やさしい仮想通貨の始め方を解説

猫の救済活動を行うNEM(ネム)猫プロジェクトとは?

NEM猫プロジェクト

NEM(ネム)猫プロジェクトとは、猫好きのメンバーが結集し、日本で殺処分されている猫を、NEM(ネム)保有者が、小さな額でいいので、持っているNEM(ネム)を使って猫を救済して新たな経済圏を創出しよう!というプロジェクトです。

MEMO
日本では、毎日約130匹、年間4.6万匹の猫が、行政によって殺処分されているという現状があり、社会問題となっています。

仮想通貨(NEM)で猫を救済する為に取り組むこと

取り組むこと
  • 短期的目標
  • 仮想通貨保有者(NEM保有者)の支援の元、猫の命を救う手助け。

  • 中期的目標
  • 里親制度の事を広く知ってもらい、合意を得る。

  • 長期的目標
  • 日常的に、猫を保護、支援する為の仮想通貨(NEM)の経済圏の創出(通称ネコノミー)。

毎月の寄付とグッズ収益を継続的に実施できるように活動。

上記の画像は、NEM(ネム)猫プロジェクトのチャリティーグッズです。

保護した猫の里親探しの後方支援、譲渡会の共同開催等、活発的に活動しています。

猫を保護する為に活動する組織に、仮想通貨募金を寄付の代替として導入し、独自コインを発行して、新しい寄付システムを構築し、法人化することを目的に掲げている。

NEM(ネム)猫プロジェクト活動の中で、猫の殺処分、猫ブームで衝動を駆り立てられた人々が安易にペットを飼い、維持できなくなり、遺棄してしまうという社会問題についての情報と、猫をペットショップで購入するのではなく、里親になることの意味、楽しさといった情報を発信するとしています。

また既に仮想通貨決済を導入している事業者との連携を考え、現金を用いなくてもプロジェクトを支援できる

NEM(ネム)猫プロジェクトで、やらないこと

やらないことと理由
  • 猫の引き取り、飼育はしない。

    理由:保護している猫を既に抱えている団体の支援の方が、より効果的だから。

  • 現金での募金、管理はしない。

    理由:透明性に欠けていて、管理が煩雑になるから。

注意
今後の動向で変更になることもあります。

NEM(ネム)猫プロジェクトのイベント

2018年1月15日~2018年2月3日迄、NEM猫プロジェクトの公式ロゴコンテストが開催していました。

優勝作品がこちら

最終選考作品2つがこちら

優勝作品に選ばれた人には100XEM、最終選考作品に選ばれた人には50XEMの賞金が送られました。NEM(ネム)猫プロジェクトの活動内容


NEM猫プロジェクト公式Twitterから引用

株式会社アンビシャスが運営する猫カフェれおん&にゃんくるグループでは、NEM(ネム)決済が導入され、実際にNEM(ネム)決済が行われました。

まさに、これは猫と仮想通貨NEM(ネム)の経済圏の創出の第一歩です!

猫カフェ「れおん」
店舗情報:神奈川県横浜市

猫カフェ「にゃんくる」
店舗情報:神奈川県川崎市、鎌倉市、東京都桜木町、蒲田
公式HP

NEM猫プロジェクトに寄付する方法

既にNEM(ネム)を保有している方は、 参考 NEM猫プロジェクト運営用ウォレットXEMBook を用意して、寄付先の保護猫活動用、プロジェクト運営用かを選択して寄付できます。

NEM(ネム)保有者でない方は、NEM(ネム)を取り扱っている仮想通貨取引所でNEM(ネム)を購入して、寄付しましょう!
NEM(ネム)を取り扱っている国内取引所:Zaif(ザイフ)DMM Bitcoin

気軽に寄付したい方は、下記のQRコードから寄付できます。


出典:https://www.furusato-tax.jp/

【NEM寄付先】
●保護猫活動用(毎月の寄付にまわります)
ウォレットID: NDNENL-GGAXJB-OGJUGS-BTAS6G-N2ODYO-MDYTKY-KMJH

●プロジェクト運営用(継続活動のための寄付になります)
ウォレットID: NDUHIN-WURU3X-GUAJIJ-YUQG6I-62P7DV-HOMETY-CLDD
NEM猫プロジェクト公式HPから引用

NEM猫プロジェクトの公式Twitterをフォロー、いいね、リツイートするだけでも、プロジェクトの支援になりますので、興味のある方はNEM猫プロジェクトの公式Twitterフォローして情報を受け取りましょう!