やさしい仮想通貨の始め方を解説

大手取引所BitMEX、その力を失いつつあると海外アナリストが発言

BitMEXの取引量が減少

暗号通貨アナリストのチャールズ・エドワーズによると、大手デリバティブ取引所であるBitMEXの力は徐々に衰退しているようです。

エドワーズは、取引所がすべての暗号通貨取引量の最大のシェアを占めていることを考えると、過去2年間を「BitMEX時代」と定義しています。アーサー・ヘイズが率いる暗号化モノリスは、依然として全ボリュームの56%を占めていますが、2018年9月に80%以上を占めていた栄光の時代と比べると落ち込んでいるのが分かります。

最大のカジノと呼ばれる時代も

2014年に誕生したばかりの暗号化シーンに先駆けたBitMEXは、最大100倍のレバレッジを提供する永続的なスワップ契約により、すぐに大きな成功を収めました。TokenAnalystの共同設立者であるシドシェカーは、これを「史上最大のカジノ」と呼びました。

暗号通貨のデリバティブ取引への関心はかつてないほど強くなっていますが、BitMEXは強力な競争に直面したため、徐々に業界での地位を落としつつあります。U.Todayが報告したように、9月にローンチされたBinanceの先物プラットフォームはすでに首をかしげている状況です。

セイシェルに本拠を置くメーカーは、商品先物取引委員会(CFTC)による調査 に直面した後、ヘッドラインをつけられました。米国市民は取引所の使用を禁止されています。

規制される取引ボリューム

Intercontinental Exchange(ICE)が所有する仮想通貨先物取引所であるBakktは、9月以降、日々の取引量が100倍増加したことを記録しました。AlexKrügerは、規制された取引の増加は業界にとって非常に前向きな展開であると述べています。

米国証券取引委員会(SEC)がBitcoin ETFの承認に消極的である理由の一部は、暗号通貨取引が主にBitMEXなどの規制されていない取引所で行われるためです。したがって、この市場は依然として相場操作の影響を非常に受けやすくなっています。

原文URL:https://u.today/crypto-derivatives-giant-bitmex-is-losing-its-power-analyst

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら