やさしい仮想通貨の始め方を解説

リップルのトランザクション量が増加!しかし、未だにリップルは弱いという意見も

リップルのトランザクションが増加傾向に

リップル(XRP)は、2018年初頭に3.00ドルを超える高値から急落し、2018年と2019年を通じて持続する堅調な下降トレンドに陥りました。

多くの主要なアルトコインは2019年上半期にいくらかの緩和を見ましたが、リップルは0.30ドル未満の地域内に留まり、11月初旬に発生した暗号化市場の低迷により、2019年の最安値である0.20ドル付近まで急落しました。

この弱気にもかかわらず、リップルの取引量は最近増加していることには注目すべきですが、この要素はリップルの価格を短期的に上昇させるのに十分ではないかもしれません。

リップルのトランザクション量は、リップルの価格が低くなるにつれて勢いを増す傾向があります。

執筆時点で、リップルは現在の価格である0.228ドルで2%近く下落しています。これは、毎日の最高値である0.23ドルをわずかに上回っていることを示しています。

この1週間で、XRPは0.21ドル未満の地域で強い買い圧力が感じられ、この付近がのポートレベルであることを示しています。

およそ0.20ドルというこの価格レベルのすぐ下には、ビットコインの下落とそれに続く6500ドルの低迷から、11月下旬に確認された別の強力なサポート地域があります。

リップルの最近の取引量は大幅に増加しており、10月下旬の1日100万件未満の取引から今月初めには450万件以上の取引に急増しているため、リップルは現在根本的な強さの兆候を示していることに注意する必要があります。

TXナンバーは、このナンバーがヒットしてから減少しましたが、ネットワークがより大きな有用性を獲得していることを示しています。

海外アナリストの発言:抵抗が強くなるとXRPは非常に弱く見える

リップルの取引量の増加に関係なく、アナリストは、リップルが近い将来さらに損失を被ると予想しています。

Twitterで人気の暗号通貨アナリストであるTeddyは、最近のツイートでこれについて次のように語っています。

「700日以上前に課された抵抗を価格がテストしてから8週間が経ちました。いまだ地獄のように弱いままです。-あなたに関係なく、あなたの隣人はそれをシリング(根拠に基づいていないものを確かな物として宣伝したり、買うように煽ったりすること)。統計的に言えば、589ドルよりもゼロになりやすいです。」

取引量、ユースケース、の象徴でもあるリップルの基本的な強さが2019年が終わりに近づくにつれて大きくなると仮定すると、大混乱の暗号通貨は新年が始まるときにある程度の強さを獲得できる可能性があります。

原文URL:https://www.newsbtc.com/2019/12/09/despite-rising-ripple-transaction-volume-analyst-says-xrp-still-incredibly-weak/

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら