-millennials-should-invest-in-bitcoin/

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら