やさしい仮想通貨の始め方を解説

2019年のBTCと暗号通貨ファンドへの投資額が6億800万ドルを記録

2019年の投資額は過去5年間よりも大きく

デジタル資産マネージャーのグレースケールによると、ビットコインと暗号通貨市場に対するウォールストリートの関心は急上昇しています。

同社は 2019年が記録上最大の年であり、製品への年間投資額は6億707万ドルに達したと述べています。

この数字は、過去5年間の累積投資額を上回っており、グレースケールの投資商品全体への投資額は現在11.7億ドルです。


ソース:グレースケール

グレースケールは、2019年に投資家ベースが約24%拡大し、新規顧客が1億4690万ドルを占めると述べています。

同社は、主力製品であるグレースケールビットコイントラスト(GBTC)を通じてビットコインの露出を提供しています。

また、Ethereum、XRP、BCH、Litecoin、Stellar、Zcash、Ethereum Classic、Horizenなどのアルトコインに関しても同様です。

グレースケールによると、顧客の36%は複数の商品に資産を割り当て、残りの64%は単一の商品に投資しています。

Charles Schwabの最近のレポートでは、GBTCは、ディズニーとNetflixに先んじて、投資家が保有する5番目に多く保有されている商品であることがわかりました。

「原文URL:https://dailyhodl.com/2020/01/16/investors-pumped-608-million-into-bitcoin-btc-and-cryptocurrency-funds-in-record-year-says-hedge-fund-giant-grayscale/

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら