やさしい仮想通貨の始め方を解説

ジェミニの共同設立者、タイラー氏が今後10年間で仮想通貨は普遍的なお金となると発言

今後10年は暗号通貨の10年となる

主要な仮想通貨取引所ジェミニの共同設立者であるタイラー・ウィンクルボスは、今後の10年間が暗号通貨の力を解き放ち、電子メールと同じくらい遍在するお金として確立することを期待しています。

彼は、2020年より前の10年間がウォームアップフェーズであったとし、今後より大きなショーのために新しい資産を準備すると予測しています。

192,000人のフォロワーへのツイートでは、タイラー氏は暗号通貨をエンパワーメントの究極のツールとしてフレーム化するとしています。

これは、お金がどのように生み出され、価値がどのように移動し、ユーザーがそれを制御できるかを再考します。

タイラー氏の発言

※一部を抜粋し、意訳しています

今日、私たちは新しい10年の夜明けの前に立ちます。今後の展望として、次の2020年代が「暗号の10年」になることはほぼ間違いありません。

私たちが知っているようにビットコインと暗号を導いた最後の10年に太陽が沈むにつれて、2019を振り返ることが大きな誇りであり、今後のことを楽しみにしています。

ジェミニという宇宙船を、偉大で美しい未知の宇宙に打ち上げてから4年以上が経ちました。

私たちの航海は多くの分野をカバーしていますが、まだ始まったばかりです。

暗号通貨を通じて個人に力を与えるという私たちの使命は大いに達成されましたが、決してこれで終わりではありません。

2019年は、ジェミニと私たちの業界の両方にとって重要な年でした。暗号通貨の冬は2年以上続いていますが、私たちは、次のユースケースと主流の採用の基盤を静かに築くことに集中しています。

現在、暗号化は依然としてニッチな技術であり、お金の一つの形態です。

電子メールや他のWebアプリケーションのように日常生活に不可欠なものではありませんが、私たちの理論はこれが変わるということですし、よく見るとすでに変化しています。

暗号は分散化を可能にします。つまり、その存在理由と重心は個人の能力強化です。

この10年以内に、暗号通貨は個人の権利と尊厳を育み保護する方法で、インターネット、金融システム、およびお金を再設計します。

暗号通貨は、印刷機、パーソナルコンピューター、初期のインターネットの発明と同様に、個人の自由に大きく貢献します。

そして、暗号通貨は無視できないほどに公平な機能です。その重力は、強すぎて否定できないでしょう。

選択肢が与えられたとき、あなたはより多くの自由を選択します。そして、それがあなたと他の皆が暗号通貨を選ぶ理由です。

「原文URL:https://dailyhodl.com/2020/01/02/tyler-winklevoss-shrugs-off-crypto-winter-puts-new-digital-assets-on-par-with-the-printing-press/

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら