やさしい仮想通貨の始め方を解説

Anthony Pompliano氏:2021年12月までに100,000ドルへとBTCの価格が変動するかもしれない(独占インタビュー)

今年もそろそろ終わりへと近づいている。この時期は当然、BTC(ビットコイン)の次の動きが気になってくる頃でもあります。

本記事では、Bitcoin(ビットコイン)を支持するベンチャーキャピタルファンドのMorgan Creek Capital(モーガン・クリーク・キャピタル)の共同設立者であり、マネージングパートナーであったAnthony ‘Pomp’ Pompliano(アンソニー・ポンプリアーノ)氏の独占インビューをお届けしています。

BTCではなくブロックチェーン

暗号資産の価格推移は雲行きが怪しくなってきている今、「これからはBTC(ビットコイン)ではなくブロックチェーンだ」という、声が各所から上がってきています。

これは、政府がブロックチェーンベースの技術開発を前面にサポートしている政策と、それに伴い暗号資産の売買、保管、取引等の全てを禁止している中国などの政治関係もその姿勢に大きな影響を与えると言えます。

出展:https://cryptopotato.com/

Pompliano(パンプリアーノ)氏によると、今最もキーになるのは「時間」であると語っており、「エンタープライズブロックチェーンが再建され、トークン化された証券が生まれるとDefi(デフィ)をチェックすることが可能になります。それまでに6ヶ月、12ヶ月、もしくは18ヶ月の時間が掛かるかもしれません」

「もし今後、暗号通貨以上にブロックチェーンが普及していくことになれば、多くの人が使い始めて、自然と生活の一部へ転換されていく事も時間の問題であるといえるでしょう。 それは政府レベル、民間レベル、制度レベルで起こり得ることだと思っています」

ブロックチェーンの未来とは

金融機関や政府機関だけでなく、多くの企業がブロックチェーンベースのテクノロジーに目を向けている事も最近では注目されています。

近日では、BIS(国際決済銀行)のゼネラルマネジャーであるアグスティン・カーステンズは、中央銀行にデジタルマネーの受け入れを開始するよう促しました。

Pompliano(ポンプリアーノ)氏は次の様に語っています。

「ブロックチェーンの優れたユースケースは、トリプルエントリーアカウンティングでもあります。それによって数千年と迄はいかないものの、過去数百年全ての取引と会計を実現することが出来るでしょう

「そのシステムでは基本的に何が起こるか、彼らはデジタル住宅ローンを作成し、ウォール街で他の人々と取引する方法を、全て分散型の決済システムを介し実現することが出来る様になります。これらのトランザクションを管理するのはトリプルエントリアカウンティングであるため、トランザクションを行うための中央集権的な当事者はいない構成となります」

2021年12月迄にはBTCが100,000ドルか?

BTC(ビットコイン)の注目された来年イベントとしての1つは、やはり価格価値の半減でしょう。

基本的な経済原則として、資産の供給が減少し需要が変わらない、もしくは増加している場合、その価格は上昇するという原理があります。

しかし、Pompliano(ポンプリアーノ)氏は価格目標について非常に力強いコメントを残しており 「おそらく来年はBTC(ビットコイン)にとって大きな分岐点になるでしょう。 価格が急騰するとは思わないが、これから2021年12月までにBTC(ビットコイン)の価格は100,000ドルラインへと変貌するだろう」

出展:https://cryptopotato.com/

BTC(ビットコイン)の価格相場について、Pompliano(ポンプリアーノ)氏は多くのボラティリティを予想しています。

「私たちは今、約2年に及ぶ強気市場にいると思います。 この期間にBTC(ビットコイン)の価格は10〜12%の急上昇と、30%のクラッシュで多くのボラティリティが生じるでしょう。 ただし一般的に見ても価格の上昇傾向は続くでしょう」

「いずれにせよ、2020年はBTC(ビットコイン)にとって魅力的な年になりつつあり、強気相場が実際に延長するのか、それとも弱気筋が暫定的に中止へと割り込むのかをしっかり見ていくのは非常に興味深いことです」

「原文URL:https://cryptopotato.com/anthony-pompliano-bitcoin-price-at-100000-by-december-2021-exclusive-pomp-interview/

今なら50XRPもらえる。SBI VCトレード(VC TRADE)が優秀と話題に。(ゼロはじPR)

SBI_VCトレード(VC_TRADE)のココがスゴい!
  • 今なら50XRP(1,024円相当※1)が無料口座開設でもらえる!
  • 超大手企業「SBIグループ」の傘下にある取引所なので安心。
  • SBIの「北尾社長」はRipple社の取締役。仮想通貨にとっても精通!
  • 「取引手数料」「入金手数料」が無料。コストがかからない!
  • 洗練されたスマホアプリが使いやすく、初心者の取引デビューに最適!
株やFXなどを扱うあの「SBI証券」を手がけるSBIグループが、遂に仮想通貨事業を開始!

SBIグループが運営する仮想通貨取引所「SBI VCトレード(VC TRADE)」では、3つの超厳選された通貨を取り扱い中。

もともとSBIグループは金融業を展開しており、セキュリティノウハウは抜群。その安心度が人気を呼び、今ますます注目が集まっています!

さらにキャンペーン中の今新規登録を行うと、無料口座開設で「50XRPプレゼント」を受けることができます!

無料口座開設をするだけで、通貨(お金)である「リップル(XRP)」をもらえる、とってもお得なキャンペーンです!

>>>SBI VCトレードの公式サイトはこちら<<<


SBI VCトレードの公式サイトはこちら


※1 2020/07/10 14:13 現在のGMOコインにおけるXRPの価格に基づく。

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら