やさしい仮想通貨の始め方を解説

モナコインの買い方・購入方法を解説!簡単な購入手順とオススメの取引所ランキング

2013年に発行された、日本産の仮想通貨「モナコイン」。

その注目度は年々上がっています。

この記事では、オススメの取引所や、購入の手順を分かりやすく解説!

モナコインを購入してみたい
どこで買うのがお得なんだろう
モナコインの将来性は?

と思っている方。

この記事を読めば、モナコインの将来性や、実際に利用できるサービスについても詳しく知ることができます!

モナコインの買い方とは?

モナコインを手に入れるには、次のステップを踏む必要があります。

モナコイン購入の流れ
  1. 口座開設
  2. 本人確認
  3. 入金
  4. 購入・支払い

この手順は基本的にどこの取引所でも同じです。

しかし、選ぶ取引所によって、効率的に積立が出来る手数料が安いなどのメリットが変わってきます!

モナコインを買うなら取引所?販売所?

まずはモナコインを購入する方法からご紹介していきます。

モナコインを購入する方法は、取引所販売所があります。

手数料の安い取引所がおすすめ!

取引所はユーザー間の取引なので、手数料が安く済みます。

販売所と取引所では、手数料が100倍近く違う場合もあるのです。

何度も売買を繰り返すようになると手数料がばかにならなくなるので、

手数料の安い取引所を使うことをお勧めします。

簡単に早く手に入れるなら販売所

販売所は運営会社とユーザーの取引なので、簡単な操作で好きな数量売買できるのがメリット。

その一方で、やはり手数料が高いというデメリットがあります。

わかりやすく簡単に売買できるので、初心者には安心です。

 

モナコインの購入場所は?オススメの取引所紹介!

ゼロはじ編集部の視点で、モナコイン購入におすすめな取引所をランキング形式でご紹介します!

1位 FISCO

モナコインfisco

今後の期待も込めて、FISCO(フィスコ)仮想通貨取引所をまず最初におすすめします。

FISCO(フィスコ)は最近話題を呼んでいる仮想通貨取引所です。

以下のような特徴があります。

ポイント
  • 価格変動時などの通知機能が便利
  • チャートが見やすい
  • 取引所と販売所を両方使える!
  • 他では買えないトークンがある
  • 運営会社の信頼性が高く資金力十分!

基本的な取引所としての性能はもちろんですが、特筆したいのはトークンの種類と信頼性

FISCOでは以下のような仮想通貨を取り扱っており、モナコインだけでなくFISCOでしか購入できないトークンもあることで人気です。

  • ビットコイン(BTC)
  • モナコイン(MONA)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • フィスココイン(FSCC)
  • ネクスコイン(NCXC)
  • カイカコイン(CICC)

 

運営元の株式会社フィスコは、1995年から株や投資情報を提供している会社。

東京証券取引所のジャスダックに上場している優良企業なんです!

FISCOの信頼性がさらに注目されるきっかけになったのが、2018年9月に起きたZaifのハッキング事件です。

Zaifユーザーの損失を補填するため、50億円もの金融支援を行なうなど、資金力と判断力で評判が上がりました。

現在FISCOはZaifを買収する路線で話が進んでおり、この2社がタッグを組めば日本最大級の口座開設数をもつことになります。

安心して取引できるだけでなく、流動性が高まりモナコインをスムーズに売買できるようになるでしょう。

取引所形式だけでなく販売所形式でも仮想通貨を購入できるので、初心者から上級者までおすすめできる、今後に期待の取引所です。

→ Fiscoの公式サイトはこちら

Fisco(フィスコ)の登録はこちら

MEMO

FISCO(フィスコ)仮想通貨取引所についての詳細はこちらの記事で解説しています。

fisco-thumbnailFISCO(フィスコ)仮想通貨取引所の登録や入出金方法,使い方を徹底解説!|安心の国内取引所の実力とは

2位 bitbank


次にオススメしたいのが、bitbankです!

ビットバンク(bitbank)の一番の特徴は、取引手数料が無料なこと。

取扱い銘柄も人気なものが多く、メインの取引所として使うのにおすすめです。

また、ブラウザ版のチャートが高性能なところも特徴。テクニカル分析がしやすいので、慣れてきてからの使い勝手も申し分ありません。

bitbank公式サイトはこちら

bitbank(ビットバンク)の登録はこちら

ポイント
  • 手数料が無料
  • 人気の仮想通貨の取扱いが多い
  • 高性能なチャート

3位 Zaif

『Zaif』はなんと、取引手数料がマイナスに設定されています。

つまり取引することでお金をもらえてしまう、なんとも太っ腹な仕様。

また、積立投資などのユニークなサービスが特徴です。

初心者にもやさしい、モナコインを簡単に運用する方法を後述します!

ポイント
  • 取引手数料がマイナス
  • 積立投資で運用が簡単

Zaif公式サイトはこちら

Zaif公式サイト

Zaifの新規口座受付停止について
2018年9月29日(土)更新 現在Zaifは、不正アクセス被害により新規口座開設を中止しています。 受付が再開するまでは他の取引所での口座開設をおすすめします。

4位 bitFlyer

初心者に安心なのが「世界一のセキュリティ」をもつbitFlyerです。

Sqreenというフランスのセキュリティソリューションを扱う会社が、世界にある140の仮想通貨取引所のセキュリティを調査した結果、世界最高水準と認められました。

株主には大手企業が名を連ねており、利用者に対する保証が充実しています。

ポイント
  • 世界最高水準のセキュリティ
  • 初心者も操作しやすい

bitFlyer公式サイトはこちら

bitFlyer公式サイト

bitFlyer業務改善命令について
2018年6月22日(金)更新 現在bitFlyerは、金融庁からの業務改善命令により新規登録を受け付けていません。 新規登録が再開するまでは他の取引所での口座開設をおすすめします。

【実演】bitbankでのモナコイン購入方法

ここでは、bitibankへの登録・入金・購入までの流れを詳しく解説していきます。

①bitbankに登録する

ビットバンクで取引を行うために、アカウントを登録しましょう。

登録手続きは10分程度で終わりますので、本人確認ができる書類を用意しましょう。

ビットバンクの登録の流れは以下になります。

bitbank登録の手順
  1. メールアドレスを登録する
  2. パスワードを入力しチェック項目をチェックする
  3. 基本情報を登録する
  4. 本人確認書類を提出する
  5. SMS認証・二段階認証を行う
  6. アカウント承認を待つ
  • STEP.1
    メールアドレスを登録する

     

    メールアドレスを入力して「新規登録」を押します。

     

     

    登録したメールアドレスに下のようなメールが届いたら、URLを開きます。

    届かない場合は先ほどのページの再送信ボタンを押すか、迷惑メールボックスに入っていないか確認しましょう。

     

  • STEP.2
    パスワードを入力し利用規約等の項目をチェックする

     

     

    お好みのパスワードを入力し、利用規約等の項目にチェックして登録ボタンを押します。

    パスワードは特定されにくいものにしましょう。

     

  • STEP.3
    基本情報を登録する

     

    「基本情報」である名前・生年月日・住所を記入し、「次へ進む」を押します。

     

     

     

    次に、取引の目的や職業などをチェックし、「確認」を押します。

     

     

     

    その後、内容があっているか確認のページにいきますので、あっていれば「登録」、間違っていればキャンセルボタンを押しましょう。(画像の内容は消しています)

     

  • STEP.4
    本人確認書類を提出する

     

    次に本人確認書類をアップロードします。

     

     

    運転免許証・パスポート・住民基本台帳カード・在留カードの中からお好みのものを選んでアップロードを行います。

     

     

    「アップロード」を押して、「本人確認書類のアップロードが完了しました」と表示が出れば完了です。

     

  • STEP.5
    SMS認証・二段階認証を行う

     

     

    次にセキュリティレベルを上げるために二段階認証とSMS認証の設定を行います。

     

     

    二段階認証は認証アプリからQRコードを読み取って、表示されたコードを記入します。

     

     

    SMS認証は携帯番号を入力して送信すると、携帯にSMSが届きます。

    そこに記載された認証コードを入力して送信すれば完了です。

     

  • STEP.5
    アカウント承認を待つ

     

