やさしい仮想通貨の始め方を解説

BSVがBCHを超えた値上がり!”BSV pump”の背後には何があるのか

ビットコイン市場に対する期待

この年は、強気のビットコイン市場を希望する人々から始まりました。

半分は数ヶ月先だと考えて、ビットコインが今年の強気相場をリードするだろうと考える人もいました。

BNBなどの人気のあるアルトコインの一部が、強気の集会を運営するだろうと信じている人もいました。

そんな中、誰も予想していなかったのは、もちろんBSVコミュニティ以外のBSV集会でした。

暗号通貨は過去24時間にわたって上昇を続けており、これは確かに予期せぬ出来事の転換です。

興味深いことに、一部は、暗号通貨市場が緑色に塗られている理由をコインの急増に起因しているとさえ考えています。

CoinMarketCapによると、報道時点では、BSVは時価総額60億ドル以上で368ドルで取引されていました。暗号通貨は過去24時間で59.74%の上昇を記録し、過去7日間で221.35%の大幅な上昇を記録しました。

この集会は、敵対者であるBCHを破って、CMCの4番目の位置を追い越して、ひっくり返ることさえももたらしました。

BSVは、トップ10の暗号通貨の取引からトップ10の暗号通貨の最上部に移動したのです。

サトシナカモト事件

さて、どちらかといえば、クレイグ・ライトはサトシ・ナカモト、ビットコインの生みの親であることを主張するために暗号コミュニティで際立っていたしました。

しかし、この主張は、十分な証拠がないことに基づいて、暗号通貨の分野で注目すべき人々の大多数によって却下されました。

ライトは過去数年にわたって中本のタイトルを放棄していませんでしたが、コミュニティが固執した唯一の希望はデイブ・クライマンの不動産訴訟でした。

何年も続いており、数十億ドルに及ぶケースは、先週の終わりに向けて興味深い転換を見せました。

ライトは、2019年1月10日に裁判所にコンプライアンス通知を提出し、「第三者が暗号化されたファイルのロックを解除するために必要な情報とキースライスを提供した」と述べ、悪名高いコンピューター科学者が「彼のビットコインの保有」のリストを原告に送ったと付け加えました。

これに続いて、デイブ・クライマン側はこのように返信しました。

「クレイグ原告に彼のビットコインの公開アドレスのリストを提供しました。Craigが作成したドキュメントは、16,404個のアドレスのリストです。しかし、クレイグは、限定された宅配業者、彼または彼女が働いていた会社、その本人が来たとき、またはメッセージが配信されたという情報を提供しませんでした。」

余波による上場廃止

さて、暗号通貨の台頭は、クレイグ・ライト、自称サトシ・ナカモトとの関係のスペースの大部分によって不利なだけでなく、上記の主張を行うための交換によっても不利であるため、驚きとして来ました。

ハッシュ戦争の数ヶ月後、このコインは2019年に上場廃止の一部であり、クレイグ・ライトの訴訟の大騒ぎの余波だった(彼がピーター・マコーマックとホドロノートを訴えた時を思い出して)。Kraken、Binance、Shapeshiftなどの主要な暗号通貨取引所に別れを告げなければなりませんでした。

上場廃止の動きは市場で大規模な支持を受けたが、他の取引所にもコインを落とすよう求める人々がおり、今ではこれはあまり賢明な動きではないと主張する人もいます。

その理由は、小規模な取引所で暗号通貨を「ポンピング」するのがはるかに簡単だからです。

TwitterユーザーのJoe007はこのように発言しており、

「このポンプは、BSVがほとんどの主要な取引所から上場廃止になったため、実現できました。流動性の低い第3レートの交換でシットコインをポンピングするのがはるかに簡単です。#UnintendedConsequences(意図しない結果) 」

ユーザーは、Bitfinexによる動きは実際には正しいものであり、交換は暗号通貨を上場廃止しないことを決定しただけでなく、コインのマージン取引プラットフォームを開放したと述べました。さらに、

「BSVを上場廃止せずにマージン市場を提供することで、@bitfinexは価格の発見を容易にし、BSVの投入をより困難で費用のかかるものにしました。群衆に続いて、最善の意図を持っていても、#UnintendedConsequencesを持っています。」

このような発言もあります。

この声明は、ビットフィネックスのパオロ・アルドニオのCTOによって裏付けられました。

レバレッジ市場を上場廃止することは、顧客に損害をもたらし、清算のリスクを大幅に増大させることになります。賢明なリスク管理は、コミュニティを保護する重要な要素です」

コインの記録が大幅に上昇したため、コミュニティの注目は、取引量が最も多い取引所に移っています。

CMCによると、報告された暗号通貨の取引量で上位3位の取引所は、Huobi Global、Bibox、およびOKExです。

一部の人々は、取引量と流動性の顕著な違いにより、流動性が低いと市場操作が可能になると示唆しています。

興味深いことに、HashKeyHubのマーケティングヘッドであるMollyは、OKExが「BSV価格ポンプ」と何か関係があるのか​​と質問し、Craig WrightとnChainチームのCEOの写真を投稿しました。

これに対して、OKExのリサーチアナリストであるCyrus IpはAMBCryptoに次のように語っています。

「OKExは、新しいプロジェクトリーダーとの出会いにおいて非常に透明で開かれています。」と。

Cyrus Ipは、暗号通貨の価格急騰についてもコメントしています、

昨今の市場では4番目に大きな暗号通貨に対する極端な価格変動が見られたにもかかわらず、 強気の感情はBSVではそのままのようです。


出典:OKEx

OKExのBSVロング/ショートレシオは水曜日に0.98に低下しました。

これは、ロングポジションのトレーダーは潜在的な利益が高い可能性があることを示していますが、エッジは見えません。さらに、FOMOの取引がさらに増えることを期待しており、価格がさらに変動する可能性があります。

半減期

ビットコインは、来たる5月にそのブロック報酬が削減される予定ですが、ビットコインキャッシュとビットコインSVはキングコイン(BTC)よりも前に半分になります。

コミュニティの一部は、これが訴訟の最近のねじれとともに、暗号通貨の上昇に貢献した要因の1つである可能性であると考えています。

1月8日、セルテリスパリブスは次のように述べています。

「BCashとSVのマイナーは、過去24時間で合計$300未満の料金を支払っています。半分になった後、新規発行は合計6万ドルから30万ドルに削減されます。マイナー達はすでにこれらのチェーンを損失して「非合理的に」マイニングしています。両方の半分は$BTCの前に発生します」

各コミュニティの反応

BSVコミュニティは、暗号通貨の台頭について歓喜しているように見えましたが、暗号通貨の他の部分からも懐疑的な反応を受け取っています。

今、暗号通貨市場の歴史が何かを教えている場合、上昇するものはほとんど間違いなく低下するということです。ただし、まだ決定されていない要因は、この上昇と下降のプロセスにかかる時間です。

「原文URL:https://eng.ambcrypto.com/bitcoin-sv-flippening-of-bch-whats-behind-the-bsv-pump/

今なら50XRPもらえる。SBI VCトレード(VC TRADE)が優秀と話題に。(ゼロはじPR)

SBI_VCトレード(VC_TRADE)のココがスゴい!
  • 今なら50XRP(1,024円相当※1)が無料口座開設でもらえる!
  • 超大手企業「SBIグループ」の傘下にある取引所なので安心。
  • SBIの「北尾社長」はRipple社の取締役。仮想通貨にとっても精通!
  • 「取引手数料」「入金手数料」が無料。コストがかからない!
  • 洗練されたスマホアプリが使いやすく、初心者の取引デビューに最適!
株やFXなどを扱うあの「SBI証券」を手がけるSBIグループが、遂に仮想通貨事業を開始!

SBIグループが運営する仮想通貨取引所「SBI VCトレード(VC TRADE)」では、3つの超厳選された通貨を取り扱い中。

もともとSBIグループは金融業を展開しており、セキュリティノウハウは抜群。その安心度が人気を呼び、今ますます注目が集まっています!

さらにキャンペーン中の今新規登録を行うと、無料口座開設で「50XRPプレゼント」を受けることができます!

無料口座開設をするだけで、通貨(お金)である「リップル(XRP)」をもらえる、とってもお得なキャンペーンです!

>>>SBI VCトレードの公式サイトはこちら<<<


SBI VCトレードの公式サイトはこちら


※1 2020/07/10 14:13 現在のGMOコインにおけるXRPの価格に基づく。

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら