やさしい仮想通貨の始め方を解説

仮想通貨のNEO(ネオ)は今後イーサリアムを越える?将来性や特徴をNEOジャパン代表の葉山ミキさんに聞いてみた。

NEOのインタビュー

今回はゼロはじ編集部でネオ(NEO)の日本の開発拠点である、都内某所にあるビルに潜入インタビューに成功しました。

今後、ブロックチェーンでのアプリケーション開発を考えている方は一読する価値があるでしょう。

仮想通貨投資をしている方も、この記事でネオ(NEO)の今後の将来性がつかめると思います。

また、今回NEOのdAppsチームを紹介+インタビューをした記事がこちら。

NEO dApps3選

NEOの特徴や買い方についてわかりやすくまとめた記事はこちらです。
【仮想通貨】NEO(ネオ)とは?特徴、将来性、取引所、買い方を完全解説!

 

NEO(ネオ)とは?

ネオのロゴ

通貨名NEO(ネオ)
発行開始日2016年10月
発行枚数1億NEO
特徴プラットフォーム型

NEOは現在時価総額11位の中国発仮想通貨です。

スマートコントラクト技術を搭載し、別名「中国版イーサリアム」と呼ばれるプラットフォーム型の仮想通貨で、ネオをベースに多くのDappsが生み出されています。

もともとはアントシェア(ANS)という名前で通貨を発行していましたが、2017年の夏「ネオ(NEO)」にリブランディング。

運営によるミートアップが多数日本各地で開催されており、エンジニアを中心としたコミュニティの形成に力を入れています。

葉山ミキさんのプロフィール

葉山ミキさん(以下葉山さん)

葉山さんのプロフィール画像

プロフィール

長年の海外在住経験や大企業でのマーケティング担当経験を活かし、現在はNEOのJapan Operation Head(日本支部統括) に就任されている。

NEOの魅力について

NEOの特徴、魅力を簡単に教えてください!

ネオのロゴ

葉山さん

まず私自身が惹かれたのは、NEOの思想的なところです。
NEOのロゴにもあるSmart Economy(スマートエコノミー)は、
デジタル資産を管理していくスマートな台帳の開発という意味が込められています。
2014年に発想されたビジョンで、経済活動にミドルマンを介さないピュアなP2Pという概念に魅了されました。
当時としては非常に新しい概念ですね。

高橋

葉山さん

希少価値や次のパラダイムシフトがある所にはビジネスチャンスが眠っていると思っています。
そこでネオにパラダイムシフトの可能性を感じ、ワクワクしました。
確かにワクワクすると思います。
ブロックチェーンそのものに魅了された経験などございますか。

高橋

葉山さん

2016年の2月にベトナムにいったのですが、そこで見学した学生のビジネスコンテストです。
お題で出されていたブロックチェーンを用いた新しいビジネスの拡張性が想像以上に面白かったのを覚えています。
自分の履歴書が世界中の企業にばらまけたり、医師のカルテが共有されたら面白いじゃないですか。
まずは一元化プラットフォームが普及するということでしょうか?

高橋

葉山さん

私はまず雇用と医療、教育の分野でブロックチェーンが普及するだろうと考えています。
ブロックチェーンを用いれば新興国の潜在的な広い雇用をカバーできるでしょう。
医療に関しては先ほど言った通り、医師のカルテ共有などで活躍すると思います。
なるほど。ブロックチェーンの将来性や思想を評価されているのですね。

高橋

葉山さん

おっしゃる通りです。ブロックチェーンという思想で「未来」を見つつも、さらに技術で裏打ちされた「足元」を見るのも重要です。
CTOのErik Zhangを筆頭にNEOの技術者は全員優秀な方達ばかりなので、「NEOは確かにそこにあるんだな」という安心感をもたらしてくれます。

EthereumにはないNEOの強み

ネオ(NEO)はその特徴上、イーサリアム(ETH)と比較されることがあると思いますが、イーサリアムに勝るネオの強みはなんでしょうか。

イーサリアムのロゴ

葉山さん

技術的な目線でネオとイーサリアムを比較すると、やはりブロックタイムのスピードでしょうか。
イーサリアムはブロックタイムが長いので、トランザクションが比較的遅く待たないといけません。
一方でネオはブロックが生成されると、瞬時にトランザクション処理がなされるので便利と言えます。
ネオはファイナリティが早いということでしょうか?

高橋

葉山さん

おっしゃる通りです。さらに現段階では15-20秒かかっているブロックタイムに技術的な改良を加えて、5秒弱に縮めていく予定です。
それは楽しみですね。
あとネオとイーサリアムは同じプラットフォーム型の通貨ですが、Dappsの開発状況を比べてどうですか?

