やさしい仮想通貨の始め方を解説

Twitterがスクエア経由のビットコインティッピングを検討中?Dorseyの熱意がその可能性を高めている模様

Twitterがチップ機能の追加を示唆

Twitterが人気のソーシャルネットワークプラットフォームにチップ機能を追加しようとしていることを示唆しています。

TwitterとSquareのCEOであるJack Dorseyが繰り返しビットコインを評価していることを考えると、将来のTwitterティッピングサービスが暗号通貨を取り入れない可能性は低いと言えます。

過去11年間、ほぼ常にそのネットワークが稼働していましたが、実際のビットコイン採用の主要なインスタンスはまだ不足しています。

一部の人にとって仮想通貨は、既存の大規模なプラットフォームが他のオプションよりも、金融および技術革新を使用することで多数のユーザーが他との顕著な違いを経験するように統合するまで、ニッチな関心を維持するでしょう。

ビットコインのチップはTwitterですぐにサポートされる?

現段階の情報では、Twitterはユーザーがお互いを傾けることができる機能を検討しているようです。

これは、会社の決定に精通している名前のない個人のペアを引用しています。

その著者はまた、今後予定されているTwitterのティッピング機能がJack Dorseyの別の会社であるSquareと統合されるかどうかは明確ではないと述べています。

Dorseyは、長年にわたってビットコインへの愛情を包み隠さず発信しています。

NewsBTCは以前、ビットコインはいつの日かインターネットの通貨になり、彼の会社のSquareは暗号通貨の支払いを統合し、Dorsey自身も「Stacking Sat」になるとCEOに報告しました。

※Stacking Satは毎週25ドル分のBTCを購入して仮想通貨の普及を目指す活動のこと。Dorsey氏は以前から定期的にBTCを購入している。

ただし、おそらく最も重要なのは、DorseyがビットコインのマイクロペイメントソリューションであるLightning Networkの主要な投資家であり、Lightningティッピングソフトウェアに取り組んでいる開発者が彼の設立したソーシャルネットワークで使用するためのサポートをツイートしたことです。

Dorseyは明らかにビットコインの大ファンであり、Lightning Networkに特に関心があります。

彼にとって、それはBTCの純粋な分散化であり、匿名の作成と個々の企業の支援なしで卓越した存在になり、他の暗号資産と区別されます。

これは、TwitterとSquare CEOによると、最初で最も支配的なデジタル通貨をインターネットのネイティブ通貨として非常に適したものにします。

DorseyがBitcoinを、作成に役立ったソーシャルネットワークに統合したいと考えるのは理にかなっています。

NewsBTCは、同社が実際にチップを投入する準備が整っているかどうかをまだ確認していませんが、Dorseyがビジネス上の興味とビットコインへの情熱をさらに融合させていくのはほぼ間違いないでしょう。

「原文URL:https://www.newsbtc.com/2020/01/13/twitter-considering-bitcoin-tipping-via-square-dorseys-enthusiasm-makes-it-likely/

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら