やさしい仮想通貨の始め方を解説

ライトコイン(LTC)の手数料が最も安い国内取引所は?

 

ライトコインはビットコインの問題点を改善した、高い性能を持つ仮想通貨です。

ビットコインが金、ライトコインが銀と例えられることもあります。

ライトコインを購入したいと思っても、取引所ごとに手数料が違い、それぞれを把握するのが大変です。

そこで、今回はライトコインの購入ができる取引所の手数料を比較しました。

最後まで読めばライトコインをお得に購入できる取引所を知ることができるでしょう。

ライトコイン(LTC)を取り扱っている国内取引所はどこ?

海外取引所開設

ライトコインを取り扱っている国内取引所は以下になります。

ライトコインを取扱い国内取引所
  • BITPoint(ビットポイント)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin(DMMビットコイン)
  • bitbank(ビットバンク)
  • bitFlyer(ビットフライヤー)※新規口座開設停止中

ライトコインは時価総額7位と取引量も決して少なくはないのですが、取り扱っていない取引所もあります。

例えば、仮想通貨流出事件が起こる前はメジャーな取引所として知られていたZaifはライトコインを取り扱っていませんでした。

しかし、ライトコインは技術面や性能面で非常に優れています。

ビットコインよりも送金スピードが速いため、決済や送金など日常的に活用されると想定されています。

実用的にどんどん普及していけば、将来性の高い仮想通貨と言えるかもしれません。

ライトコイン(LTC)の取引手数料を徹底比較

手数料は色々ありますが、最も大事なのが取引手数料です。

取引手数料を知らないと損をしてしまう可能性がありますので、取引所を選ぶときのポイントになります。

取引所名取引手数料
BITPoint(ビットポイント)無料
GMOコイン無料
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)無料
bitbank(ビットバンク)無料
bitFlyer(ビットフライヤー)無料

以上が各取引所の取引手数料になりますが、どこも無料になるのが分かると思います。

そのため、どこで取引してもお得に取引ができるように思う人も多いでしょう。

しかし、実はここには落とし穴があり、実際には高いスプレッドを支払っていることがあるのです。

ライトコインを購入するときの注意点
  • 取引所が「販売所形式」か「取引所形式」か
  • スプレッドの差に注意

スプレッドについて

スプレッドは販売価格と売却価格の差になります。

取引所の場合、買値と売値にはほとんど差がない(=スプレッドは発生しない)ことが多いのですが取引手数料がかかります。

それに対して販売所の場合は取引手数料が無料のところが多いのですが、スプレッドに差があることが多いため、結局手数料を取られている状態になり、販売所で購入したほうが高くつくことが多いです。

なお、スプレッドの差は以下のようになります。

取引所名スプレッド
bitbank(ビットバンク)ほぼなし
BITPoint(ビットポイント)124円
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)340円
GMOコイン402円
bitFlyer(ビットフライヤー)421円

ビットバンクとビットポイントは取引所形式のため、スプレッドが小さいのですが、DMMビットコインとGMOコインは販売所形式でスプレッドが大きいです。

そのため、ライトコインを購入するなら取引所形式であるビットバンクとビットポイントがいいでしょう。

ライトコイン(LTC)の送金手数料を徹底比較

ライトコインを別の取引所やウォレットに送金するときの手数料も気になります。

何度も送金する場合、手数料がもったいないと感じる人が多いでしょう。

ちなみに仮想通貨の出金は送金するときだけですので、出金手数料と送金手数料は同じものだと考えて大丈夫です。

取引所名送金手数料
BITPoint(ビットポイント)無料
GMOコイン無料
bitbank0.001LTC
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)
bitFlyer(ビットフライヤー)0.001LTC

DMMビットコインはレバレッジ取引のみになりますので送金をすることができません。

ビットポイントとGMOコインは送金手数料が無料になっていますので、何度送金しても手数料がかかりません。

送金手数料は取引所が負担してくれるので安心して送金ができます。

ちなみにビットバンクとビットフライヤーは手数料が0.001LTCかかりますが、1LTC=6,000円台でも手数料は6円程度ですので、ほとんど無料に近いです。

そのため、ライトコインは送金にお金がほとんどかかりません。

ライトコイン(LTC)をお得に買える取引所TOP3

では実際にライトコインをお得に購入できる取引所をご紹介します。

1位:BITPoint(ビットポイント)

ビットコイン 買うなら ビットポイント
出典: https://www.bitpoint.co.jp

ライトコインを購入するのに最もおすすめな取引所はビットポイントです。

ビットポイントのおすすめポイント
  • 各種手数料が無料
  • セキュリティが高い
  • スプレッドが小さい

まだあまり知られていないマイナーな取引所なのですが、手数料が無料であることと、セキュリティの高さから人気が高まってきています。

コインチェックやザイフがハッキングによって仮想通貨を流出させていますので、セキュリティに対して不安を持っていて仮想通貨に手が出せないという方も多いと思います。

しかしビットポイントは証券取引所と同じくらい安全性が高いですので安心して取引することができます。

また、通貨も多く取り扱っていますので、メインの取引所として登録しておくことをおすすめします。

ちなみに現在ビットポイントでは「ビットコインがもらえるオータムキャンペーン」を開催しています。

今なら登録と入金をするだけで3,000円相当のビットコインを受け取ることができます。

ライトコインだけでなく他の仮想通貨もビットポイントをメインに取引するのがいいでしょう。
BITPoint(ビットポイント)公式サイトはこちら

BITPOINTの登録はこちら

2位:bitbank(ビットバンク)

