やさしい仮想通貨の始め方を解説

Bitpayがリップル(XRP)を追加!これによりAmazonギフトカード等をXRPで購入可能に

BitpayがXRPを対応開始

企業向けビットコイン決済サービスであるBitPayは、サポートされている暗号通貨のリストにXRP(リップル)を追加しました。

XRPの追加のおかげで、BitPayはトークンのまったく新しい流動性の流れを切り開いたといえるでしょう。

XRPは現在、暗号決済サービスでサポートされている暗号通貨のリスト中で、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュなどの時価総額が大きい通貨と並んでいます。

今度はこれらの主要な資産が主要な小売業者の範囲で取引可能になったということです。

BitPayは、Amazon、Microsoft、NewEgg、Burger Kingなどとのパートナーシップを挙げています。

これらすべてのギフトカードの購入でXRPを使えるようになったということです。

当然のことながら、このニュースは大勢のXRPファンには朗報となり、評判も良かったようです。

XRPを追加することの利点について、BitPayの製品ディレクターであるSean Rollandは、トークンのトランザクション速度と拡張性を称賛しました。

Bitpayのお客様は、ブロックチェーン決済テクノロジーを活用しており、XRPを使用することで、高速で費用対効果が高く、拡張可能な支払いオプションを使うことができます。Bitpayがサポートする次のブロックチェーン資産としてXRPを追加すると、支払いスペース全体でブロックチェーンの選択肢が広がります。

XRPサポートの追加は、主要な安定コインPAX、USDC、およびGUSDがBitpayの名簿に追加されたわずか1か月後でした。

さらに、BitPayのCEOであるStephen Pairは、「費用のかかる複雑な国境を越えた電信送金」を無効にすると述べました。

「原文URL:https://www.cryptoglobe.com/latest/2020/01/you-can-now-buy-amazon-giftcards-with-xrp-thanks-to-bitpay/

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら