やさしい仮想通貨の始め方を解説

ライトコイン(Litecoin/LTC)の特徴とは?今後の将来性を徹底解説

lightcoin-thumbnail

ライトコイン(Litecoin)はビットコインなどと同じ仮想通貨の銘柄で、時価総額ランキング7位の優良コインです。

しかし日本では地味なコインなのであまり注目されておらず、取引している人が少ないのはもちろん、どんなコインなのかほとんど知られていないのが現状。

そこで今回は、ライトコイン(Litecoin)の特徴や今後の将来性をわかりやすく紹介していきたいと思います。

この記事を読めば、ライトコイン(Litecoin)の知られざる将来性を理解することができ、アナタの可能性が広がりますよ!

ライトコイン(Litecoin/LTC)とは?

出典: http://www.thinkstockphotos.jp/

ライトコイン(Litecoin/LTC)は2011年から開発されていた意外と歴史のあるコイン。

基本的にはビットコインの補助的な役目を持っており、ビットコインとほとんど同じ性能を持ち合わせています。

そのため、『ビットコインが金なら、ライトコイン(Litecoin)は銀』ともいわれているんです。

しかし、実用性についてはライトコイン(Litecoin)の方が断然上なので、特にアメリカでは高い人気があります。

出典: https://coinmarketcap.com/ja/

またライトコイン(Litecoin)は、ビットコインのハードフォークで誕生した「ビットコインキャッシュ」とも似た性能を持っているため、ライバル関係として比較されることが多いです。

ライトコイン(Litecoin)の概要
通貨単位LTC
リリース2011年10月7日
発行上限枚数8400万枚
時価総額9,763.14 JPY
コンセンサスアルゴリズム
PoW (Scrypt)
ブロック生成速度約2.5分
取り扱い取引所国内:bitFlyer・bitbank.cc・GMOコインなど

海外:Binance・Bittrex・Bitfinexなど

ライトコイン(Litecoin)公式サイト

ライトコイン(Litecoin)4つの特徴

ライトコイン(Litecoin)はビットコインに比べて実用性が高いと紹介しましたが、実際にどんな部分が優れているのでしょうか。

ライトコイン(Litecoin)には大きく4つの特徴があって、これらの特徴こそがビットコインよりも優れた部分であり、ライトコイン(Litecoin)の魅力ともいえます。

特徴1:ブロック生成速度が約2.5分

出典: http://www.thinkstockphotos.jp/

まず、実用性に大きく関連してくるのがブロック生成速度の速さ

ビットコインの取引承認時間が10分なのに対して、ライトコイン(Litecoin)では約2.5分とかなりスピーディー。

そのため、即時性が求められる決済にも適したコインだといえます。

また、取引承認時間が短縮できることで、ビットコインの課題となっている「スケーラビリティ問題」も解消でき、快適な取引が可能となっているんです。

ライトコインビットコインビットコインキャッシュ
ブロック生成速度約2.5分約10分約10分
スケーラビリティ問題とは?

スケーラビリティ問題とは、仮想通貨取引においてデータ処理能力を上回るトランザクションが発生した際に、長時間にわたって送金や決済ができなくなってしまうという事象のこと。

この問題を避けるために高い送金手数料を払うという方法もありますが、いずれにせよ利用者には負担がかかるため、大きな問題として掲げられています。

特徴2:SegWit(セグウィット) が導入されている

出典: http://www.thinkstockphotos.jp/

SegWit(セグウィット) は『Segregated Witness』の略で、仮想通貨取引における署名を分離するというシステムをいいます。

基本的に、仮想通貨取引を行う場合は決済・送金した人のサイン(署名)が取引データに残るものです。

しかし、SegWit(セグウィット) の導入によってこの署名と取引データが分離されると、取引データ上のIDを書き換えるられる心配がなく、脆弱性の改善に繋がります。

また、署名が分離できれば取引データのサイズが小さくなりますから、前述したスケーラビリティ問題にも有効というわけです。

つまり、安全性と実用性の両方が備えられるんですね!

特徴3:ライトニングネットワークが活用される可能性も!

出典: http://www.thinkstockphotos.jp/

ライトニングネットワークというのは、ネットワーク上で直接繋がっていない人同士でも、安全且つスピーディーに送金ができるようになる技術のこと。

例えば、ネットワーク上で直接繋がっているAさんとBさんがいて、BさんについてはCさんともネットワーク上で繋がっているとしましょう。

この時、通常であればAさんからCさんへの送金はできませんが、ライトニングネットワークを利用すれば、Bさん経由でAさんとCさんの送金が可能となるのです。

つまり、自分と直接繋がっていない人であっても、他の人を経由して安全な送金ができるようになるんですね。

ライトコイン(Litecoin)では、今後このライトニングネットワークを活用する可能性があるといわれています。

ライトニングネットワークが活用されればライトコイン(Litecoin)のスケールは確実に拡大し、さまざまな用途でライトコイン(Litecoin)が利用されることとなるでしょう。

特徴4:コミュニティ力が高い

出典: http://www.thinkstockphotos.jp/

日本では地味なイメージがあるライトコイン(Litecoin)ですが、実は海外では人気の高い仮想通貨なんです。

世界最大手となる仮想通貨取引所coinbase(コインベース)でも、取り扱い通貨が4種類しかないにも関わらずライトコイン(Litecoin)を取り扱っています。

そのため、ライトコイン(Litecoin)のコミュニティが多く存在しているんですね。

コミュニティは仮想通貨に大きな影響を与えるツールとして侮れない存在ですから、これもある意味ライトコイン(Litecoin)の強みだといえるでしょう。

ライトコイン(Litecoin)今後の主なイベント

ここまでライトコイン(Litecoin)の特徴、魅力について紹介してきましたが、ここからは今後の将来性についてみていきましょう。

ライトコイン(Litecoin)では今後いくつかのイベントが予定されており、これらは将来性に大きく関わる内容となっています。

イベントのタイミング価格が大きく変動する可能性もありますので、せひ頭に入れておきましょう!

2月:LitePay(ライトペイ)サービスの開始

出典: https://www.litepay.us/

2018年2月、ライトコイン(Litecoin)では仮想通貨版のデビットカードとなる『LitePay(ライトペイ)』というサービスを開始しました。

通常、クレジットで決済をするとお店側には3%の手数料が発生し、お店がこの手数料を負担するのが一般的。

しかし、LitePay(ライトペイ)では手数料が1%と安く、個人情報を一切利用しないため漏洩の心配もありません。

さらに、既存システムよりも高機能となっていますから、企業側にとっては大きなメリットになるのです。

注意

LitePay(ライトペイ)は、サービス開始早々の3月にサービスの終了が報告されましたが、翌月の4月にはまたサービスを再開しています。

夏予定:LitePal(ライトパル)サービスの開始

出典: http://www.thinkstockphotos.jp/

LitePal(ライトパル)は、いわゆるPeyPal(ペイパル)の仮想通貨バーションサービス。

ライトコイン(Litecoin)での決済はもちろん、送金などもモバイル端末から簡単にできるサービスで、2018年の夏ごろにサービスが開始されるといわれています。

時期未定:ライトコイン(Litecoin)決済の導入

出典: https://www.aliantpayments.com/

クレジットカードプロバイダーとして知られる『Aliant Payment Systems』は、クライアントに提供している業務にライトコイン(Litecoin)を導入すると発表しました。

導入時期は明確になっていませんが、大手企業がライトコイン(Litecoin)を導入するとなれば、今後ライトコイン(Litecoin)決済がより身近なものになると考えられますよね!

2019年:ライトコイン(Litecoin)の半減期

出典: http://www.thinkstockphotos.jp/

半減期というのは、仮想通貨のマイニング報酬が半減してしまう時期のこと。

これは、ライトコイン(Litecoin)に限らずマイニングされるコイン全てにおいて半減期は存在します。

そして、この半減期戦後には必ずといって良いほどコインの価格が上昇するものなのです。

ライトコイン(Litecoin)の場合、次の半減期は2019年8月と予想されており、大きな価格上昇が想定されます。

ちなみに、以前は2015年に半減期を迎えており、今後も4年に1度のペースで訪れる予定ですので、ぜひ覚えておきましょう!

ライトコイン(Litecoin)の半減期
1回目2015年8月
2回目2019年8月
3回目2023年8月

ライトコイン(Litecoin)の今後に期待大!

出典: http://www.thinkstockphotos.jp/

ライトコイン(Litecoin)は非常に地味なイメージがありますが、こうして調べると非常に魅力的要素が多いコインだということがわかります。

実際、海外では非常に人気が高く、強力なコミュニティも多々存在しているもの。

そのため、長期投資リスク分散としてもかなりおすすめできる銘柄なんですね。

また、今後は決済サービスの開始や半減期も控えていますから、将来性も大いに期待ができるでしょう!

ライトコイン(Litecoin)公式サイト