やさしい仮想通貨の始め方を解説

ビットコインが決済にもっとも使われた暗号通貨と報告される(2gether報告書)

2getherが暗号通貨使用についてのレポートを公開

共同金融プラットフォーム2getherは、最近、世界最大の暗号通貨であるビットコインなどの資産の使用方法の分析を含む、ユーザーの暗号通貨の支出行動に関するレポートを公開しました。

このレポートでは、2019年4月から12月までの2つのユーザーのデータを分析し、19か国から10,000人を超えるユーザーのサンプルセットを収集しました。

前述のレポートによると、調査された暗号通貨ユーザーの31%は36〜45歳で、25%は26〜35歳でした。ユーザーの23%は女性でした。また、ユーザーの16%が弁護士、会計士、または経済学者として働いていました。

驚いたことに、ユーザーの11.2%は学生であり、ユーザーのわずか8%がコンピューター科学者でした。

レポートにはこのように記述もあります。

「最も一般的な職業は、弁護士、会計士、エコノミストで、その後に学生が続き、より高い学力の方が多かった。」

この発見は、教育資格が高い人ほどビットコインやその他の暗号通貨に投資して支出する可能性が高く、おそらく教育と暗号認識の間に相関関係があることを示唆しています。

支払いで最も使用されたのはBTC

レポートはまた、サンプリングされたユーザーが暗号通貨に月額平均112.56ユーロを費やし、支払いで最も使用されたコインがビットコインであり、その次にETHが続いたことを示しました。

報告書は他にも、「支払い額を両方のコインの時価総額で割ると、ETHのほうがBTCよりも支払い比率が多かった」と主張しています。

また、このレポートでは、ユーザーは暗号化の32.71%をレストランやホテルに費やしており、ほとんどの暗号通貨ユーザーにとって最も高い支出に使われていることがわかりました。

一方、家計費と家具は、暗号通貨の支出全体のわずか2.83%にとどまりました。

ユーロに基づいたヨーロッパの消費習慣と比較すると、レポートは、「レストランおよび食品の消費がランキングで4位になり、家用品が最初の支出になる」と述べています。

「原文URL:https://eng.ambcrypto.com/bitcoin-is-the-most-popular-cryptocurrency-for-payments-2gether-report/

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら