やさしい仮想通貨の始め方を解説

NEMの取引におすすめな仮想通貨取引所TOP3!迷わない取引所選び

nem-exchange-thumbnail

国内で根強い人気を誇る仮想通貨NEM(ネム)

2018年1月にコインチェックのネム流出事件が起こったことでネガティブなイメージが付いてしまいましたが、

ネムの技術を利用した選挙の投票システムの開発や医薬品の購入管理などの良いニュースもありますので、将来性が期待できる仮想通貨です。

今回はネムの取引ができるおすすめの仮想通貨をご紹介します。

この記事を読めば、ネムが購入できる取引所と選び方がわかるでしょう!

仮想通貨ネム(NEM)とは?

nem 取引所

仮想通貨ネム(NEM)は2015年に誕生した仮想通貨です。

NEMは「New Economy Movement」が由来で、自由な経済圏を作ることを目的に作られました。

ネムは“手数料”の安さと“送金スピード速さ”のが最大の特徴です。

送金をすると数分程度で着金され、手数料も数十円と従来の方法より非常に安く送金をすることができます。

また、ネムのプラットフォームを利用して世界各国で技術開発が行われており、拡張性の高さが魅力です。

2018年10月現在時価総額19位となっています。

仮想通貨ネム(NEM)を購入するときの取引所の選び方

nem 取引所

ネムを購入する前に取引所の選び方を確認しましょう。

ネムを取り扱っている取引所は国内外合わせても数多くあるのですが、取引所ごとに特徴が違うため、自分が「なぜネムを購入したいのか」という目的に沿って取引所を選びましょう。

取引所の選び方は以下になります。

ネムを購入するときの取引所の選び方
  • 「取引所形式」か「販売所形式」か
  • 取引手数料はいくらか?
  • FX取引ができるか
  • セキュリティ対策をしっかりしているか

「取引所形式」か「販売所形式」か

nem 販売形式

仮想通貨取引所はすべて取引所として扱われていますが、取引所ごとに販売形式が異なり、「販売所形式」か「取引所形式」の2種類あります。

取引所形式と販売所形式の違いは?
  • 販売所形式:取引所の運営が決めた価格で売買を行う
  • 取引所形式:取引所板で自分が希望した売却価格と購入価格を注文に出す

販売所形式は今すぐに買いたいという方や難しいことはめんどくさいという方に向いています。

すぐに取引ができる反面、取引所形式よりも購入価格は割高、売却価格は割安になります。

取引所形式はチャートを見ながら自分の希望価格で取引を行うことができるため、販売所形式よりもお得に購入しやすいです。

また、スプレッドの差が狭いのも取引所形式のメリットです。

取引手数料はいくらか?

nem 手数料

仮想通貨を購入する場合、取引所ごとに決められた取引手数料がかかります。

取引手数料は取引を行ったときに取引金額の何%というように決められており、取引所によっては手数料が引き下げ・無料キャンペーンをやっているところもあります。

手数料が安ければ安いほど、取引で利益が得やすくなり、損失も小さくなります。

そのため、取引所を選ぶときはできるだけ手数料が安い取引所を選ぶようにしましょう。

FX取引ができるか

nem FX

この点は中上級者向けになりますが、仮想通貨のFX取引ができるかどうかも大事な点です。

FX取引とは

資金を証拠金として提出して、証拠金を担保にそれ以上の資金を借り入れて行う取引のこと。より大きな額で取引ができるため、大きな利益が狙える。

FX取引では価格が下がった時に利益を出せる「空売り(ショート)」もできるため、普段の取引よりもトレードを幅広く行うことができます。

そのため、「より利益を得たい方」や「空売り注文をやってみたいという方」におすすめです。

セキュリティ対策をしっかりしているか

nem セキュリティ

取引所を選ぶ上で最も大事なポイントがセキュリティです。

セキュリティ対策がしっかりとされていないと、自分が保有している資産が流出してしまうリスクが高まります。

セキュリティ対策をしている取引所かを知るには3つの項目を確認する必要があります。

セキュリティ対策をしているか確認するポイント
  • 仮想通貨を「コールドウォレット」で保管している
  • 「マルチシグ」を採用している
  • 「二段階認証」ができる

「コールドウォレット」は外部からの通信を完全に遮断しているウォレットのことで、ハッキングでの資産流出を防ぐことができます。

「マルチシグ」は仮想通貨の取引に使用する「秘密鍵」を複数使用することで、取引内容の改ざんを防ぎます。

「二段階認証」はログインをするときに最初に設定したパスワードとは違う別のパスワードを毎回ランダムに入力するもので、よりセキュリティを強固にすることができます。

おすすめの仮想通貨取引所TOP3

nem 取引所

ではネムが購入できるおすすめの取引所を見ていきましょう。

第1位:Huobi(フォビ)

nem Huobi
出典: https://www.huobi.com

フォビは香港発の大手仮想通貨取引所です。

ネム(XEM)の取引高も多く、世界No.1になったことがあるくらいネムの取引が活発に行われています。

また、独自トークンのHuobi Token(HT)も発行しており、短期間で価格が5倍以上も高騰しました。

メリット
  • ネムの取引量が世界No.1でスプレッドが格安
  • 板取引ができるため、自分の希望価格で取引ができる
  • アルトコインを100種類以上取り扱っている
  • 独自トークンのHuobi Token(HT)の購入も可能
  • 日本語対応している
デメリット
  • 日本円でネムが購入できない
  • ビットコインなどの仮想通貨を国内取引所から送金する必要がある
  • 取引手数料や出金手数料が他の取引所に比べて少し高め(0.2%)

セキュリティが強いのが魅力!