高橋

葉山さん

ネオベースのDappsは半年前と比べてだいぶ増えてきている印です。
確かにイーサリアムベースのDappsはネオに比べて多いですが、スタートした時期が違うので時間の問題もあるでしょう。
試算では、2020年にイーサリアムを数で越す予定です。

NEOのdAppsチームへのインタビュー記事はこちら。

NEO dAppsインタビュー記事

NEOの開発コミュニティはなぜ日本を選んだのか

NEOの開発コミュニティの活動拠点として、なぜ他の国を差し置いて日本を選んだのでしょうか?

ネオのdappsチーム

NEOのDapps開発チーム(有明にて)

個人的にはプログラムに強いのはアメリカだと考えております。Nginxを開発したロシアも素晴らしい技術者がいるイメージです。
技術者の質で考えるとアメリカやロシアが挙がると思うですが、なぜ日本を選んだのですか?

高橋

葉山さん

日本にはアメリカやロシアに比べていいバランスの人材と経済があると考えています。
NEOはどちらかというと長く付き合っていただけるエンジニアの方と開発していきたいと思っていて、
コンスタントにDappsを作ってくれるエンジニアの方などと知り合いたいです。

葉山さん

またYahooや慶應義塾大学などと共同でイベントを開いたこともあり、
日本では色々な企業・大学とコラボしやすい下地が整っているかと。
NEOとして投資する国の中でもビットコインの取引量が多く、総合的な環境で日本を選びました

今後のNEO開発環境について

NEOの開発環境は今現在、どのぐらい整備されているのでしょうか?

例えばプログラムを学ぶ第1言語としてPythonやPHPが選ばれることが多いと思います。
もちろんそれらバックエンド言語を覚えただけでNEOプラットフォームを扱えるものなのでしょうか?

高橋

葉山さん

Pythonの基礎基本がわかっていれば、スタートはできます。
Solidityのように独自の言語を扱うイーサリアムより始めるハードルは低いでしょう。
そのうちGO言語を含めた5つぐらいの言語も対応させる予定です。
なるほど。
最近では未経験の高校生などもプログラミングに興味を持っている方が多いと聞きます。
ノンプログラマーでもNEOのDappsを作りたい!と思っているでも可能でしょうか?

高橋

葉山さん

そういう方はNEOが主催するワークショップに参加すると良いでしょう。
今のブロックチェーンの中でNEOは一番開発がしやすく、とても魅力的であると自負しています。
先日ですが、プログラミング歴三ヶ月の大学生がワークショップに来てしっかり開発していましたよ。
それは絶妙に開発しやすいと言えますね。
またこれからNEOでDappsの開発を検討している方々が見るべきサイトなどありますか?

高橋

葉山さん

葉山さん

英語のガイドはたくさんあるのですが、日本の文献ではまだ網羅しきれていなくて。
そういう意味でこれから日本語の文献も増やしていきたいですね。
開発で詰まったり質問があれば、開発拠点やワークショップに来てくれれば嬉しいです。

葉山さん

ちなみに今ある日本語のシラバスはこちら
すごくわかりやすいと評判です。
Mac(マック)で行うNEO(ネオ)のプライベートネットの環境構築をわかりやすく解説

オントロジー(ONT)とネオ(NEO)今後の関係性

ネオベースで開発されたアルトコイン、オントロジー(ONT)とネオ(NEO)の関係性を教えてください。

オントロジーのロゴ

葉山さん

ざっくりいうとオントロジー(ONT)はB2Bネオ(NEO)はB2Cです。
オントロジーは政府や企業といった、しっかりベースがあるところと付き合って開発を進めるイメージでしょう。
一方でネオはコミュニティベースで、その中のエンジニア(ディベロッパー)の方と開発をします。

葉山さん

また2つの通貨で求められているものも違います。
そうだったんですね。求められているもの違いとは一体なんでしょう。

高橋

葉山さん

オントロジーは「業界を超えてブロックチェーンで繋げる」ビジョンの元、普及することが求められています。

葉山さん

一方でネオは、ネオそのものでDappsなどを開発できるディベロッパーを草の根的に増やすことが一番求められていると言って良いでしょう。

なのでネオはディベロッパーの育成・コミュニティの活性化に力を入れています。

最後に:NEO(ネオ)はコミュニティ重視のプラットホーム通貨!

葉山さん

ネオはDappsチームを含め、有明を拠点に活動しています。
ワークショップも日本各地で多数開催しているので、汎用的な言語で開発できるネオに興味がある方はぜひお立ち寄りください。

葉山さん

大企業とも既にコラボしているネオ(NEO)はこれから十分期待できる通貨ですね。
ブロックチェーンエンジニアを目指している方は必見なのではないでしょうか。

高橋

葉山さん

そう言っていただけると嬉しいです。
ワークショップやイベントで会えるのを一同お待ちしております。
【仮想通貨】NEO(ネオ)とは?特徴、将来性、取引所、買い方を完全解説!