やさしい仮想通貨の始め方を解説

YouTubeで暗号通貨系の動画が禁止に?警告なしで暗号通貨関連の動画が削除される

YouTubeが暗号通貨コンテンツを突如削除

Googleが所有するソーシャルメディアの大御所であるYouTubeは、暗号通貨関連の動画やチャンネルを制限し、削除さえしていることが分かりました。

暗号インフルエンサーの何人かは、過去数時間にわたって、動画やチャンネルが完全に削除されてしまったと報告しています。

ベテランの暗号通貨投資家でありインフルエンサーのクリス・ダンは、200,000人以上の加入者で業界で最も人気のあるチャンネルの1つを運営しています。

ダンは、「有害または危険なコンテンツ」および「規制された商品の販売」を理由に、YouTubeが突然ビデオの一部を削除したと主張します。

彼は今まで10年以上にわたって同様のコンテンツを作成してきましたが、トラブルはありませんでした。

他にも、人気があるBTC-Sessionsも同様の問題を抱えているようで、3年前のビデオが同じ理由で完全に削除されたと発言しています。有害で危険だと判断されたとのこと。

どちらの削除に関しても、YouTubeからの事前通知は無かったようです。

Youtubeは間違いなく、暗号通貨コンテンツをホストし、よく使用されるソーシャルメディアの1つです。過去に多くの暗号通貨系チャンネルが作られ、その一部は膨大な数の熱心なファンを獲得しました。

セキュリティ対策の可能性も

暗号通貨インフルエンサーのOmar Bhamは、YouTubeが業界に対して厳しい行動を取っていることを確信しています。

Bhamは、暗号関連のFacebookグループが少し前に削除された例を示して、GoogleやFacebookなどの巨大企業の力に言及していました。

さらに、ソーシャルメディアの巨人であるFacebookはグループのモデレートに関連するすべてのアカウントを削除し、それ以降、説明も質問への回答もしていません。

彼はYoutubeが今、Facebookと同じことをしているかもしれないと示唆し、本当の動機に疑問を投げかけています。

ソーシャルネットワークが暗号業界に対して法的措置を講じたのはこれが初めてではありません。

2018年、GoogleとFacebookは暗号関連の広告を禁止しました。その年の後半、Googleは部分的に禁止を解除し、Facebookも同様に禁止を解除しました。

これが意図的な攻撃なのかセキュリティ対策なのかはまだわかりませんので、この問題に関してYouTubeが公式な発表をしていないことには注意してください。

「原文URL:https://cryptopotato.com/new-youtube-crypto-ban-the-giant-started-removing-cryptocurrency-related-videos-with-no-warning/

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら