やさしい仮想通貨の始め方を解説

ネム(NEM/XEM)は今後どうなる?特徴や将来性をやさしく解説

NEM XEM ネムの今後

2018年の1月にコインチェック事件で仮想通貨ネムが流出し、ネムは終わったと一部で言われていました。

「今後ネムは廃れていってしまうのではないか。」という不安がネムのユーザーの間では不安視されています。

そこで今回は仮想通貨ネムが今後どうなるのか考察してみました。

ネムの今後が気になる方は最後まで読めばきっと安心して購入することができるでしょう!

名称/通貨単位NEM(ネム)/XEM
公開2015年3月
開発者/開発組織Utopianfuture
コンセンサスアルゴリズムProof of Importance
承認目安時間約1分
上限発行枚数約90億(発行済)

仮想通貨ネムはどんな仮想通貨?

仮想通貨決済NEM

ネムは仮想通貨自体の名称ではありません。

ブロックチェーンを用いて新しいプラットフォームを創るプロジェクトのことをいいます。

ハンドルネーム「utopianfuture」という人がbitocointalkのフォーラムでネムを発案しました。

NEMの由来について

NEM仮想通貨イーサリアム

NEMは「New Economy Movement(新しい経済圏)」の略です。

NEMはプロジェクトによって金銭の自由、平等、分散化を目指しており、それをイメージしたロゴになっています。

通貨単位はXEM

NEM仮想通貨技術

NEMはプラットフォームの名前だと言いましたが、そのプラットフォームで流通する通貨のことをXEM(ゼム)といいます。

2018年1月のコインチェック事件が報道されたときに「NEMが流出した」と報道されたため、NEMのほうが知名度が高いです。

ビットコインを始めとする仮想通貨はマイニングで新しく発行されていますが、NEMは最初からすべて発行しています。

そのため、ネムはマイニングの必要がない代わりにハーベストという方法でブロックチェーンの作業に参加することができ、報酬を獲得することができます。

仮想通貨ネムの5つの特徴は?

ネムは独自開発のブロックチェーンの技術を用いています。

仮想通貨ネムの特徴
  1. 承認スピードが速い
  2. ハーベストによってブロックが生成される
  3. 安全性と安定性に優れている
  4. シンプルかつ高い拡張性
  5. 強いコミュニティ性

①承認スピードが速い

NEM仮想通貨提携

ネムはブロックチェーンの生成に1分程度しかかかりません

ブロックの生成とは仮想通貨の取引にかかる時間のことで、取引の承認をして新しくブロックが生成されるのが1分ということです。

ビットコインは約10分で生成されるため、ネムで取引を行うことで所要時間を10分の1も短縮することができるのです。

ちなみに主要仮想通貨のブロック生成時間は以下の通りになりますのでその違いを確認してみてください。

仮想通貨ブロック生成時間
NEM(ネム)1分
Bitcoin(ビットコイン)10分
Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)10分
Ethereum(イーサリアム)15~17秒
Litecoin(ライトコイン)2.5分
Dash(ダッシュ)2.5分
Monero(モネロ)2分
Zcash(ジーキャッシュ)10分

②ハーベストによってブロックが生成される

ブロックチェーンの生成をするマイニングという作業を知っている方も多いでしょう。

マイニングは演算を行って取引の承認を行いブロックを生成する仕組みになっており、参加ユーザーは成功させると対価として仮想通貨を得ることができます。

ネムもハーベストと呼ばれる承認作業を行っています。

マイニングの場合は専門知識はもちろんのこと設備投資や膨大な電力が必要です。

それに比べ、ハーベストの場合は高度な設備投資は必要ではなく、自宅のパソコンでも参加することができます。

そのため、マイニングはできないけどハーベストはしているというユーザーも多いのです。

③安全性と安定性に優れている

仮想通貨NEMチャート

ネムのコードは独自に作られており、他の仮想通貨から派生して作られたわけではありません。

例えば、ビットコインキャッシュはビットコインからハードフォークしていますので、ビットコインの影響を受けやすいです。

ネムの場合、この例のように影響を受けにくいと言えます。

また、独自の承認方式が公平性が高いため、より分散的に運営をすることができるのです。

さらに今後処理能力や安定性を高めるためにアップデートを行う予定となっていますので、今後さらに成長することが期待できます。

④シンプルかつ高い拡張性

NEM仮想通貨保管

NEMのプラットフォーム上でXEMをベースに独自トークンを作ったり、アプリケーションを統合することができます。

専門的な技術や複雑なコードが無くても実施することができるため、参加のハードルが低めです。

NEMのようなプラットフォーム型のプロジェクトと言えば、Ethereumなどもありますが、このようなプラットフォーム型のプロジェクトはそこから派生したプロダクトの開発が活発に行われることで、その価値が高まります。

NEMは拡張性が高いため、今後プラットフォームが普及すればさらに価値は上がっていくでしょう。

⑤強いコミュニティ性

ネムは仮想通貨の中でも特にコミュニティが強いコインだと知られています。

ネムの公式ロゴは「CC0」という企画に基づき公開されていますので、無許可で商用目的の使用や改変を行うことができます。

そのため、ネムのロゴを使用したりイメージしたオリジナルアイテムを自作して販売するクリエイターも多く、イベントも企画・開催されています。

さらに決済のときに使用できる店舗も多いのと、ネムのコンセプトが日本の国民性と相性がいいこともあり、日本では認知度がかなり高いと言えます。

仮想通貨と聞くとあまり良いイメージが沸かないという人もいると思いますが、コミュニティやイベントがあるのは、仮想通貨のイメージを良くするでしょう。

仮想通貨ネムの将来性は?

ステラ買い方アルトコイン

コインチェック事件をきっかけに価格が下落気味となっています。

そのため、今後の将来性が気になる人がほとんどでしょう。

ここでは仮想通貨ネムの将来性についてご紹介します。

ネムの将来性
  1. テックビューロ社がネムの技術を使用
  2. カタパルト次第で暴騰
  3. PoIについて

①テックビューロ社がネムの技術を使用

仮想通貨取引所のZaifやCOMSAなどを運営しているテックビューロ社は、誰にでもブロックチェーンが使えるようになるソフトウェア『mijin』に、ネムの技術を採用しています。

このソフトウェアは既に400社以上に提供されており、さらに今後導入する企業が増えるとされています。

②カタパルト次第で暴騰

ネムは2018年内に実施されるカタパルト(アップデート)で大幅な改良が行われるとされています。

ネムがカタパルトすることで、決済の処理スピードが各段アップし、1秒間に4,000件も取引ができるようになると言われています。

なお、決済速度の比較は以下のようになります。

XEM1秒間に4,000件
BTC1秒間に14件
ETH1秒間15件
XRP1秒間に3,000件
VISA1秒間に4,000件

上の比較表を見てもらうとわかる通り、あのクレジット会社のVISAと同じ速度で処理することができます。

VISAの処理速度が世界最速と言われていますから、それと同じ処理速度のネムは世界最速レベルだと言えるのです。

③PoIについて

仮想通貨取引所迷う

ネムが採用しているアルゴリズムはPoI(プルーフ・オブ・インポータンス)というものです。

PoIはネムを使用した取引を多く行った人が得するシステムとなっています。

つまりネムの流通を行うことを前提に作られたシステムで、富が一極に集中しないようにしているのです。

仮想通貨ネムを購入することがでいるおすすめの取引所は?

仮想通貨FX(ビットコインFX)海外取引所

ネムは国内外合わせて約30の取引所で売買を行うことができます。

その中でもおすすめの取引所をご紹介します。

DMMビットコイン


出典: https://bitcoin.dmm.com

DMMビットコインの評価
取扱い通貨
(4.5)
使いやすさ
(4.5)
手数料
(4.0)
安心度
(4.0)
取扱い銘柄
  • ビットコイン(BTC)
  • ライトコイン(LTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • NEM(XEM)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

DMMビットコインはスマホアプリの使いやすさでも評判がよく、どこでもネムを購入したい人には特におすすめです。

また、FX取引に力を入れており、ビットコインだけでなく、ネムのレバレッジ取引ができるのも魅力です。

大手IT企業のDMMグループが運営しているため、高い信頼性と開発力があります。

仮想通貨初心者の方にもおすすめの取引所です。

Zaif(ザイフ)


出典: https://zaif.jp

Zaifの評価
取扱い通貨
(4.5)
使いやすさ
(3.5)
手数料
(4.0)
安心度
(3.0)

https://zaif.jp/?ac=hjh8dspk97

取扱い銘柄
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • NEM(XEM)
  • モナコイン(MONA)

Zaifは先述したようにNEMを猛プッシュしているテックビューロ社が運営している取引所です。

取引所としても人気があり、日本で唯一仮想通貨の積立投資を行うことができる取引所です。

毎月決まった額を積み立てることができるため、最初に設定をすれば後はほったらかしにしても大丈夫です。

そのため、トレードが苦手な方や、忙しくてなかなか取引ができない人におすすめです。

また、Zaifは独自トークンを数多く取り扱いしているため、もし気になるトークンがあればネムと一緒に購入してみるのもいいでしょう。

Binance(バイナンス)


出典: https://www.binance.com

DMMビットコインの評価
取扱い通貨
(5.0)
使いやすさ
(4.0)
手数料
(5.0)
安心度
(4.0)
取扱い銘柄
  • ビットコイン(BTC)
  • ライトコイン(LTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • NEM(XEM)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

Binanceは中国の仮想通貨取引所で世界最大級の規模を誇っています。

ネム以外にも数多くの仮想通貨を取り扱っており、150種類近くに及んでいます。

取引量も出来高量も最大規模で、流動性も高いため、スピーディーに取引を行うことができます。

ここではネムの板取引を行うことができるため、お得に購入することができます。

仮想通貨ネムまとめ

仮想通貨FX(ビットコインFX)選び方

今回は仮想通貨ネムについてご紹介していきました。

仮想通貨ネムは処理スピードが優れており、今後カタパルトも予定されているため、もしVISAと同じくらいの処理スピードになれば、今後決済の方法として普及する可能性は十分にあると言えます。

また、テックビューロ社など注目している企業も多いため、ネムのプラットフォームが使われれば使われるほど、どんどんと成長していくでしょう。

コインチェック事件により若干向かい風が吹いているネムですが、2018年間でみると価格は上昇していくでしょう。