    アカウントの登録をして、実際に取引が行えるようになるまでに約1週間かかります。

    本人確認書類の確認が行われると、ビットバンクから承認されたという通知メールが届きます。

    その後、変送不要の書留郵便を受け取ればアカウントの利用が可能になります。

    この過程はどこの取引所でも同じなので、承認されるまで待ちましょう。

bitbank公式サイトはこちら

bitbank(ビットバンク)の登録はこちら

*bitbankのトレード画面の見方*

bitbankには販売所がなく、すべてトレードでのやり取りになるので、下のようなトレード画面から注文することになります。

はじめはとっつきづらいかもしれませんが、一度慣れてしまえば問題ないです。

左側が『チャート』で、真ん中の赤枠内が『注文板』、一番右が『注文フォーム』です。

チャート

価格の推移を表したもの。

テクニカル分析を行う場合には必須ですが、最初は「今いくらくらいだろう」と確認する程度で大丈夫です。

注文板

他のユーザーの取引の値が表示される。

買いたい人はいくらでコインを買いたいか、売りたい人はいくらでコインを売りたいのか。

上半分が「売り板(売り注文)」下半分が「買い板(買い注文)」になります。

注文画面

買い注文や売り注文を行うところ。

希望の価格や数量を入力して注文をすることで、注文板に自分の注文が表示されます。

②日本円を入金する

bitbankへの登録が済んだら、次は入金です。

仮想通貨を買うためには原資が必要なので、ビットバンク class=”keiko_green”>bitbankの口座に入金をします。

今回は、日本円の入金方法を説明していきます。

トレード画面の右上にある人のマークにマウスを合わせ、項目の中の「入出金」をクリックします。

次の画面に進んだら、日本円の「入出金」をクリックします

振込用口座の情報が表示されるので、指定の口座に日本円を振り込みましょう。

「振込依頼人名義」には、指定されているIDを忘れずに先頭につけてください!

これが抜けると、入金反映までに時間がかかってしまいます。

bitbank公式サイトはこちら

bitbank(ビットバンク)の登録はこちら

③『成行注文』か『指値注文』でモナコインを購入する

入金ができたら、いよいよ購入です!

bitbankでの注文方法は、成行注文指値注文の2種類から選べます。

特徴はざっくりいうとこんな感じ。

MEMO
* 成行注文:現在の価格で売買する注文

* 指値注文:希望の価格になったら売買する予約注文

成行注文のやり方

成行注文は現在の価格で買う方法です。

トレード画面の右側に表示されている「注文フォーム」で成行」を選択し、さらに「買い」を選択後、買いたい数量を入力します。

数量を入力すると、その下に購入予想価格が表示されるので、問題なければ「注文」をクリックしましょう。

 

すると、注文した数量分、注文板に書かれている取引価格の真ん中の値からすぐに購入されていきます。売り注文を出すときも同じ手順です。これが成行注文の流れです。

ここで気をつけたいのが、上の画像のように希望の数量に達するまで購入されてしまうこと。

通貨をすぐに購入したい場合には適していますが、あまり大量に成行注文してしまうと、気づいたら高い額で買っていて大損なんてことも。成り行き注文での大量買いや大量売りはしない方がいいでしょう。

指値注文のやり方

指値注文は希望する価格で注文を出し、その値で売買するユーザーが表れたら取引成立となる方法です。

「注文フォーム」から「指値」を選択し、さらに「買い」を選択後、希望の価格と買いたい数量の2点を入力します。

購入予想価格が表示されるので、問題なければ「注文」をクリックしましょう。

指値注文では、希望の価格になったら自動的に取引成立しますので、パソコンに張り付いている必要がありません。

ただし、あまりにも希望価格が安すぎる(買い注文)、高すぎる(売り注文)といつまでも通らない可能性がありますので、チャートを見比べつつ値段設定をするのがポイント。ちなみに指値注文はキャンセルできるので、取引が難しいと感じたら価格を設定しなおしましょう。
また、ビットバンクはスマホでも取引が可能なので、いつでもチェックできて便利です。

Zaifでのモナコイン購入方法

zaifへの登録方法の詳細はこちらの記事から!

zaif-thumbnailザイフ(Zaif)での買い方がわかる!仮想通貨の購入方法をゼロから紹介!

お得に買うなら『取引』で

Zaifでは簡単売買取引の2通りの購入方法が選べます。

ただ簡単売買はZaifが決めた金額で売買を行うので、売値と買値に差額(スプレッド)が出てしまいます。

そのため、ユーザー間で行う取引の方がお得に買えます

取引の仕組みは上述のbitbankと同じで、指値取引と成行取引の2種類です。注文方法もほとんど同じなので、画像を参考にしてください。

 

 

 

『積立』なら、放っておいても運用できる!

『Zaifコイン積立』 なら、モナコインを自動で積み立てられます。

月1,000円から積立可能で、自分の銀行口座を登録しておけば何もしなくても購入できるため、非常にラクなのが魅力的!

忙しい人にもありがたいサービスです。

f:id:bbc-21:20170513112347p:plain

モナコインは人気なこともあり価格上昇が続いているので、積立との相性はとてもいいです

積立については、こちらの記事で詳しく解説しています。

【17万→1000万】ビットコイン暴落時でも有効!仮想通貨はドルコスト平均法で自動積立投資がおすすめ

bitFlyerは販売所でのみ購入可能

bitFlyerへの登録方法の詳細はこちらの記事から!

flyer-thumbnailビットフライヤー(bitFlyer)での買い方がわかる!bitFlyerでの購入方法と手順とは

bitFlyerはビットコイン取引数日本一を誇り、セキュリティ面でも最も信頼できる人気の仮想通貨取引所です。

そのため、初めて登録するのには安心で、操作も簡単です!

ただし、こちらはユーザー間での取引を行うことができないのがデメリット。販売所から購入するので、スプレッド差が気になるところです。まずは取引なしで仮想通貨を始めてみたい方におすすめです。

bitFlyer業務改善命令について
2018年6月22日(金)更新 現在bitFlyerは、金融庁からの業務改善命令により新規登録を受け付けていません。 新規登録が再開するまでは他の取引所での口座開設をおすすめします。

モナコインの将来性

購入するにあたって、気になるのがその将来性ですよね。

モナコインは10月中旬に15倍ほど急騰する出来事がありました。

これは国内大手取引所であるbitFlyerへの上場によるものだと考えられています。

それまではZaifとbitbankでしか取引できませんでしたが、国内で最も資金力が豊富な取引所に上場という大きなインパクトがありました。

モナコイン 将来性

 

数日かけて上昇しましたが、初日から海外取引所BITTREXのトップに掲載されたことも大きいと思います(BITTREXでは値上がり、出来高急上昇の銘柄がスライダーで表示されます)

これで海外投資家の資金も流れてきたことにより急騰した背景があります。

とはいえ海外の認知度はまだまだ

これはモナコインの取引比率を表したグラフです(2018年1月時点)

モナコイン モナーコイン

bitbankとZaifでの日本円売買が圧倒的ですね。

海外からの取引(Bittrex)は20%ほどしかなく、まだまだ海外での認知度は低いと考えられます。

しかし、モナコインは日本円での取引が多い(BTC建て取引が少ない)ため、ビットコインの値動きに連動しにくいところが強みです。

ビットコイン建てでしか取引できないアルトコインは、ビットコインの値動きにかなり左右される一方で、モナコインは日本円での取引が多いので違う値動きをする傾向にあります。そのため、リスク分散としても優れていると考えられます

モナコインの掲示板AskMonaでは、モナコインをBINANCE(バイナンス)に上場させようという動きが起こっています。

BINANCE(バイナンス)は最近かなり勢いをつけている海外取引所で、日本への進出も予定されています。

また、bitFlyerが米国へ進出するので、取り扱いのあるコイン、つまりモナコインのUSDペアができるかもしれません。

時価総額はまだ70位。これらのことを考えると、まだまだ伸びていくことが期待されます!

 

モナコインが使える場所

いろんなところで使えるのがモナの魅力

現在1000種類近いアルトコインがありますが、開発途中で実際に使うことができないものがほとんどなんです。

そんな中モナコインは非常に”使える”通貨で、『モナ払い』ができるお店がたくさんあります。

バーやパソコンショップ、美容クリニック、メイド喫茶などなど、『モナ払い』ができるお店がたくさんあります。今後も増え続けることは間違いないでしょう。

日本国内では、ビットコインに次いで2番目に使えるところが多い仮想通貨と言えるでしょう。

さらにmonappyというモナコインで買い物できるオンラインショップもあり、様々なものが売買されています。例えば、コーヒーやお米、芋、缶詰などの食品も買うことができます。

フリーマーケットのように、自分が出品することもできますよ。

また、Twitter上では『tipmona(チップモナ)』という投げ銭サービスが人気です。

Twitterアカウントさえあれば誰でも使えて、「@tipmona tip (ユーザー名) (数量)」とツイートするだけで気軽にモナコインを送れます。

モナコイン tipmona

何かを教えてもらったときや、絵を描いてもらったときなど、様々なシーンで気軽にチップを送ることができます。

1.14514(いいよこいよ)や、0.39(サンキュー)など、語呂合わせで投げるのが文化ができています。

モナコインはみんなに愛される仮想通貨

モナコインはコミュニティが非常に強いことも特徴で、普及活動も盛んです。

2017年10月25日〜31日には、秋葉原 UDXと秋葉原ラジオ会館の大型ディスプレイで、モナコインのプロモーション動画が放映されるイベントがありました。

これは田中さんという方が”自腹で”100万円を出資して企画したもので、その考えに賛同した多くのモナコイナーたちによって実現したものです。

このように「モナコインが好きだからもっとモナコインを広めよう」と活動する人がとても多いのが、人気の一因となっているんです。

モナコインの買い方・まとめ

 

今回はモナコインを買いたい人に向けて、取引所での購入方法をみていきました。

いきなり「取引」というのは、一見すると難しく感じるかもしれませんが、やってみると案外簡単です!

モナコインは実際に使える場所も豊富で、コミュニティの交流も楽しめます。時価総額がまた上昇すると期待されているコインでもあるので、トレードを始めたいと思っている人はぜひ、今のうちにやってみることをオススメします。

買い方を覚えてモナコインを楽しみましょう。

→ モナコインの購入はこちら

モナコインを買ってみる