海外の仮想通貨取引所はセキュリティに不安があるのが問題でした。

HuobiはSMS認証や本人確認が完了しないと取引を開始することができません。

さらに毎回ログインのたびに二段階認証が必要になるため安心して利用することができます。

メールアドレス認証や電話番号認証、二段階認証などの全ての手順を済ませることで、高い安全性を持ちますので、海外の仮想通貨取引所を使うのが不安という方もぜひ安心して利用してください。

日本語にも対応

海外の取引所は日本語に対応していないものも多いのですが、フォビは日本語に対応しているので、初心者でも簡単に利用することができます。

さらに取引画面が非常に見やすいため、取引をスムーズに行うことができます。

Huobi(フォビ)公式サイトはこちら

Huobi(フォビ)の登録はこちら

第2位:BINANCE(バイナンス)

nem Binance
出典: https://www.binance.com

バイナンスは取引高が世界で最も多い取引所です。

海外の取引所なのですが、120種類以上もの仮想通貨を取り揃えているため、日本人ユーザーからも非常に人気があります。

メリット
  • 板取引ができるため指値で購入できる
  • 取引手数料がかなり安い
  • ネムの出来高が大きくスプレッドやかなり安い
  • 120種類以上のコインを購入できる
デメリット
  • 日本円でネムを購入できない
  • ビットコインなどの仮想通貨を日本の取引所から送金する必要がある
  • 海外の取引所のためセキュリティが少し不安

海外の取引所の中ではセキュリティは安心?

日本はセキュリティ対策をしっかりしていないとまず金融庁から認可されませんので、日本国内にある認可されている仮想通貨取引所はセキュリティが高いです。

それらと比較するとバイナンスも海外の取引所ですので安全性は劣る部分があると言えます。

しかし、バイナンスでは口座を開設したときの本人確認で、本人確認書類と取引所名と日付が書かれたメモを本人が手に持って撮影している画像をアップロードする必要があります。

また、二段階認証の採用しており、解除するのにも非常に手間がかかります。

さらに二段階認証を解除したとしても48時間は出金することができないとなっています。

どちらも面倒なのですが、不正行為を防ぐために必要なのです。

Binance(バイナンス)の公式サイトはこちら

Binanceの登録はこちら

第3位:DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

nem DMMビットコイン
出典: https://bitcoin.dmm.com

DMMビットコインは2018年1月にできた新しい取引所です。

大手IT企業であるDMMグループが運営している取引所ですので経営基盤がしっかりとしています。

ネムは販売所形式の他レバレッジをかけた取引も行うことができるので、初心者から中上級者にまでおすすめです。

メリット
  • 販売所形式で簡単にネムが購入できる
  • スマホアプリが使いやすい
  • アルトコインを含む5種類でレバレッジ取引ができる
デメリット
  • 販売所形式でややスプレッドが高め

DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

DMM Bitcoinの登録はこちら

セキュリティ対策が強固

DMMビットコインでは「利用者資産の分別管理」「コールドウォレット」「SSL暗号化」「二段階認証」を採用しています。

「利用者資産の分別管理」は利用者から預かった資産と自社資産を分別しています。預かった法廷通貨は利用者用の銀行口座、仮想通貨は利用者用のコールドウォレットに保管されます。

こうすることで万が資産が流出したとしても利用者の資産を保証して返還することができるのです。

「コールドウォレット」を利用することでインターネットから完全に切り離され、ハッキングのリスクを防ぐことができる

「SSL暗号化」とはインターネット上で行ったやり取りのデータ通信を暗号化したり、やり取りの相手の認証のことを指します。

さらに「二段階認証」でアカウントを二重に守ることで、不正アクセスでの流出を防止することができるのです。

ネムのレバレッジ取引ができるのはDMMビットコインのみ

ビットコインやイーサリアムなどのレバレッジ取引ができる国内の仮想通貨取引所は多いですが、ネムのレバレッジ取引ができるのはDMMビットコインのみとなります。

そのため、ネムのレバレッジ取引を行いたい方はDMMビットコイン一択ということになるのです。

もちろん、販売所形式でワンクリックでネムの購入もできますので初心者の方にもおすすめの取引所です。

ネム(NEM)のおすすめの取引所まとめ

いかがでしたか?

今回はネムを購入するときの取引所の選び方やおすすめの取引所をご紹介していきました。

ネムを取り扱っている取引所は国内外に多いですので、自分に合った取引所を選ぶようにしましょう。

今回は取引所を3つ紹介しましたが、それぞれ異なる特徴がありますので、自分が使いやすいと思った取引所を選ぶといいでしょう。

また、取引所は1つに絞ってしまうと万が一流出した場合、資産が全て無くなってしまいますので、いくつかの取引所を併用していくのがおすすめです。