仮想通貨取引所 セキュリティ対策 ビットバンク
出典: https://bitbank.cc

ビットバンクは取引手数料の無料キャンペーンが好評の人気取引所です。

ビットバンクもライトコインをお得に購入することができます。

ビットバンクのおすすめポイント
  • 取引手数料が無料
  • 利用者が多い
  • スプレッドがほとんどない

ビットバンクでは取引手数料が無料のキャンペーンを行っているほか、スプレッドがほとんどないため、手数料などにお金かける必要がありません。

また、リップルの取引量で世界一になったこともあり、利用者が多いため、安心して取引ができます。

取引手数料無料はキャンペーンの一環で期間があるのですが、何度も延長されているため、今後もキャンペーンが延長させる可能性が高いでしょう。

取引手数料は取引をするたびに取られてしまいますので、このようなキャンペーンは嬉しいですね。
bitbank公式サイトはこちら

bitbankの登録はこちら

第3位:GMOコイン

ビットコイン 買うなら GMOコイン
出典: https://coin.z.com

GMOコインは国内取引所で唯一ライトコインのレバレッジ取引ができる取引所です。

GMOコインのおすすめポイント
  • 各種手数料が無料
  • アプリが使いやすい
  • ライトコインのレバレッジ取引ができる

GMOコインは販売所形式ですのでスプレッドが大きいと先述しましたが、GMOコインはではライトコインのレバレッジ取引ができます。

レバレッジ取引とは

少ない元手を証拠金として預け、元手よりも高い金額で取引を行う方法。少ない元手で普通に取引を行うより大きな利益が期待できますが、逆に大きな損益を出す場合があるため、ハイリスクハイリターンの方法になります。

アルトコインは価格変動が激しいため、レバレッジ取引で大きな利益を狙える可能性があります。

また、GMOコインのレバレッジ取引は現物取引よりもスプレッドが小さい傾向があります。

リスクはあるのですが、レバレッジ取引で一攫千金を狙いたい方におすすめです。
GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

ライトコインを取引所で購入する際の注意点

ライトコインを取引所で購入する際、いくつか注意点があります。

これは他のコインにも言えることですので、しっかりとチェックしておきましょう。

注意点
  • 取引所を1つに絞らない
  • 購入した仮想通貨はウォレットに送金すること

取引所を1つに絞らない

仮想通貨取引所を1つに絞って利用する人もいると思いますが、取引所は1つに絞って利用するのはおすすめできません。

投資の世界では当たり前のことなのですが、1つの所に絞って投資をしてしまうと、そこが大損してしまうと資産が一気に無くなってしまう可能性があります。

仮想通貨で言えば、取引所Aでのみビットコインの取引を行っていた人が流出で一気に資産がなくなってしまうなどのリスクがあります。

また、1ヶ所でしか取引をしていないと、価格が高騰して売却しようと思ったときにメンテナンスを行っていたり、送金詰まりで取引のチャンスを逃すなどの可能性もあるのです。

そのため、取引所は1ヶ所だけでなく少なくとも2~3ヶ所は開設したほうがいいでしょう。

購入した仮想通貨はウォレットに送金すること

仮想通貨取引所で仮想通貨を購入したらそのまま取引所のウォレットに保管する人も多いでしょう。

しかし取引所で保管をすると、ハッキングによる流出や、取引所の閉鎖などで引き出せなくなってしまうリスクがあるのです。

国内の取引所は国によって厳しく審査されていますので、認可されている取引所なら安全性が高いと考えられていました。

しかし、認可取引所であるZaifがハッキングにより仮想通貨流出事件を引き起こしていますので、100%安心することは出来ません。

どんなに安全性が高いと謳っていてもハッキングの危険性と隣合わせですので、購入した仮想通貨はソフトウェアウォレットやハードウェアウォレットで保管するようにしましょう。

もし頻繁に取引を行うからウォレットに送金したくない人は取引する分だけ取引所に置いておいて、残りは専用のウォレットに送金して保管するようにしましょう。

出来る限り資産は自分で守りましょう。

ライトコイン(LTC)の手数料まとめ

いかがでしたか?

今回はライトコインの取引手数料や送金手数料を徹底比較していきました。

取引手数料は無料になっていても実はスプレッドで引かれている可能性があるということをしっかりと確認しておきましょう。

ライトコインを購入する場合はスプレッドの小さい取引所形式の取引所であるBITPointかbitbankを利用するとお得に購入することができるでしょう。

今回取引所をいくつかおすすめしましたが、1つに絞るのではなくいくつか自分にとって使いやすい取引所に登録をしておきましょう。