やさしい仮想通貨の始め方を解説

SEC検査局が2020年の検査優先項目に仮想通貨を追加

SEC(米国証券取引委員会)のコンプライアンス検査及びOCIE(試験局)では「2020年の検査優先項目」という文書を公表し、急速拡大するデジタル資産市場について、とりわけデジタル資産と伝統的な資産の違いが難しい個人投資家へともたらすリスクを強調した報告が、現在大きく取り上げられています。

OCIE(試験局)は、引き続きSEC(米国証券取引委員会)に登録している市場参加者を特定・検査すると宣言し以下の項目を上げました。

「検査は以下の項目を対象にする。(1)投資適正(2)ポートフォリオ・マネジメントとトレーディング実践面(3)顧客資金と資産の安全性(4)価格決定と価値評価(5)コンプライアンスプログラムとコントロールの効率性(6)ビジネス以外での従業員の監視」

SEC(米国証券取引委員会)は、違法ICO(イニシャル・コイン・ガーリング)の取り締まり等、仮想通貨業界の規制を厳格化していおり、仮想通貨市場関係者待望のビットコインETFも昨年に改めて拒否。

詐欺的な行為や価格操作が蔓延する仮想通貨市場の現状を理由に挙げているものの「現在の委員長であるジェイ・クレイトン氏の任期が終わる2021年6月5日(18ヶ月延期の可能性も)まで、ビットコインETFが承認されることはないだろう」という諦めの声も出ています。

2019年では、OCIE(試験局)は仮想通貨市場への焦点を絞り込み、ポートフォリオ管理から取引慣行、顧客資金の安全性、価格設定、コンプライアンス、および内部統制に関して市場参加者を監視する計画をより明確に述べる結果ともなりました。

また、今回上げられた事項によると「記録保持と資金と証券の保護における移管エージェントの役割を引き続き調査する」というOCIE(試験局)の意図についても議論され、主な重点分野には「ブロックチェーン技術を開発する転送エージェント」「デジタル資産サービスを提供する転送エージェント」が含まれると、本書でコメントも残されています。