ビットコインの簡単な始め方

注目度急上昇!モナーコインの特徴と買い方、今後の将来性|一番使える仮想通貨!秋葉原でイベントあり!

モナコイン

モナコイン(モナーコイン)の特徴

最近注目度が上がっている、日本発の仮想通貨『モナコイン』

有名なアスキーアート、『モナー』をモチーフにしています。

モナコイン

可愛らしいアイコンで、私も始めは「ネタコインかな?」と思っていましたが、そうではありません。

ライトコインをベースに開発され、世界ではじめてSegWit(送金が早くなるアップデート)を実装したコインでもあります。

ビットコインに比べて取引時間がかなり短く、手数料も安いのが特徴です。

 

現在1000種類近いアルトコインがありますが、そのほとんどは開発途中で実際に使うことができないものばかりです。

そんな中モナコインは非常に”使える”通貨で、『モナ払い』ができるお店がたくさんあります。

 

また、Twitter上では『tipmona(チップモナ)』という投げ銭サービスが人気です。

Twitterアカウントさえあれば誰でも使えて、「@tipmona tip (ユーザー名) (数量)」とツイートするだけで気軽にモナコインを送れます。

モナコイン tipmona

何かを教えてもらったときや、絵を描いてもらったときなど、様々なシーンで気軽にチップを送ることができます。

他にもチップが送れる掲示板のAsk Monaや、モナコインで買い物できるオンラインショップmonappyなど、幅広く利用されています。

モナコインのチャートと将来性

モナコイン チャート

モナコインのチャートはこちら。2017年の10月に一気に約15倍にまで上昇することが起こりました。

割安で放置されていたことや、認知度が高まったことが理由だと考えられます。

 

さすがに急騰しすぎたため一旦価格は落ち着きましたが、依然として7倍くらいの価格で推移していて、底堅い印象を受けます。

この急騰後でも、時価総額は30位前後。のびしろ十分だと思います。

 

最近認知度が高まってきたとはいえ、身の回りのでモナコインのことを知っている人は少ないのではないでしょうか?

他国の取引所でも扱われ始めていますし、まだまだこれからだと思います。

 

また、モナコインは日本円での取引が多いため、ビットコインの値動きに連動しにくいところも特徴です。

ビットコイン建てでしか取引できないアルトコインは、ビットコインの値動きにかなり左右されます。

しかし、モナコインの値動きはそれらとは違う傾向にあるため、リスク分散としても優れているかと思います。

個人的にもかなり期待しています!

私のアルトコインのポートフォリオです。

モナコイン期待度合いがおわかりいただけるかと(笑)

やはり『国産』というのもポイントですね。日本語情報も多く、ファンも多いので、みんなで盛り上がっている感じがとても楽しいです。
モナコイン

モナコインの買い方

モナコインは以下の取引所で買うことができます。

 

 

bitFlyerのような販売所で買うと手数料が高いので、板取引のできる取引所で買うのが望ましいです。

モナコイン 取引所

モナコインが買える3つの取引所の中で、手数料が安いのはZaif(ザイフ)bitbank(ビットバンク)です。

長期的にモナコインに期待するのであれば、ドルコスト平均法でリスクを抑えて毎月コツコツ積み立てることもできるZaifが1番おすすめ。

Zaifでは、モナコイン以外にもビットコイン、イーサリアム、ネムを積み立てることができます。

 

モナコインを買ってみる

Zaifの登録方法解説記事はこちら

秋葉原でイベントあり!

モナコインはコミュニティが非常に強く、普及活動も盛んに行われています。

2017年10月25日〜31日には、秋葉原 UDXと秋葉原ラジオ会館の大型ディスプレイで、モナコインのプロモーション動画が放映されるイベントがありました。

https://monapo.com/lp/akiba2017/

非常に大きなイベントで、多くの人が足を運んだようです。

これをきっかけに興味を持つ人も増えたことでしょう。

これから国内だけでなく海外でも認知が進み、使える店舗も増えてくれば、さらに盛り上がってくるのではないでしょうか。