やさしい仮想通貨の始め方を解説

イーサリアムが長期的な底値を記録、反転の兆しか

苦しい状況が続くイーサリアム

このクリスマスシーズン、イーサリアムはあまり良い状況ではありませんでした。

イーサリアムは2019年初頭の傑出した通貨の1つであった後、その評価は過去2ヶ月間の大きな不調で落ちています。

ただし、2019年にすべてのプラスの利回りを失ったにもかかわらず、現在のイーサリアムの価格は、世界で2番目に大きい暗号通貨の長期的なトレンド反転を強調している可能性があります。

海外トレーダーの意見

人気な暗号通貨コメンテーターであるJosh Olszwicz氏によると、過去にETHは5回大幅な安値を記録し、そのうち3回は強気の発散につながったと述べています。

また、7日間の安値から過去24時間で浮上したイーサリアムのバウンスは、21の低いRSIレベルと共鳴しました。このようなレベルは、2番目に大きい暗号資産の長期的な底辺への道を開きました。

別の暗号通貨トレーダー、スコット・メルカー氏は、毎週の時間枠で顕著な下降チャネルを観察した結果、イーサリアムの価格についても楽観的でした。

主要なサポートに対するETHの反応は、近い将来に大きなプラスのリターンを示す可能性があると示唆しました。

ただし、ビットコインの価格にも注目すべき役割があります。

ビットコインとイーサリアムの関係


出典:Coinmetrics

過去3か月間、ビットコインとイーサリアムの価格相関指数は着実に上昇しています。ビットコインは過去3か月間に顕著な下落を記録しており、これはイーサリアムにも反映されています。

コミュニティの一部では、ビットコインの最近の不振が、市場が一斉に崩壊するための重要な要因の1つであると推測しました。

ビットコインは、12月18日に別の下落に直面しました。この動きにより、BTCの価格はその主要なレジスタンスラインである7000ドルを下回りました。

その後、迅速な転換により、ビットコインの評価は再び7000ドルを超えました。これはイーサリアムでも同様で、6%の上昇を遂げました。しかし、すぐに下方の動きになり、その後、ETHの価格は130ドルを下回りました。

ビットコインに付随するボラティリティの増大に照らして、世界最大のデジタル資産の価格変動が急速に表面化する可能性があります。

これは世界で2番目に大きな暗号資産であるイーサリアムも同様です。

「原文URL:https://eng.ambcrypto.com/ethereums-price-may-have-registered-a-long-term-bottom/

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら