やさしい仮想通貨の始め方を解説

ビットコインマイニングの集中化が記録的なレベルに達し、大多数は依然中国に

中国にて記録的なハッシュレートを記録

ある調査によると、中国のビットコインマイナーは現在、ネットワークのハッシュレートの記録的に大きな割合を制御しています。なんと現在、BTCマイニングの65%が中国で発生しているのです。

デジタル資産投資ファンドのCoinSharesは、同社が2017年後半にネットワークの監視を開始して以来、この高さを指摘しています。

2018年10月にプリンストン大学とフロリダ国際大学が共同で公開した研究で は、ビットコインハッシュパワーの74%が中国のマイニングプール⁠によって管理されていると推定されています。

ただし、これらの数値は、あらゆる場所にいるマイナーがこれらのプールに参加できるため、マイニングの集中化の指標としては不十分です。

マイニング大国、中国

マイニングは中国で集中管理されています。これは、Bitcoinハードウェアのほとんどが国で製造されているため⁠であり、Bitmain、Canaan、MicroBTなどの大物が景観を支配しているためです。

業界に詳しい情報筋によると、中国の顧客は優遇価格を取得し、関税と出荷の摩擦を避ける傾向があります。

一方、安価な水力発電により、四川は採掘ハードウェアを展開する世界で最高の場所の1つになっています。

世界のマイニングシェアの推定54%は、中国のこの地域だけで発生しています。

マイニング専門家の意見

「ハッシュレートの集中化は、暗号通貨ネットワークの究極の約束を脅かします。元帳や取引の流れを誰もグループが制御しないということです」と、マイニング専門家のクリスティ・リー・ミネハンは暗号通貨ブリーフィングにて語りました。

「多くの自然災害または州レベルの脅威は、ブロック時間の増加、トランザクションコスト、または州レベルでのトランザクション検閲を通じて、ネットワークの混乱を招く可能性があります。

これらの数字は、米国が中国に挑戦する可能性のあるマイニングのハブとして増加しているという物語には反しています。

10月、Bitmainはテキサス州に50メガワットの施設を立ち上げました。先月、Northern Bitcoin AGとWhinstone US Inc. が合併し、同じ州に100エーカーのビットコイン施設を開設しました。

しかし、米国と中国の貿易戦争は、アメリカのマイニング業を危険にさらしています。ハードウェアの関税の引き上げは、マージンをさらに損ねます。

ただし、マイニングの集中化がビットコインの軌道に実際に影響を与えるかどうかは、依然として活発に議論されています。

原文URL:https://cryptobriefing.com/bitcoin-mining-centralization-record-levels-majority-china/

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら