やさしい仮想通貨の始め方を解説

世界的負債は年末迄で「BTC当たり1200万ドル相当に達する見込み」との声が上がる

BTC(ビットコイン)と他主要仮想通貨を支持する者の中では、「間違った政策のせいで、世界的負債が増え続けてしまっている傾向がある」と、議論を醸し出し今現在大きな話題を呼んでいます。

債務発行は減速の兆候を示していない

過去10年間の極端な量的緩和に支えられ、肥大化した世界的債務は、年末までに「255兆ドル」に達すると、国際ニュース通信社ロイターが報じ、このニュースは世界で大きく取り上げられました。

国際金融研究所の分析によると「全人類は1人当たり32,500ドルもの負債を抱えている」と研究結果を報じ、ならびに以下のコメントを残しています。

「債務蓄積のペースは今後とも鈍化する兆候は無く、世界的債務は今年で255兆ドルを超えると予測ます」

債務の増加は現在、政府および政府関係企業、ならびに非金融事業から生じており、バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチによる債務の大規模な分析によると「政府の債務は30兆ドル、企業は25兆ドル、家計は9兆ドル、銀行は2兆ドルずつ今も増加している」と、述べており、この増加している債務はすべて、2008年秋のリーマンブラザーズの破産以来発生している、と語っています。

中央銀行では、10年の停滞期に入る代わりに、すべてのセクターを後押しするための流動性を注ぎ込み、資産評価の大幅な成長をもたらしました。

しかし、それにも関わらず金融部門は「世界の国内総生産の240%である負債」を抱えているという、何とも苦い状況となっています。

BTCは金融セクターの規模と比較しても低評価を受けている

BTC(ビットコイン)が目指す健全な金融リテラシーが、現代の借金燃料経済と調和するにはかなり難しいでしょう。

しかし、ある意味BTC(ビットコイン)の現在の市場価格は、流通しているすべてのファンドが健全であるという事実も反映しており、過去10年間では負債ベースの経済活動が資産評価の主要な推進力ともなっています。

この潜在的な価格価値は、BTC(ビットコイン)のこれまでの歴史を遡ってみても、過去最高の高値を遥かに上回ることにもなり得るでしょう。

仮想通貨市場のみに基づいては、過去にBTC(ビットコイン)は韓国にて約20,000ドル、他市場では19,600ドルでのピークに到達した動きも見せている為、今後の推移予測の展開次第ではBTC(ビットコイン)の価格が再び50,000ドルへと転じる可能性もあるでしょう。

「原文URL:https://bitcoinist.com/xrp-price-could-go-down-to-0-by-next-february-alex-kruger/」

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら